iOS 11アップデート中にiPhoneがリンゴループになった場合の対処法

iOS 11最新情報をまとめ

iOS 11.4
iOS 11.3
iOS 11に関する最新情報
iOS 10.3
iPhone7について
iPhone8の最新情報
iPhone8データバックアップ&復元

iOS 12最新情報をまとめ

iOS 12
Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

今年の秋に発表されたiPhoneの最新アップデートiOS11の配信に伴い、早くもiOS11アップデートを行ったと言うユーザーも多いと思います。そんなiOS11アップデート中に、一番避けたいのがリンゴループではないでしょうか?リンゴループとは、iPhoneを起動する際にアップルマークが画面に出たまま、ホーム画面への移動や画面等の操作ができなくなる不具合の事です。

ほとんどの場合、自力でiPhoneをリンゴループから復旧するのはかなり困難です。また、リンゴループによってiPhoneのデータが全て削除されてしまったと言う例も報告されているので、迅速にリンゴループになったiPhoneを復旧したいと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、iOS11アップデート中にリンゴループになったiPhoneを復旧する方法について紹介します。

iOS11アップデート中にiPhoneがリンゴループになった場合の一般的な対処法

iOS11アップデート中にiPhoneがリンゴループになってしまった場合、強制的にiPhoneを再起動するのが一般的な対処法です。

手順は簡単で、iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に長押し(10秒くらい)して電源を切り、再度ホームボタンか電源ボタンを長押ししてiPhoneを再起動するだけです。この方法を使えば、リンゴループになったiPhoneを復旧する事ができます。しかし、iPhoneの再起動はあくまでも対処法なので、復旧できない場合もあります。

iTunesを使ってリンゴループになったiPhoneを復元する方法

  1. iTunesを起動して、PCにiPhoneを接続します。
  2. メニュー右上にある「概要」タブから「iPhoneを復元」をクリックします。
  3. そうすると「iPhoneの設定をバックアップしますか?」と画面が表示されるので「バックアップしない」をクリックします。
  4. 確認画面が表示されるので「復元」をクリックして、iPhoneの初期化を開始します。

itunes

iTunesの「iPhoneを復元」を利用すれば、簡単にリンゴループになったiPhoneを復旧する事ができますが、当然初期化してしまうとiPhoneの全てのデータが消えてしまいます。簡単かつ安全にリンゴループからiPhoneを復旧したいと言う方にオススメなのが、データ復元ソフト「dr.fone」の機能である『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』です。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 』は、リンゴループやリカバリーモードなど、通常では修復する事ができない不具合で、起動できなくなってしまったiPhoneを保存されているデータやアプリに影響を一切与えずに復旧する事ができます。また、手順も従来の復元ソフトよりも短い上に、特別な操作を行なわずに復旧する事が可能なので、初心者の方でも安心して使う事ができます。

データ消えずリンゴループになったiPhoneを復元する方法

ステップ1:「修復」をクリックします。

PCを起動して『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』を開き、メニュー画面から「修復」をクリックします。

「修復」をクリック

ステップ2:「開始」ボタンをクリックします。

「開始」ボタンをクリックして、PCにリンゴループになったiPhoneを接続します。

「開始」ボタンをクリック

ここで、もしもデバイス(今回はエラー9が出てしまったiPhone)が検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合は、
  • iPhone7/7Plusの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合は

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は、
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    ステップ3:iPhoneの機種、モデル、OSのバージョンを選択します。

    現在お使いのiPhoneの機種、モデル、OSのバージョンを選択して「ダウンロード」をクリックします。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    ファームウェアのダウンロードが開始するので、終了するまで少し待ちます。

    ダウンロードが開始

    ステップ4:「いますぐ修復」をクリックします。

    ダウンロード終了後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

    「いますぐ修復」をクリック

    続いてリンゴループになったiPhoneの修復が開始するので、完了するまで暫く待ちます。

    修復中

    紹介した方法を使えば、誰でも簡単にiOS11アップデート中にリンゴループになったiPhoneを復旧する事が可能です。

    また、リンゴループに限らず、突然の不具合に備えてiPhoneのデータをUSBメモリー等の外部メモリーに、バックアップしておくのも大切です。iOS11アップデート中にお使いのiPhoneがリンゴループになってしまったと言う方は、ぜひ『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』を使ってみてはいかがでしょうか。

    dr.fone-iPhone起動障害から修復

    iPhoneをリンゴループになった不具合から復元する方法

    • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
    • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iOS11 > iOS 11アップデート中にiPhoneがリンゴループになった場合の対処法

    All TOPICS