×

リンゴループになったiPhone8を復元する2つの方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Sep 23,2019 •カテゴリ: iPhone7/iPhone8

以前からiPhoneでよく起こる不具合として知られているのが「リンゴループ」です。リンゴループというは、iPhoneの電源を入れた時に表示されるアップル社のロゴが永遠に表示され続けてしまう現象のことを言います。では、どのようにしてiPhone 8/XR/XS/XS Maxをリンゴループから脱出させることができるのでしょうか?今回は、リンゴループになったiPhone8を復元する2つの方法を紹介したいと思います。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」でiPhone 8/XR/XS/XS Maxをリンゴループから復元させる方法

iPhone復元ソフト「dr.fone」の一部の機能である「起動障害から修復」を使ってリンゴループから復元することができます。このソフトはデータの損失なしで、リンゴループやブルースクリーン、iTunesに接続して下さいなどといったiPhone8が起動しない状況から復元をすることができます。


ステップ1:パソコンから「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を起動させます。メイン画面から「修復」をクリックします。(以下はiPhone 8を例にして復元方法を紹介させていただきます。)

「修復」をクリック

ステップ2:iPhone8をパソコンに接続します。「スタンダードモード」を選択します。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

「開始」をクリック

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。

リカバリーモードに入る

リカバリーモード

iphone8/8plus/Xのリカバリーモード

ステップ3:修復用のファームウェアをダウンロードするので、お使いのiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定して「ダウンロード」をクリックします。

iPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定

ファームウェアのダウンロードが開始します。完了するまでしばらく待ちます。

ファームウェアのダウンロードが開始

ステップ4:ダウンロード完了後、プログラムが自動的に確認されます。そして「いますぐ修復」をクリックして、修復が始まります。

「いますぐ修復」をクリック

iPhone8を通常の状態に修復します。修復は数分かかる場合があります。修復が完了するまでしばらく待ちます。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

修復中

これでiPhone8の修復は完了です。また、4.の手順で開始をクリックしてもiPhone8が検出されない場合は、ソフトの説明に従ってデバイスをリカバリーモードにして下さい。

iTunesを使ってiPhone 8/XR/XS/XS Maxをリンゴループから復元させる方法

この方法ではiTunesを使ってiPhone 8/XR/XS/XS Maxをリカバリーモードにすることで、リンゴループから復元させることができます。

  1. まずはiPhone8の電源ボタンを長押しして電源を落とします。もし電源ボタンで切れなければ、「スリープボタン」と「ボリュームボタンのマイナス」を同時に長押しで強制終了させます。この終了方法はiPhone7の世代から導入され始めたものなので、継続しての採用となることでしょう。
  2. パソコンからiTunesを起動させます。iTunesが最新のバージョンか確認して、iPhone 8/XR/XS/XS Maxをパソコンと接続します。
  3. iPhone8を接続したら、手順1と同じように「スリープボタン」と「ボリュームボタンのマイナス」を同時に長押しします。この時にアップルのロゴが表示されても、そのまま押し続けて下さい。
  4. iPhone 8/XR/XS/XS Maxの画面にiTunesのロゴとLightningケーブルのイラストが表示されたら、ボタンから手を離します。
  5. iTunesに「アップデートまたは復元を必要としているiPhone”iPhone”に問題があります。」というログが表示されるので、「アップデート」をクリックします。
    また、「復元」は行なわないように注意して下さい。「復元」をクリックするとiPhoneが初期化されてしまうので、バックアップを作成していない場合はおすすめしません。

無事にダウンロードが完了すれば、iPhone 8/XR/XS/XS Maxをリンゴループから脱出することができます。ダウンロードに15分以上かかるとリカバリーモードが終了してしまうので、その場合は4.と5.の手順を繰り返して下さい。

いかがでしょうか?

iTunesはiPhone、iPad、iPodには必ず対応しているので問題ないです。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」では、現在最新のiPhone XS/XS Maxに対応していることもあるので、iPhone XRにも追々対応すると思います。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

リンゴループになったiPhoneを復元するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 13に完全対応!
Home > How-to > iPhone7/iPhone8 > リンゴループになったiPhone8を復元する2つの方法

All TOPICS