「iOS 11不具合」iOS 11アップデート中でよく起こる不具合・トラブルのまとめ

iOS 11最新情報をまとめ

iOS 11.4
iOS 11.3
iOS 11に関する最新情報
iOS 10.3
iPhone7について
iPhone8の最新情報
iPhone8データバックアップ&復元

iOS 12最新情報をまとめ

iOS 12
Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iOS 11は2017年、日本時間9月20日に正式に配信開始、新しいものなのでアップデートには様々な不具合が発生するかも知れません。それでは、今回のiOS 11にアップデートすることで、どんな不具合が起こるか確認してみましょう。

iOS 11へアップデートする場合、最新のiOS 11にアップデートするガイドをご参照ください。

iOS 11不具合1:iOS11がダウンロードできない

通常、ソフトウェアのダウンロードにかかる時間はおよそ10分程度と思います。しかしアップデートの容量サイズやネットの回線スピード(光回線、ASLD等)によってはもっと時間が掛かるかも知れません。

しかし、iOS11のソフトをダウンロードしようとしたら、「ソフトウェアをアップデートできませんでした。iOS11のダウンロードでエラーが起きました」といったエラーメッセージが表示、iOS11ダウンロードしたいができない、ソフトウェアのエラーになってしまったらどう対応しますか、そんな場合の対処方法を記載してみました。

  1. モバイル通信でダウンロードから通信速度も速く、安定的なWi-Fi通信を実施してみる。
  2. サーバーが混み合っている可能性もある為時間を空けて再度ダウンロードを試みてみる。
  3. パソコンでiTunesを立ち上げて端末にiOS11をダウンロード/アップデートを行ってみる。
  4. 強制的に再起動を試みてみる。スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に10秒以上長押しします。
  5. ストレージ容量が不足しているかもしれないので設定⇒一般⇒ストレージと iCloud の 使用状況⇒「ストレージを管理」の順にタップし、空き容量をチェックしてみます。 

なお、空き容量を増やすには使用頻度が少ないアプリを削除対応やデータを削除対応してみるか、パソコンに移動して対応してみます。詳しい情報はiOS 11アップデートするための空き容量を確保する方法をご覧ください。

iOS 11不具合2:iOS11アップデート検証中になって端末がフリーズ

iOS11にアップデートを試みたところ、「iOS11アップデート検証中」または、「iCloud設定をアップデート中」というメッセージが出たままフリーズ状態となってしまった。

  1. スリープボタンとホームボタン両方を同時に押し、強制再起動を実施してみる。
  2. 強制再起動後iOS11アップデートファイルを一旦削除し、もう一度アップ デートを実行トライしてみる。
  3. 空き容量が不足している可能性があるので、内蔵ストレージの容量を十分に確保する。使っていないアプリや削除してもいい動画や画像を消してみる。
    特にiPhone/iPadは最初の段階で容量は決まってしまっているので、拡張の対応はできません。
  4. iPhone/iPadをパソコンに接続してiTunesを立ち上げてiOS11アップデートをしてみる。
  5. 初期化してから再ダウンロードしてみます。

ios11

iOS 11不具合3:iOS11アップデート途中でiOS端末が固まってしまった

iOSアップデート中によく起こる問題の中には、端末が固まってしまうケースがあると思います。通常はパソコンのiTunesを使って復帰するのですが、その処理には、端末を初期化してしまうため、大切に保存していたデータ類が消えてしまうリスクがあります。

しかし、『dr.fone-iPhone起動障害から修復』を使用すれば、リンゴループ、ブルースクリーン、ホワイトアップル、真っ暗な画面、iTunesに接続して下さいなど起動しない症状からデータを損失することなくiPhone/iPadを復元することができます。

操作についても画面の指示通りに行っていけば簡単に数ステップの対応で処理対応できます。

iOS 11不具合についてのまとめ

いずれにしても公開後すぐにアップデートするのは、避けたほうがいいかと思います。 なぜならば、iOS 11を公開してから、直ぐにアップデートする方が沢山いらっしゃいます。その場合、アップデート時間がかなり掛かります。その間は端末としての機能も一切使えません。

また、新規のiOS 11には不具合が含まれている場合があるかもしれません。 しかし即アップデートしたい場合は不測の事態に対してあらかじめ、『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』をインストールしておくことをお勧めします。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

dr.fone-iPhone起動障害から修復

  • データ損失なしで、iPhone8をリカバリーモードから解除・復元!
  • iPhone8をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iOS11 > 「iOS 11不具合」iOS 11アップデート中でよく起こる不具合・トラブルのまとめ

All TOPICS