Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • iPhone突然死、ブラックアウト、リンゴループなどさまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iPhoneアップデート】iPhone/iPad/iPodを最新のiOSバージョンにアップデートする仕方

藤原 弘子

•カテゴリ: tips

iOS update

iPhone、iPad、iPodなどを使う際に最新iOSバージョンにアップデートして使っていますか?最新のiOSバージョンにすることで、新機能を使えたり不具合があった場合でも改善される場合があります。

今回は、最新iOSにアップデートする方法に加えてアップデートできない時の対処方として、iOS不具合修復ツールの「Dr.Fone」を使用する方法をお伝えしていきます。ぜひ、最後まで読んでみてください。

iOSアップデート前の準備作業

iOSアップデート前の準備作業

・バックアップを取る

iOSアップデートをしたからといって、データが消えることはありません。しかし、iOSアップデート中に何らかの原因で失敗してしまい初期化が必要になる可能性があります。その際に、データを復旧できるようにバックアップを取っておく必要があります。

おすすめ記事:iPhoneをバックアップする3つの方法

・空き容量を確保する

iOSアップデートをする際に、空き容量が不十分なままおこなうとiOSアップデートが失敗したり中断したりしてしまいます。そのため、iOSアップデート前には空き容量を充分に確保しておく必要があります。

・アプリの互換性を確認する

現在インストールしているアプリが、新しいiOSに対応していない場合があります。アプリが新しいiOSバージョンに対応していないと、そのアプリが開けなくなったり動作が不安定になりアプリが落ちてしまう可能性があります。

iPhone/iPad/iPodを最新のiOSにアップデートする方法

iPhone/iPad/iPodを最新のiOSにアップデートする方法

2つの方法を紹介しますので、やりやすい方法を試してみてください。

方法1:ワイヤレスでiPhoneをアップデートする

1.設定アプリを開き一般をタップします。

設定アプリを開き一般をタップします。

2.ソフトウェア・アップデートをタップするとアップデートの確認が始まります。

ソフトウェア・アップデートをタップするとアップデートの確認が始まります。

3.一番下のダウンロードしてインストールをタップします。

一番下のダウンロードしてインストールをタップします。

4.パスコード入力画面になりますので、パスコードを入力します。

パスコードを入力します。

5.パスコード入力後、利用規約が表示されるので同意するを選択します。

利用規約が表示されるので同意するを選択します。

方法2:パソコン(iTunes)でiPhoneをアップデートする

1.iPhoneをパソコンに繋ぎます。

2.iTunesを開き、左上のデバイスマークをクリックします。

iTunesを開き、左上のデバイスマークをクリックします。

3.概要または一般をクリックし、更新プログラムの確認をクリックします。

更新プログラムの確認をクリックします。

4.ダウンロードしてアップデートをクリックし、パスコードを入力します。

iPhone/iPad/iPodが最新のiOSにアップデートできない時の対処法

上記の方法で最新iOSにアップデートできない場合は、iOS不具合修復専門ツールのDr.Foneを使用しましょう。Dr.Foneを使用すると、Apple Storeなどのお店に持っていかなくても自宅で解決することができます。また、データ損失の心配もなくiPhone、iPad、iPod TouchなどのすべてのiOSデバイスに対応しています。

wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし

操作手順は、以下の手順で画面の指示に従うだけで完了します。

1.Dr.Foneを起動し、メイン画面から「起動障害から修復」を選択します。

修復を選択

2.iPhoneをパソコンに繋ぎ、左側のiOS修復を選択します。

※スタンダードモードとアドバンスモードがありますが、データを消去しないスタンダードモードから試すのがおすすめです。

修復モード

3.デバイスをリカバリーモードにする必要がありますので、画面の指示に従ってください。

リカバリーモードに入る

4.デバイスの機種、システムバージョンが表示されるので使用している機種と同じか確認してください。

ファームウェアをダウンロード

5.真ん中の開始ボタンをクリックし、修復用のファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード中

6.ダウンロード後、いますぐ修復をクリックすると修復作業が始まります。

iosデバイスを修復中

詳細な操作ガイドは、こちらを参照してください。

[公式]iPhone起動障害から修復する機能の使い方を紹介 - Dr.Fone

まとめ

今回は、iPhoneを最新のiOSバージョンにアップデートする方法を紹介してきました。

最新のiOSバージョンにアップデートすることで、新機能を利用できるだけでなく、不具合があった場合に修復される可能性があります。アップデートする方法は、iPhoneの端末でおこなう場合とiTunesでできます。

しかし、アップデートが上手くできない場合があります。その場合には、Dr.Fone-iPhone起動障害から修復と呼ばれるiOS不具合修復ツールを使うのがおすすめです。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iOSをアップデートしないままでiPhoneを復元する方法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループ、ブラックスクリーンなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 13シリーズやiOS 15に完全対応!

Home > How-to > tips > 【iPhoneアップデート】iPhone/iPad/iPodを最新のiOSバージョンにアップデートする仕方

All TOPICS