無料体験

iPhone紛失してもデータは復元できます

Wondershare iPhone Data Recovery

世界初のiOS & Androidデータ復元ソフト

業界で高い復元率

ios data recoveryandroid data recovery

iPhone紛失時の対応方法を紹介

思わぬことで、どこへ置き忘れてしまったか全く分からない、思い出せない時などでは、まずは良くやる手として紛失したiPhoneを探すのに直接電話をしてその着信音を頼りに見つけようとします。

でもこれって、家の中で何処にやってしまったか見つけるのには役に立つかもしれませんが、屋外では、全くといっていいほど効果は無いかもしれません。稀によい人が電話口に出てくれればいいのですが。鳴っていても放置されるかもしれないし、拾った人が意図的に出ない場合や最悪電源が切れている場合もあると思います。 そんな時に、iPhoneであれば紛失してしまったとしても探す方法があります。

また、「iPhone を 探す」といった紛失モードとはGPSを使用して地図に表示出来る機能です。これにより見つかる可能性はグッと高くなります。またバッテリー残量が少ないとき、iPhoneの位置情報をAppleに自動で送信してくれる機能「最後の位置情報を送信」もオンにしておくと安心です。地図で表した付近に交番などがあれば、問い合わせてみたらどうでしょうか。

PCや知人のiPhoneを使ってiCloudの「iPhoneを探す」にアクセスして、パスコード設定する方法もあります。これで他人が勝手に弄れないようにします。これで、最低限のセキュリティを設定できます。

Apple IDのパスワードを入力

ドコモではiPhoneを紛失して探すのに行き詰まったときに、「NTTドコモ利用中断受付センター」に電話を掛けて、一時回線をSTOPすることも出来ます。 また、iPhoneを紛失したときに探す場合docomoオリジナルでは、My docomoにログイン後、サイト内からGPSにて地図上で表示することができます。

auでは、iPhone 紛失時探すのに時間が掛かる場合「au紛失・故障受付」に電話を掛けて対応してもらうことも出来ます。 ソフトバンクの場合は、「SoftBankカスタマーサポート紛失・故障窓口」に電話を掛けて下さい。

最後の手段は、iCloudを通して「iPhoneを消去」といった方法があります。 iPhoneをリモートで消去するように設定します。これでiPhoneがネットワークにつながった瞬間初期化されます。

紛失したiPhoneのデータを「dr.fone-iPhoneデータ復元 」で復元(iTunes/iCloudバックアップからデータ復元機能を利用)

いろいろやっても紛失したiPhoneが見つからない時には諦めることもありますが。失くしたiPhoneには大切な情報源として友人や知人の連絡先、撮り直しがきかない思い出の画像や動画が入っている場合は、本体が見つからない以上にショックを受ける人は少なくないと思います。

そんな紛失してしまったデータを諦めずに復元できるソフトが実はあるのです。 それが、Wondershare製の「dr.fone-iPhoneデータ復元 」です。

無料版から体験していただき、使い勝手の便利さや豊富な機能に満足いただけると思います。PC操作に弱い方、初心者の方でも操作手順が簡単です。 dr.fone-iPhoneデータ復元 はiPhone、iPad、iPodなどのiOSデバイスのみに対応しています。Androidデバイスをお使いの人はAndroidデータ復元をインストールしてみてください。


iTunesバックアップからデータ復元機能を利用して、紛失したiPhoneのデータを復元

注意ポイントとして事前にiTunesでバックアップを保存してある必要があります。

ステップ1:メイン画面の「データ復元」をクリックします。

画面の「データ復元」

ステップ2:次の画面から「iTunesバックアップファイルから復元」を選択します。

iTunesで保存したバックアップファイルが自動的に表示されます。

ステップ3:そのファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックすると、スキャンを開始します。

「スキャン開始」

ステップ4:スキャンが終了したら、バックアップデータの内容を全て確認できるようになります。

ステップ5:復元したいデータを選んで、「パソコンに復元」にするか、「デバイスに復元」にするか選択します。

選択

iCloudバックアップからデータ復元機能を利用して、紛失したiPhoneのデータを復元

こちらも事前にiCloudでバックアップを作成したことが必要となります。 デバイス上で設定をONにすることにより自動でバックアップファイルが保存されます。

ステップ1:メイン画面の「データ復元」をクリックします。次の画面から「iCloudバックアップファイルから復元」を選択します。

ステップ2:iCloudサインイン画面にApple IDやパスワードなどのアカウント情報を入力して、「→」ボタンをクリックします。

「→」ボタンをクリック

ステップ3:復元したいファイルを選択して、右の「ダウンロード」ボタンをクリックします。

ステップ4:iCloudバックアップファイルをダウンロードします。

ダウンロードし

ステップ5:「デバイスに復元」というボタンをクリックして、選択したデータをiPhoneに復元します。

紛失したiPhoneのデータを復元

以上で紛失したiPhoneのデータを復元する作業は終了となります。

このWondershare製の「dr.fone-iPhoneデータ復元 」のおかげで、紛失したiPhoneの大切なデータを諦めることなく復元できホットします。

dr.fone - iPhoneデータ復元

紛失したiPhoneのデータを復元

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 7(Plus)やiOS 10に完全対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone -  iPhoneデータ復元 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iOSデータ復元 > iPhone紛失してもデータは復元できます

All TOPICS

Top