フリーズしたiPhoneをアップルマークから復元する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneフリーズとは

iPhoneシリーズも7までくると、iPhoneがフリーズしてしまいずーっとリンゴループの状態になってにっちもさっちもいかなくなるという経験をしたことがある人が一体どれだけいることでしょうか。あのリンゴループの画面を見るととても悲しくなってきますよね…。

あまりいないとは思いますが「リンゴループを知らない」という人のために念のために説明をしておくと、iPhoneの画面上にアップルマークが出たままフリーズしてしまい、全く動かなくなってしまう症状のことを通称リンゴループと呼んでいます。

freezing-iphone

iPhoneフリーズの原因と対処法

リンゴループに陥ってしまう原因はいくつかありますので、ご紹介いたします。

  1. iOSのアップデート途中で何らかのアクシデントがあり、アップデートに失敗した時
  2. iPhoneを繰り返し強制終了していた時
  3. 起動のための必要ファイルが破損している
  4. iPhoneの容量が常に一杯の状態で稼働させている
  5. 脱獄アプリなどが原因で起動が上手くいかない

上記が主な原因になります。では、リンゴループに陥ってしまったiPhoneを復元させる方法はどうでしょうか。

  1. iPhoneを強制シャットダウンさせる(ホームボタン+スリープボタンを同時に長押し)
  2. SIMカードを取り出して再起動する
  3. iTunesと繋いでiPhoneのiOSをアップデートする

といった方法がよく見かける復元方法です。

しかし、正直効果のほどはそこそこといったところ。フリーズしてしまったiPhoneは根本から初期化して復元するのが一番効果的だと思われます。 とはいえ、初期化をしてデータが消えてしまうのはショックが大きいですよね。そこでオススメなのがwondershare社のdr.fone-iPhone起動障害から修復から修復機能です。通常、iTunesでiPhoneを復元すると、データも消えて復元されてしまいますが、dr.fone-iPhone起動障害から修復ならデータを残したまま復元することが可能という優れものです。


フリーズしたiPhoneを復元する手順

ステップ1:「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が出てきますので、「起動障害から修復」を選択します。

メニュー画面

ステップ2:パソコンとお持ちのiPhoneをUSBケーブルで接続します。

ステップ3:画面に「開始」のボタンが出るのでこれを押します。

「開始」のボタンが出る

ここで、もしもデバイス(今回はiPhone)が検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

iPhone7/7Plus/8/8plus/X以外のiPhoneをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

iPhone7/7Plus以外

iPhone7/7Plusの場合は、

iPhone7/7Plusの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

iPhone7/7Plusの場合

iPhone8/8Plus/Xの場合は、

iPhone8/8Plus/Xの場合は手順も違うところがあります。

1:iPhoneの電源を切り、コンピュータに接続します。

2:「音量アップボタン」を押して、すぐに指を離します。「音量ダウンボタン」を押して、すぐに指を離します。

3:最後に、復元モードの画面が表示されるまでオン/オフボタンを押し続けてください。

iPhone7/7Plusの場合

ステップ4:iPhoneをリカバリーモードにできたら、iPhone起動障害から修復の上でお使いのiOSに対応したファームウェアをダウンロードします。

画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

ステップ5:画面に「開始」のボタンが出るのでこれを押します。「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

ダウンロードが始まり

ステップ6:ダウンロードが完了すると、iPhone起動障害から修復がiPhoneの修復を初めてくれます。

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして、「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロードが始まり

復元には数分~十分程度かかりますが、これが終了すればiPhoneをエラーから復元させる手順は終了です。

修復中

これでiPhoneのデータを維持したままフリーズ状態から復元することができますので、ぜひお試しあれ!

dr.fone-iPhone起動障害から修復

フリーズしたiPhoneを復元するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone - iPhone起動障害から修復 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneフリーズ復元 > フリーズしたiPhoneをアップルマークから復元する方法

All TOPICS