Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらフリーズしたiPhoneを修復できる

  • 操作は簡単でシンプル。さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 3つのステップだけでフリーズしたiPhoneをアップルマークから復元できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

フリーズしたiPhoneをアップルマークから復元する方法

•カテゴリ: iPhoneフリーズ復元

iPhoneフリーズとは

「iPhoneフリーズ」というのは、iPhoneの画面上にアップルマークが出たままフリーズしてしまい、全く動かなくなってしまうことを指します。「リンゴループ」という呼び方もあります。

iPhoneがフリーズしてしまい、にっちもさっちもいかなくなるという経験をしたことがある人が非常に多いでしょう。

freezing-iphone

パート1 iPhoneフリーズの原因と対処法

アップルマークから進まず、起動できなくなる原因はいくつかありますので、ご紹介します。

  1. iOSのアップデート途中で何らかのアクシデントがあり、アップデートに失敗した
  2. iPhoneを何回も強制終了させる
  3. 起動のための必要ファイルが破損している
  4. iPhoneの容量が常に一杯の状態で稼働させている
  5. 脱獄アプリなどが原因で起動が上手くいかない

パート2 フリーズしてしまったiPhoneを復元する一般的な方法

次に、リンゴループになった時の一般的な対策を紹介します。

  1. iPhoneを強制的にシャットダウンさせる(ホームボタン+スリープボタンを同時に長押し)
  2. SIMカードを取り出して再起動する
  3. iTunesと繋いでiPhoneのiOSを最新版にアップデートする

といのが一般的な復元方法ですが、正直、効果のほどはそこそこといったところです。

フリーズしてしまったiPhoneは根本から初期化して復元するのが一番効果的だと言われています。とはいえ、初期化をしてデータが消えてしまうのは避けたいことですよね。そこでオススメなのがWondershare社のDr.Fone-iPhone起動障害から修復というツールす。

通常、iTunesでiPhoneを復元すると、データも消えてしまいますが、「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」を使えばデータを残したまま復元することが可能です。


パート3 おすすめのたった3つのステップでフリーズしたiPhoneを復元する方法

「Dr.Fone」を使えば、iPhoneを簡単に復元できます。手順を一緒に見ていきましょう。

ステップ1 フリーズしたiPhoneを復元する準備事項

「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が表示されます。そこで「起動障害から修復」を選択します。

メニュー画面

ステップ2 パソコンとiPhoneを接続して、フリーズしたiPhoneを設定します。

パソコンとお持ちのフリーズしたiPhoneをUSBケーブルで接続して、「スタンダードモード」を選択します。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。

注意:「スタンダードモード」はデータを消さずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。一方、「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

「開始」のボタンが出る

ここでもしデバイス(今回はiPhone)が検出されなければ、iPhoneをリカバリーモードにしてみましょう。手順は以下の通りです。

iPhone7/7Plus/8/8plus/X以外の場合:

  1. iPhoneの電源を切る。
  2. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。
  3. しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

「開始」のボタンが出る

iPhone7/7Plusの場合:

  1. iPhoneの電源を切る。
  2. パソコンとフリーズしたiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。
  3. しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

iPhone8及びiPhone8以降の場合:

  1. iPhoneの電源を切り、コンピュータに接続します。
  2. 「ボリュームアップボタン」を押してすぐに放し、「ボリュームダウンボタン」を押してすぐに放します。
  3. 最後に、復元モードの画面が表示されるまでオン/オフボタンを押し続けてください。

ステップ3 フリーズしたiPhoneに対応したファームウェアをダウンロードします。

画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

画面に「開始」のボタンが出るのでこれを押します。「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

ダウンロードが始まり

ダウンロードが完了したら、「Dr.Fone」はフリーズしたiPhoneを修復してくれます。iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、「いますぐ修復」をクリックしましょう。

ダウンロードが始まり

復元するには数分~十分程度かかります。これでフリーズになってしまったiPhoneをエラーから復元させる手順は終了です。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試してみましょう。)

修復中

iPhoneがフリーズしたら「Dr.Fone」で修復しよう

iPhoneがフリーズした時の対策を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

「Dr.Fone」を使えば、スマホをデータを消さずに修復できますので、一番オススメの対策法です。

性能的には申し分ないので、無料ダウンロードして損はないでしょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

フリーズしたiPhoneを復元する

  • データを消さずにフリーズしたiPhoneを復元!
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループから起動しない症状から復元
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新機種/iOSに完全対応!
Home > How-to > iPhoneフリーズ復元 > フリーズしたiPhoneをアップルマークから復元する方法

All TOPICS