Wondershare Dr.Fone - GPS変更 (iOS)
特徴
操作ガイド
レビュー
無料ダウンロード
購入する

Wondershare Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

iPhoneで現在地を安全かつ簡単に変更

  • iPhoneのGPS位置情報を世界中のどこへでもテレポート
  • マップでルートを作成して目的地に移動
  • 脱獄不要ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作します。
  • ユーザーの個人情報を記録や収集することがありません。
100%安全・安心 | マルウェアなし

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

100%安全・安心 | マルウェアなし

macOS 10.8以降

対応OS:

1クリックでiPhoneの位置情報を変更

1クリックでiPhoneのGPSを移動させて世界中どこでもテレポート!

iPhoneのGPSを設定するだけで、位置情報を自由に動かしたり、移動している様に見せることが可能に。

simulate movement by changing gps

座標: 49.26, -123.00

距離: 5km

ここに移動

iPhoneのGPSを変更して位置情報アプリを楽に利用

iPhoneのGPSを変更して位置情報を簡単に操作。外に出られなくてもアプリやゲームをお楽しみいただけます。

spoof location in ar games
spoof location in social apps

速度を設定してGPS変更がもっと楽に!

GPSの位置情報変更以外に使える機能は?

複数のスポットでルートを設定して、ウォーキング速度・サイクリング速度・ドライブ速度など用途に合った走行速度をシミュレーションします。

途中に異なる休憩時間を設定して、より自然な走行に見せます。

walking mode

ウォーキング

cycling mode

サイクリング

driving mode

ドライブ

simulate movement with different speeds

座標: 49.26, - 123.00

距離: 5km

speed of walking
speed of cycling
speed of driving
速度:

簡単!3ステップでiPhoneのGPSを変更

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)は3つのモードを提供します。

目的地へテレポート、二つのスポット間の移動シミュレーション、指定されたルートに沿った移動シミュレーション

change location on iphone -  step 1
1

ステップ 1: PCでdr.fone-GPS変更を起動

change location on iphone -  step 2
2

ステップ 2: iPhoneをケーブルでPCに接続

change location on iphone -  step 3
3

ステップ 3: 希望のモード選択からGPSを変更

iPhone 位置情報変更

ios location spoofer download 安全かつ効率的にダウンロード
download ios virtual location tool

技術仕様

CPU

1GHz (32ビットまたは64ビット)

RAM

256 MB以上のRAM(1024 MBを推奨)

ハードディスクの空き容量

200 MB以上の無料空き容量

iOS

iOS 13, iOS 12/12.3, iOS 11, iOS 10.3, iOS 10, iOS 9 及びもっと古いiOS

コンピューター OS

Windows: Win 10/8.1/8/7/Vista/XP
Mac: 10.14 (macOS Mojave), Mac OS X 10.13 (High Sierra), 10.12(macOS Sierra), 10.11(El Capitan), 10.10 (Yosemite), 10.9 (Mavericks), or 10.8

【よくある質問】iPhone/iosの位置情報変換

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)は無料試用版を提供しています。試用版では、製品のGPS変更機能を2時間無料で試すことができます。2時間を過ぎると機能は一旦使えなくなり、続行する場合は製品版への切り替えが必要となります。

注意:試用時間はソフト起動時のから計算となります。
また、iPhoneをパソコンに接続するためのLightning-USBケーブルを予めご用意ください。

iOSシステムはGPSの設定ができません。AppleのApp StoreはGPS移動アプリを一切許容していません。App Store内のGPS移動アプリは信頼できません。iPhoneのGPS位置情報の変更を行う方法は2つあります。

①コンピューターのソフトを使用する
コンピューターのソフトはGPSに基づいて情報を検索します。地球上のどこにでもテレポートできますし、指定されたルートに沿った移動をシミュレーションすることもできます。

②VPNを使用する
VPNはIPアドレスに基づいて情報を判断します。異なるIPアドレスを使用して場所情報を変更します。

マップの位置情報を変更するには、リアルタイムのGPSデータ(地理座標)を一時的に変更する必要があります。 AppleのApp Storeは位置ツールアプリを許可していませんが、コンピューターのソフトを使用することができます。

簡単な操作でプライバシーやウイルスから守ることができます。iPhoneをコンピューターに接続し、GPS変更ソフトウェアを開き、GPSを変更します。

多くのユーザーはプライバシー保護の観点からiPhoneの「友達を探す」機能を使っていません。「友達を探す」の位置情報を変更できる2つの方法があります。

①「友達を探す」で位置情報の共有をオフにするオプションがあります。
「友達を探す」アプリを開き「人を探す」で位置情報を共有したくない人を選択し「自分の位置情報の共有を停止」を選択します。

②GPSツールを使って自分の位置情報を変更でき、更により細かな設定が可能です。
操作方法も簡単で、ソフトをインストール、iPhoneをコンピューターに接続、GPSを変更する3ステップで完了します。

位置情報を読み取るiOSアプリによって、不安に感じる人が増えています。iPhoneのGPSを変更する方法を使って、プライバシーを保護しましょう。

1) iPhoneの電源を切る/機内モードにする:GPSはiPhoneのモバイルデータやWi-Fi信号に基づいて動作しています。携帯をオフにしたり機内モードに設定すると根本的にGPS追跡不可能になりますが、ネットワークも使えなくなります。

2) 他のデバイスの位置情報を共有する:他のiPhoneまたはiPadをお持ちの場合、現在地の位置情報ではなく、そのデバイスの位置情報を共有します。iCouldで「位置情報を共有」を設定します。

3) 現在地の共有を停止する:上記の方法と同様に、現在地の共有をオフにすれば、友達や位置情報アプリにGPSの位置情報を知られることはありません。

4) GPSツールを使用する:ツールを使って現在地をお好きな場所に変更して共有できます。他のiOSデバイスがない場合はこの方法で簡単に現在地を隠すことが可能です。

dr.fone人気機能

dr.fone - 起動障害から修復
dr.fone - 起動障害から修復 (iOS)

リンゴループ、ブルースクリーン、リカバリーモードなど再起動できない症状からiPhone・iPad・iPod Touchを復元することができます。

dr.fone - iPhone画面ロック解除
dr.fone - iPhone画面ロック解除

パスワードを忘れてしまった場合や中古で購入したiPhoneまたはiPadのパスワードが分からない場合に簡単に画面ロックを解除することができます。

dr.fone - データ復元
dr.fone - データ復元 (iOS)

3つの復元モードでiPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータや消えたデータを復元します。データ復元前に、プレビュー確認できます。