(2020年版)iOS14にアップデートする時によく起こる不具合&対策

iOS14にアップデートする時によく起こる不具合を修復する方法をご紹介します。

あらゆる不具合を修正できるツール「Dr.Fone」をダウンロードしておくことをおすすめします。

ios アップデート問題

概要:

このページでは、iOS14のアップデート中に、またはアップデートした後に起こるさまざまな不具合およびその解決方法について説明します。

Part 1. iOS14のアップデートに失敗する

iOSで起こる問題の多くはアップデートに関連しています。アップデートする際によく起こるトラブルとその解決方法を一緒に見ていきましょう。

Q1.1 iOS14アップデートに失敗する

iOS14にアップデートする際、「ソフトウェアアップデートに失敗しました」というメッセージが表示されることがあります。その対策を確認してみましょう。

iOS14アップデートに失敗

Aヒント:

  • ネットワーク状況を確認する: インターネットの接続が安定していることを確認してください。Wi-Fiを使用していない場合は、デバイスの設定からモバイルデータ通信を有効にしてください。
  • Wi-Fiを再接続する:コントロールセンターからWi-Fiネットワークを一旦オフにし、再びオンにしてください。
  • iPhoneを再起動する: iPhoneを再起動してからもう一度試してみてください。
  • iTunesでiPhoneをアップデートする: OTAの代わりにiTunesを利用してデバイスをアップデートすることもできます。 iTunes「アップデートの確認」をクリックすればOKです。

Q1.2 アップデート検証中から先に進まない

無事iOS14をダウンロードできたとしても、アップデード検証中の画面から先に進まない場合があります。

アップデート検証中から先に進まない

Aヒント:

  • アップデートを再開する:焦らずにアップデートを再開するのは一番よい解決方法でしょう。 デバイスを再開し、「設定」> 「一般」> 「ソフトウェアアップデート」の順にタップし、アップデートを再開してください。
  • Apple IDを再ログインする: Apple IDを再ログインすることにより、お使いのアカウントに関連する検証エラーを解決できます。
  • iPhoneの強制再起動: :エラーが解消されない場合は、デバイスを強制的に再起動してください。
  • すべての設定をリセットする: 「設定」> 「一般」> 「リセット」に移動し、「すべての設定をリセットする」をタップします。パスコードを入力してデバイスの設定をリセットしてから、一度アップデートを試みてください。

Q1.3 空き容量の不足

ストレージ容量の不足は、アップデートの失敗につながります。 この場合、不要な写真、ビデオ、音楽、アプリを削除する必要があります。iOS14にアップデートする前に、少なくとも5 GBの空き容量を確保しておきましょう。

空き容量の不足

Aヒント:

iPhoneストレージを管理する: お使いのデバイス上でデータを管理することもできます。「一般」> 「設定」> 「ストレージ」> 「ストレージの管理」の順にタップしてください。ここでは、様々なアプリやデータがどれほどの容量を占めているのかを確認することができます。不要なデータやアプリを削除し、空き容量を増やすことができます。ストレージ容量を確保できたら、もう一度アップデートを試みてください。

さらにストレージ容量を増やしたい場合はこちらをご覧ください。

Q1.4 アップグレード画面でフリーズした

アプリの不具合の影響を受け、アップグレード画面でフリーズすることがあります。

空き容量の不足

Aヒント:

デバイス上の既存データが削除されますので、あらかじめすべてのiPhoneデータをバックアップしておいてください。iTunes / iCloud、あるいはDr.Fone - iPhoneデータバックアップでiPhoneのデータをバックアップしておきましょう。

Q1.5 インストール中にエラーが発生した

iOS14に限った話ではありませんが、iOSをインストールする時にエラーが発生するのはよくあることです。原因は特定できませんが、いくつかの解決法があるのでご参考ください。

インストール中にエラーが発生した

Aヒント:

  • 再試行する: まずは再試行してみましょう。
  • ネットワーク設定をリセットする: 「設定」> 「一般」> 「リセット」> 「ネットワーク設定をリセット」の順に選択し、ネットワーク設定をリセットトしましょう。
  • デバイスを初期化する: デバイスを初期化することよって、ほとんどのエラーを修正されますが、データをすべて消去されますので、あくまでも最終手段なので、慎重に行ってください。そして行う前に必ずバックアップを取っておきましょう。
  • 「Dr.Fone」を使う: Dr.Fone – iPhone起動障害から修復を使えば、データを紛失せずにさまざまなエラーを修復できます。操作も非常に簡単なので、一度試してみてください。

Q1.6 ダウンロードが停止した

ダウンロード中に中断してしまう時の対策は、以下の通りです。

ダウンロードが停止した

Aヒント:

  • 準備を万全にする: まず、インターネット回線を安定させましょう。また、デバイスの空き容量は十分にあることを確認します。
  • 古いiOSプロファイルを削除する:以前にiOS13/iOS14ベータ版をダウンロードしようとして成功しなかった場合、残された古いプロファイルは不具合を起こす可能性があります。「設定」> 「一般」> 「プロファイル」の順にタップし、以前のiOSプロファイルを手動で削除しましょう。

Part 2. アップデートによるアプリの不具合

iOS14にアップデートしたことにより、一部のアプリに不具合が発生する

Q2.1 アクティベーションエラー

iOS14にアップデートしたことにより、iPhoneをアクティベーショできなくなった場合、またはアクティベーションサーバーが利用できない場合の対策をご紹介します。

アクティベーションエラー

Aヒント:

  • iPhoneを再起動する: iPhoneを再起動することで問題が解決されることもあります。
  • 安定したWifiに接続する:モバイルデータ通信ではなく、安定したWifiに接続してからもう一度試しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Q2.2 アクティベーションエラー

iOS14にアップデートしたら、ロゴ画面から進まない、再起動を繰り返すようになった時の対策は以下のとおりです。

アクティベーションエラー

Aヒント:

詳しくはこちらの記事を参照してください。

Q2.3 iTunesエラー

iOS14にアップデートし、iTunesに接続したらエラーコードが表示されることがあります。これからiTunesのエラーを解決する方法をご紹介します。

iTunesエラー

Aヒント:

  • iTunesのエラーコードを確認する: まず、iTunesのエラーコードをメモして調べることをおすすめします。AppleはiTunesエラーコードのリストを作成していますので、よくある原因と利用可能なソリューションを確認しましょう。
  • iTunesが最新であることを確認する: デバイスを古いバージョンのiTunesに接続しようとすると、予期しない問題が発生する可能性があります。デバイスをコンピューターに接続する前に、iTunesが最新であることを確認してください。
  • ウイルス対策ソフトウェアを無効にする: iTunesを使う際に、ウイルス対策ソフトが原因で、エラーコードが表示されることがありますので、一回ウイルス対策を無効 にしてから再試行してみましょう。
  • 別のライトニングケーブルを使用する: ライトニングケーブルが故障していないことを確認しましょう。
  • 「Dr.Fone - iTunes修復」: 「Dr.Fone - iTunes」修復は、ほとんどのエラーを修正できますので、一度ダウンロードして使ってみましょう。

関連記事:

  1. iTunesエラー4013・iPhoneエラー4013を解決する方法
  2. 【iTunes エラー 9】iPhoneの復元時にiTunesでエラー 9が表示される場合の対処法

Q2.4 デバイスが起動しない

iOS14にアップデートしたことにより、デバイスが起動しなくなった時の対策を紹介します。

デバイスが起動しない

Aヒント:

  • デバイスを充電する
  • デバイスを強制的に再起動する:
  • 「Dr.Fone」を使う: Dr.Fone – iPhone起動障害から修復を使えば、データを紛失せずにさまざまな起動障害を修復できます。

Q2.5 発信/受信できない

iOSのアップデートによって、発信/受信できなくなる不具合の対策をご紹介します。

発信/受信できない

Aヒント:

  • 機内モードをオン/オフに切り替える: 機内モードをONにして、しばらく待ってからOFFに切り替えてください。
  • SIMカードを挿し直す
  • 通信事業者に確認する
  • ネットワーク設定をリセットする: 「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順にタップすれば、ネットワーク設定をリセットできます。今まで保存してきたすべての設定が消去されるのでご注意ください。

Q2.6 リカバリモードになる

iOSのアップデートにより、リカバリモードになってしまった時の解決法をご紹介します。

リカバリモードになる

Aヒント:

  • iPhoneを強制的に再起動する
  • iPhoneを復元する:iOS14にアップデートする前にデータのバックアップを既に取っていた場合は、iTunes/Dr.FoneでiPhoneを復元することができます。
  • DFUモードで修復: iPhoneをDFU(デバイスファームウェアアップデート)モードに切り替えて、復元することができます。
  • 「Dr.Fone」で修復する: iPhone起動障害から修復を使えば、データを消さずにデバイスを修復できます。

Q2.7 データの紛失

iOS14にアップデートしたことによってデータを紛失した時の対策をご紹介します。

消えたデータはiOSデバイスにまだ残っているかもしれませんが、それにアクセスすることはできません。以前のバックアップをiPhoneに復元し、または専用のデータ復旧ソフトを使ってください。

データの紛失

Aヒント:

  • デバイスを再起動する
  • iTunesのバックアップを復元する: iOS14にアップデートする前に、あらかじめデータのバックアップを取っておきましょう。すでにバックアップを取っている場合は、それを使ってデータをiOS端末に復元できます。
  • iCloudバックアップを復元する: iCloudバックアップからデータを復元する場合、デバイスを工場出荷時設定にする必要があるので慎重に行いましょう。
  • 「Dr.Fone」を使って復元する: バックアップを事前にとっていない場合は、iPhoneデータ復元ソフトDr.Fone – iPhoneデータ復元を使って復元することができます。

Part 3. アプリの不具合

iOS14にアップデートした後、アプリに不具合が起こる可能性があります。よく起きる不具合とその対策をご紹介します。

Q3.1 Safariのクラッシュ

iOS14にベータアップデート後、Safariのクラッシュ、Webページのフリーズ、読み込みの失敗、応答しないなどの問題が発生する場合があります。いくつか簡単な対策をご紹介します。

Safariのクラッシュ

Aヒント:

  • 「Safari検索候補」機能をオフにする: Safariアプリがクラッシュする主な原因の1つは、ニュースや天気などの情報をユーザーに提案してくれる「Safariの検索候補」機能です。「設定」>「Safari」に移動して、「Safari検索候補」の機能をオフにしてみましょう。
  • 履歴とWebサイトデータを消去する: 「設定」>「Safari」>「履歴とWebサイトデータを消去」の順にタップし、定期的にキャッシュデータの削除しましょう。

Q3.2 Musicの不具合

iOS14にアップデートした後、音楽の同期、ダウンロード、再生できない、または「エラーコード4010」などの問題が発生した場合の解決法をご紹介します。

Musicの不具合

Aヒント:

  • アプリを再起動する
  • Apple IDを再ログインする
  • iCloudミュージックライブラリをオフにする
  • サブスクリプションの有効期限を確認する

Q3.3 メールの不具合

メールを受送信できない時の対処法をご紹介します。ご参考にしてください。

メールの不具合

Aヒント:

  • アカウントをリセットする:メール設定に移動し、リセットしたいアカウントを選択して削除します。しばらく待ってからアカウントを再度追加します。
  • メール設定を確認する: 新しいメールアカウントを追加する時、サーバーのポート番号とそのほかの資格情報が正しく入力されているかどうかを確認してください。メールのセキュリティをさらに強化するために、SSLプロトコルを有効にしておきましょう。
  • データ通信量を確認する
  • 自動通知サービスを有効にする:
  • メールアプリの自動更新を許可する「設定」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」の順にタップし、メールアプリの自動更新をオンにできます。

Q3.4 App Storeの不具合

「App Storeに接続できません」というメッセージが表示されて使えない場合の対策をご紹介します。

App Storeの不具合

Aヒント:

  • ネットワークの接続を確認する
  • Appleアカウントを再ログインする
  • ネットワーク設定をリセットする:

Q3.5 Siriが機能しない

iOS14にアップデートしたことによりSiriが機能しない時の対策をご紹介します。

Siriが機能しない

Aヒント:

  • Siriをリセットする: 「設定」>「Siri」に移動し、オフにします。しばらく待ってから、再度オンにしてみましょう。
  • ネットワーク設定をリセットする
  • 「Hey Siri」機能をオンにする: デフォルト設定の下で、Siriを呼ぶとSiriが起動されます。「Hey Siri」機能をオフにしたら、Siriが利用できなくなります。「 Siriと検索」の設定に移動し、「“Hey Siri”を聞き取る」をオンにします。
  • 「音声入力」をオフにする: 「設定」>「一般」>「キーボード」に移動し、「音声入力」をオフにしてみましょう。

Part 4. iOS14にアップデートしたことによって起きたその他の不具合

アプリだけでなく、iPhoneの他の機能もiOS 12 / 12.2 / 12.3のアップデート後に誤動作する可能性があります。 Wi-Fi、Bluetooth、バッテリーなどに問題があるかもしれません。次に、それぞれの不具合や対策を説明します。

Q4.1 バッテリーの消耗が激しい

iOSのアップデートにより、バッテリーの消耗が急に激しくなる場合があります。対策を一緒に確認してみましょう。

バッテリーの消耗が激しい

Aヒント:

  • バッテリーの状態を確認する: バッテリーが十分に充電されていることを確認してください。「設定」>「バッテリー」に移動し、「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」を確認できます。
  • 各アプリのバッテリー使用量を確認する
  • フィットネストラッキングをオフにする:

Q4.2 充電できない

iOS14にアップデートしたことにより、充電が遅くなる、または80%/90%で止まるといった不具合の対策をご紹介します。

充電できない

Aヒント:

  • デバイス自体に故障はないのかを確認する
  • デバイスを再起動する
  • 違う充電ケーブルを使ってみる
  • 充電ソケットをきれいにする

Q4.3 異常な発熱

スマホが異常に熱い時は、以下のことを試してみてください。

異常な発熱

Aヒント:

  • カバーを取り外す: ケースやカバーの種類によっては、スマホの放熱を妨げることもあります。
  • 一部のアプリを閉じる: バッテリー消費の激しいアプリを閉じましょう。
  • 高温環境を避ける
  • iPhoneの設定をリセットする

Q4.4 モバイルデータ通信ができない

iOS14にアップデートしたことにより、モバイルデータ通信が使えなくなる時の対策をご紹介します。

モバイルデータ通信ができない

Aヒント:

  • モバイルデータ通信がOFFになっていないかを確認する
  • データローミングをオンにする: 「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」に移動し、「データローミング」をオンにします。
  • ネットワーク設定をリセットする: 「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順にタップし、ねっとワークスをリセットしてみましょう。

Q4.5 Wi-Fiの不具合

iOS14にアップデートしたことにより、Wi-Fiに接続できない、または「間違ったWi-Fiパスコード」と表示される場合があります。そうなった時の対策法を確認してみましょう。

Wi-Fiの不具合

Aヒント:

  • Wi-Fiを再接続する: コントロールセンターか、Wi-Fi設定でWi-Fiを再接続してみましょう。
  • Wi-Fiルーターの状況を確認する: Wi-Fiルーターを確認しましょう。まずは一度再起動することをおすすめします。
  • ネットワーク設定をリセットする
  • 手動でネットワークを追加する: Wi-Fiが検出されない場合は、手動で追加しましょう。

Q4.6 Bluetoothの不具合

iOS14にアップデートしたことにより、Bluetoothが使えなくなった時の対策をご紹介します。

Bluetoothの不具合

Aヒント:

  • Bluetoothがオンになっているかどうかを確認する
  • 機内モードをオフにする
  • iOSデバイスを再起動する
  • Bluetoothを再接続する: 特定のデバイスに接続できない場合は、Bluetooth設定に移動し、デバイスに隣接する「i」アイコンをタップして、「このデバイスの登録を解除」を選択します。その後、もう一度接続してみてください。

Q4.7 AirPodsが接続できない

iOS14にアップした後、AirPodsが接続できなくなる不具合の対策をご紹介します。

AirPodsが接続できない

Aヒント:

  • AirPodsをリセットする: Bluetooth設定に移動し、AirPodsに隣接する「i」アイコンをタップします。デバイスの登録を一回解除して、しばらく待ってから再度接続してみましょう。
  • AirPods本体に損傷がないのかを確認する
  • Bluetoothをオフ/オンに切り替える: Bluetoothをオフにし、しばらく待ってから再度オンにします。
  • 通信距離を確認する

Q4.8 Touch IDが機能しない

iOS14にアップデートしたことによって、Touch IDが機能しなくなった時の対策をご紹介します。

Touch IDが機能しない

Aヒント:

  • 指紋センサーをきれいにする
  • 指紋を再登録する
  • Touch IDをリセットする:

Part 5. ダウングレードによる不具合

アップデートだけでなく、iOSをダウングレードすることにより、以下のような不具合が起きる可能性があります。

Q5.1 リカバリモードやDFUモードになる/ロゴから進まない

iOS14をiOS13にダウングレードすることによって、デバイスが勝手にリカバリモードやDFUモードになる/ロゴから進まないなどの起動障害が起きたときの対策をご紹介します。

リカバリモードやDFUモードになる/ロゴから進まない

Aヒント:

  • iPhoneを強制的に再起動してみる
  • iTunesで復元をしてみる
  • 「Dr.Fone」を使う: Dr.Fone – iPhone起動障害修復 を使えば、データを消さずにエラーを簡単に修正できます。

Q5.2 データの紛失

iOS14にアップデートしたことにより、データが消えてしまった時の対策をご紹介します。

データの紛失

Aヒント:

  • 以前のバックアップからデータを復元する: すでにiTunesでバックアップをとっていた場合、iTunesでそのバックアップからデータを復元することが可能です。
  • 「Dr.Fone」を使う: 事前にデータをバックアップしていなかった場合でも、Dr.Fone – iPhoneデータ復元を使えば、簡単に復元することができます。

Q5.3 バックアップからデータを復元できない

iOS14からiOS13にダウングレードすることによって、バックアップからデータを復元できない時の対策をご紹介します。

バックアップからデータを復元できない

Aヒント:

Dr.Fone iOS Suite

  • iOSデバイス、iCloud、およびiTunesバックアップからデータを復元できます。
  • iTunesを使わずにiPhone / iPadの写真、音楽、ビデオ、連絡先、メッセージなどを管理できます。
  • リカバリモード、リンゴループ、ブラックアウトなど、デバイスのさまざまな不具合を修正できます。

イメージ600万以上のユーザー様にご利用されている安全かつ便利なツールです。


Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

  • 操作は簡単でシンプル
  • iOSのあらゆる不具合を修正可能
  • 最新のiOS14に対応