iOS11ベータ版をインストールする方法・ダウングレードする方法の紹介

iOS 11最新情報をまとめ

iOS 11.4
iOS 11.3
iOS 11に関する最新情報
iOS 10.3
iPhone7について
iPhone8の最新情報
iPhone8データバックアップ&復元

iOS 12最新情報をまとめ

iOS 12
Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Apple Beta Software Program、Customer Seed Program、iOS Developer Programのメンバーになっていると、iOS11のベータ版を利用することができます。しかし、iOS11のベータ版が利用できるのに、インストールする方法を知っていなければ意味がありません。今回は、iOS11のベータ版をインストール・ダウングレードする方法を紹介します。

iOS11ベータ版をインストールする方法

iOS11ベータ版のインストールは、基本的にお使いのデバイスだけでインストールすることが可能です。

  1. お使いのデバイスをWi-Fiに接続させます。
  2. 「設定」から「一般」と進み、「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  4. 「インストール」をタップします。
  5. パスコードの入力画面が表示された場合には、パスコードを入力します。

iOS11

iOS11のインストールがお使いのデバイスでできない場合は、iTunesを利用して手動でインストールすることができます。

  1. パソコンにデバイスを接続します。
  2. iTunesを起動し、接続したデバイスを選択します。
  3. 「概要」を選択し、「アップデートを確認」をクリックします。
  4. 「ダウンロードしてアップデート」をクリックします。
  5. パスコードの入力画面が表示された場合は、パスコードを入力します。

iTunes

以上でiOS11ベータ版をインストールする操作は完了です。

また、iOS11ベータ版をインストールする際には、iOSデバイスのバックアップを取り、バックアップをアーカイブまたは、コピーを行って下さい。

iOS11ベータ版をダウングレードする方法

iOS11ベータ版をダウングレードするには、デバイスを削除し、バックアップからデータを復元する必要があります。ダウングレードする手順は以下の通りです。

  1. お使いのデバイスをパソコンに接続します。
  2. デバイスをリカバリーモードにします。
    iPhone6s以前のiPhone、iPad、iPod touchの場合は、「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に押し、iTunesのロゴが表示されるまで押し続けてください。
    iPhone7/iPhone7 Plusの場合は、「スリープボタン」と「ボリュームのマイナス」を同時に押し、iTunesのロゴが表示されるまで押し続けて下さい。
  3. すると、iTunes側に「アップデートまたは復元を必要としているiPhone”iPhone”に問題があります。」などと表示されるので、「復元」をクリックします。
  4. ベータ版ではない最新のiOSがインストールされるので、ダウングレードが完了するまでしばらく待ちます。
  5. 入力画面が表示された場合は、Apple IDとパスワードを入力します。
  6. ダウングレードが完了後、アーカイブ済みのバックアップを使って、デバイスを設定します。
    ※バックアップは、以前のバージョンのiOSで作成したものを利用して下さい。

以上でiOS11ベータ版をダウングレードする操作は完了です。正式版のiOS11をダウングレードしたい場合、iOS11ダウングレードをご覧ください。

iOS11ベータ版をダウングレード後のデータを復元する方法

Wondershare「dr.fone-iPhoneデータ復元」を利用することで、iOS11ベータ版をダウングレード後のデータを復元することができます。また、この方法は、iTunesにiOS11ベータ版がインストールされる前のiOSバージョンで、データをバックアップしておく必要があります。


ステップ1:「dr.fone-iPhoneデータ復元」を起動し、メイン画面から「復元」をクリックします。

「復元」機能をクリック

ステップ2:パソコンにiOSデバイスを接続します。

iPhoneを接続

接続の完了後、左にある2番目の「iTunesバックアップファイルから復元」モードをクリックします。

「iTunesバックアップファイルから復元」モードを選択

ステップ3:復元したいバックアップデータを選択します。

バックアップが保存してあるファイルが表示されるので、復元したいバックアップデータを選択し、「スキャン開始」をクリックします。
※バックアップデータが表示されない場合は、画面下部にある「選択」をクリックして下さい。

復元したいバックアップデータを選択

「スキャン開始」を選択するとそのままスキャンが行われます。

「スキャン開始」を選択

ステップ4:復元したいデータにチェックを入れます。

スキャンの完了後、バックアップデータが表示されるので、復元したいデータにチェックを入れます。右下の「デバイスに復元」あるいは「パソコンに復元」ボタンをクリックします。

バックアップデータの内容を全てプレビュー確認

ステップ5:バックアップからデータが復元されるので、完了するまでしばらく待ちます。

データの種類を決めていきます

以上でiOS11ベータ版をダウングレード後にデータを復元する操作は完了です。

いかがでしょうか?iOS11ベータ版をインストールするのはとても簡単ですが、ダウングレードをするとなると少し複雑になってしまいます。また、iOS11ベータ版をダウングレードするために、バックアップのアーカイブやコピーを作成して、そのバックアップからデータを復元するのも分かり難いものです。

しかし、Wondershare「dr.fone-iPhoneデータ復元」を利用することで、より簡単にデータを復元することができます。iTunesだけでデータの復元が難しいと感じたら、このソフトを利用してみではいかがでしょうか。

「dr.fone-iPhoneデータ復元」

iPhone・iPad・iPodのデータを簡単にバックアップ復元

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iOS11 > iOS11ベータ版をインストールする方法・ダウングレードする方法の紹介

All TOPICS