iOS11.3アップデートで起こるリンゴループなど起動しない不具合を解消する方法

iOS 11最新情報をまとめ

iOS 11.4
iOS 11.3
iOS 11に関する最新情報
iOS 10.3
iPhone7について
iPhone8の最新情報
iPhone8データバックアップ&復元

iOS 12最新情報をまとめ

iOS 12
Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iOS11.3アップデートでリンゴループに

iPhoneを使用中の方は、iOS11.3アップデートした際に何かの不具合で再起動が止まらなくなる事例が報告されています。こうした状態は「リンゴループ」とも呼ばれますが、初めてこのような不具合が起きるとエラーやウィルス感染などを疑ったり、iPhoneが故障したのかと心配になって修理を考える方もいるでしょう。

しかし、リンゴループになったとしても適切な対処法があります。そこで今回は、こうした不具合を解消する方法についてご紹介します。

iTunesを使えばリンゴループになってしまったiPhoneを復元できる

iOS11.3アップデート中にフリーズしてリンゴループが起きた場合、基本的に強制再起動は意味がありません。この場合は、iTunesを利用してリンゴループから復元を試みます。

方法としては、端末とパソコンをUSBケーブルを介して接続し、強制的にiPhone電源をオフします。スリープ/スリープ解除のボタンと同時に音量を低くするボタンを10秒前後押し続けましょう。アップルのロゴマークが出てもそのままの状態で押し続けて下さい。画面上にiTunesロゴとLightningケーブルのマークが示されるのを待って、ボタンから指を離します。

iPhoneに問題がある旨のメッセージがiTunes上に表示されたら、「復元」あるいは「アップデート」のいずれかを選び、作業が完全に完了するまで待ちまます。

ただし、この方法で復元を試みた場合、iPhoneが初期化されてしまい全てのデータが消えますので、バックアップの作成をしていない方はおすすめしません。

iTunes

『dr.fone』を使ってリンゴループになったiPhoneを復元

せっかくiOS11.3アップデートをしようとしてリンゴループになってしまったら、「dr.fone」というソフトの「dr.fone-iPhone起動障害から修復」機能を利用すると簡単に不具合が解消できます。


「dr.fone」はiPhoneをはじめiPadやiPod Touchなどの端末データをバックアップして復元するソフトで、様々なiPhoneトラブルに対応できる点が特徴です。

手順1.まずはメイン画面に並んだ項目から「修復」を選択。

「修復」を選択

続いて、表示される画面で「開始」をクリックして下さい。

「開始」のボタンをクリック

USBケーブルで不具合が起きたiPhoneをPC接続します。

iPhoneをUSBケーブルで接続

仮にデバイスが上手く検出されない時は、指示内容に従いながらリカバリー(DFU)モードにしましょう。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合は、
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は、
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    手順2.iOSデバイスに対応するファームウェアをダウンロードします。

    使用中の機種やモデル、OSのバージョンなどを設定したら「ダウンロード」をクリックして下さい。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    ダウンロードが開始します。数時間をかかりますので、お待ちください。

    ダウンロードが開始

    手順3.プログラムが自動で問題が起きたiOSデバイスを修復してくれます。

    iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

    プログラムが自動的に確認

    処理中は端末が正常な接続状態にあることを確認することが大切です。復旧に必要な処理は数分程度かかる可能性がありますので、完了まで待ちます。

    10分ほど経つと、iOSデバイスが通常状態に復元されて正常に起動するはずです。

    修復中

    以上のように、「dr.fone」の「dr.fone-iPhone起動障害から修復」機能を使えば、データを損失することなくリンゴループからの復元が可能です。さらに、ブルースクリーンやホワイトアップル、画面が真っ暗になるといった症状が起きた場合などにも対処できる点がメリットです。

    dr.fone-iPhone起動障害から修復

    iOS11.3アップデートでリンゴループにになったiPhoneを復元

    • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
    • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iOS11 > iOS11.3アップデートで起こるリンゴループなど起動しない不具合を解消する方法

    All TOPICS