× ありがとうキャンペーン

リンゴループでも大丈夫!iPhoneリンゴループから復元する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Sep 23,2019 •カテゴリ: iPhone起動しない

Part1.リンゴループとは?恐怖のiPhoneリンゴループについての紹介

脱獄やiOSアップデート中の事故などが原因で、iPhoneがリンゴループと呼ばれる状態に陥ってしまうことがあります。リンゴループとは、iPhoneの画面にひたすらリンゴマーク(アップルロゴ)が表示され続け、ずっとリンゴマークが繰り返し脱出できないこと。リンゴマークと再起動を繰り返すパターンもあるようです。

iPhoneリンゴループ

どれも共通しているのは、リンゴマークが表示されたまま正常に起動が出来ない!という点です。

これの主な原因は、iOSの破損、脱獄に失敗したり、iOSアップデート中にデバイスの電源が切れる等が原因で、iOSが破損してしまうと、iPhoneリンゴループに突入してしまう場合があります。とにかく、iPhoneがリンゴループになった原因はさまざまあります。

Part2.iPhoneリンゴループの直し方は?

リンゴループに入ってしまったiPhoneは、どうしたら復元することが出来るのでしょうか?iPhoneリンゴループの一般的な直し方としては、iTunesと接続させて「iPhoneを復元」する方法がとられます。このためには、まずiPhoneをリカバリーモードに移行させる必要があります。

iPhoneをリカバリーモードに入れるには、電源を切ったデバイスを、ホームボタンを押したまま、iTunesのインストールされているパソコンに接続します。これでOK。すると、iTunesがデバイスを認識し、「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見付けました」とメッセージが出るはずです。この後は、iTunesの指示に従って操作を続ければ、iPhoneをリンゴループから復元することが出来ます。

この方法でリンゴループに入ってしまったアイフォンを復元すると、iPhoneの状態を初期化することになります。iPhoneを初期化し工場出荷時の状態に戻すことでiPhoneを復元する方法なのです。つまり、iPhoneに保存されていたデータは全て消去されてしまいます。

定期的にバックアップを作成している方ならきっと困ることはないでしょう。ですが、うっかりバックアップの作成を忘れていた方は、きっと困ってしまいますよね。

リンゴループに入ってしまったiPhoneは、専門の修理業者に修理やデータの復元を頼めれば、データを復元するかもしれないですが、高い修理費を出さなければなりません。どうしようかと迷っているうちに、安心でアイフォンをリンゴループ、真っ暗な画面、iTunesに接続して下さい、などの起動しない不具合から既存データに影響なく復元できるdr.foneを紹介します。

まずは、iPhoneリンゴループから復元できるソフト「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンに無料ダウンロードしてみましょう!

Part3.iPhoneリンゴループから簡単に復元できる!しかもデータも残せる!画期的な方法

dr.fone-iPhone起動障害から修復 を使ってiPhoneリンゴループから復元する方法は、とてもカンタンです。以下の通りに操作するだけ!

ステップ1.iPhoneリンゴループから復元するソフト「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールします。

インストールが完了したらソフトを起動します。その後、USBケーブルでパソコンとリンゴループになったiPhoneを接続します。

iPhoneを接続

ステップ2.iPhoneリンゴループから復元するソフト「dr.fone」メイン画面の『修復』をクリックします。

『修復』をクリック

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

「開始」ボタンをクリック

すると画面にリンゴループになったiPhoneを操作するよう指示が表示されます。画面の指示に従ってリンゴループになったiPhoneを操作し、リカバリーモードに移行させます。

注意:iPhoneデバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、真っ暗な画面、ブルースクリーンおよびほかの起動しない症状がある場合、この「iPhone起動障害から復元」がお役に立てます。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

リカバリーモード設定C

ステップ3.リンゴループになったiPhoneに相応したファームウェアをダウンロードして、復元します

お使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

デバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定

画面上に表示されるURLにアクセスし、リンゴループになったiPhoneに相応したファームウェアをダウンロードします。

ダウンロード中

ダウンロード完了後、「いますぐ修復」ボタンをクリックします。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

ダウンロード完了

先程ダウンロードしたファームウェアを参照して適用します。たったこれだけの作業で、リンゴループになったiPhoneが今まで通り使えるようになります!

修復中

iPhoneリンゴループ復元ソフト「dr.fone-iPhone起動障害から修復」ならかゆいところに手が届く

このソフトがあれば、iPhoneに保存されたデータを一切消さずに、iOSを修復してリンゴループになったiPhoneを元通りの状態にすることが出来ます。iTunesを使う場合よりも便利ですよね。操作もそれほど難しくないので、どなたにでもこのソフトは扱うことが出来ます。

Part4.iPhoneリンゴループになる前、定期的にバックアップをしましょう

iPhoneリンゴループに入ってしまった場合、いろいろな方法で脱出することができそうですが、日頃からiPhoneバックアップして、万が一に備えておきましょう。

もしあなたのiPhoneがリンゴループになってしまったら、そのときは是非wondershare「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用して下さい!

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」

iPhoneをリンゴループから復元する

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 13に完全対応!
Home > How-to > iPhone起動しない > リンゴループでも大丈夫!iPhoneリンゴループから復元する方法

All TOPICS