iPhone8リカバリーモード解除-iPhone8をリカバリーモードから解除

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

突然iPhoneの画面にiTunesのロゴとLightningケーブルのイラストが表示されたという経験はありませんか? これは、iOSのアップデート中にiPhoneの電源やネットの接続が切れてしまうなど、何らかの影響によってiPhoneが自動的にリカバリーモードになってしまうことが原因です。リカバリーモードになってしまう原因は、主にiOSのアップデート時に起こる不具合が多くの割合を占めています。

では、どうしたらiPhone8をリカバリーモードから解除できるのでしょうか?今回はiPhone8をリカバリーモードから解除する方法を紹介したいと思います。

iTunesを使ってiPhone8をリカバリーモードから解除

突然のリカバリーモードは、強制再起動を行なうことで対処できる場合があります。しかし、この方法でも元に戻らない場合はiTunesを利用してiOSの再インストールが必要です。

  1. パソコンからiTunesを起動します。
  2. iTunesのバージョンが最新かどうか確認して、iPhone8をパソコンに接続します。
  3. 接続できたら、iTunesに「アップデートまたは復元を必要としているiPhone“iPhone”に問題があります」というログが表示されるので、「アップデート」をクリックします。

また、ここで「復元」をクリックしないように注意して下さい。「復元」してしまうとiPhoneが初期化されてしまうので、バックアップを行なっていない場合はおすすめしません。

無事にiOSのアップデートが終われば、リカバリーモードの解除は完了です。iOSのアップデートでもリカバリーモードを解除できない場合は、iPhoneを復元することで解除できます。しかし、この方法はiPhoneを初期化させてしまうので、iTunesやiCloudにデータをバックアップしておく必要があります。

itunes

iPhone8を復元する

上記の手順3.のように「アップデート」ではなく、今度は「復元」の方からiPhone8を復元することができます。またログが表示されるので、「復元と更新」をクリックして「同意する」と進んでいくと、復元完了後にiPhoneが再起動されます。

次に「ダウンロードして更新」を選択し、「OK」をクリックします。そして、「新しいiPhoneとして設定」か「このバックアップから復元」を選択し、「続ける」をクリックして操作は完了です。後はiPhone上の操作になります。

dr.fone-iPhone起動障害から修復」でiPhone8をリカバリーモードから解除

iPhone復元ソフト「dr.fone」の機能の一部である「起動障害から修復」を使って、iPhoneをリカバリーモードから解除することができます。この「dr.fone-iPhone起動障害から修復」は、データの損失を起こさずに、正常に起動しないiPhoneの不具合を修復してくれます。リカバリーモードの解除はもちろん、リンゴループやブルースクリーンなど、様々な起動しない症状を修復します。


ステップ1:メイン画面から「修復」をクリックします。

パソコンから「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を起動します。メイン画面から「修復」をクリックします。

「修復」を選択

ステップ2:「開始」をクリックします。

次に「デバイスは以下の症状がある場合」と書かれた下にある「開始」をクリックします。

「開始」のボタンをクリック

ステップ3:iPhone8をパソコンに接続します。

「開始」のボタンをクリック

ここで、もしもデバイスが検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合は

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    ステップ4:お使いのiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定します。

    修復用のファームウェアをダウンロードするので、お使いのiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定して「ダウンロード」をクリックします。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    ダウンロードが開始します。数時間をかかりますので、お待ちください。

    ダウンロードが開始

    iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

    「いますぐ修復」をクリック

    ステップ5:iPhone8を通常の状態に修復します。

    iPhone8のファームウェアのダウンロード完了後、プログラムが自動的に確認され、iPhone8を通常の状態に修復します。修復が完了するまで数分かかる場合があります。しばらくお待ち下さい。

    修復中

    これでiPhone8をリカバリーモードから解除する操作は以上です。

    iPhone8をリカバリーモードから解除する方法を紹介しましたが、いかがでしょうか? iPhone8はまだ発売されていませんが、iTunesはiPhoneやiPad、iPodの専用アプリなので必ず対応することでしょう。

    また、「dr.fone-iPhone起動障害から修復」も現在最新のiPhone7/7 Plusが対応されているのを見ると、iPhone8発売後に追々対応されるのではないでしょうか。

    dr.fone-iPhone起動障害から修復

    • データ損失なしで、iPhone8をリカバリーモードから解除・復元!
    • iPhone8をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhone8 > iPhone8リカバリーモード解除-iPhone8をリカバリーモードから解除

    All TOPICS