Wondershare Dr.Fone - iPhone起動障害から修復new

自宅で「iOSシステム」問題を修復できる

ios system recovery feature 1 データ損失を気にせず、iOSデバイスの不具合を修正
ios system recovery feature 2iPhoneリンゴループ/再起動の繰り返しなど様々なiOSシステムの問題を解決
ios system recovery feature 3 iPhone/iPad/iPod touchなど全機種に対応し最新のiOS 14をサポート
ios system recovery feature 4 シンプルな操作手順で初心者の方でも、iOS不具合を修正
100%安全・安心 | マルウェアなし

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

対応OS:

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」が選ばれる理由

iOSデバイスに不具合が起きたら、ほとんどの人はまずiTunesを使うでしょう。事前にバックアップをとっていれば、iTunesを使えばなんとかなるかもしれません。ですが、バックアップを取っていないとiTunesでの復元は不可能です。さらにiTunesでエラー表示が出てしまうと、更に操作が複雑になります。そんな時は「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をお試し下さい。 iOSシステムのあらゆる不具合を修正し、デバイスを元に戻すことができます。その上、操作はとても簡単なので10分程度でこのツールを使いこなせます。

あなたもプロのように、あらゆるiOSの不具合を解消できます。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用すると、ブラックアウト、リカバリーモードとロゴ画面でフリーズするなど、よくある不具合やエラーを修正できます。「Dr.Fone」は修復プロセスを分かりやすく改善、専門知識を持っていない方でも簡単にiOS不具合の修正を可能にしました。

stuck in recovery mode
リカバリーモードでのフリーズ
stuck in dfu mode
DFUモードでのフリーズ
white screen of death
ロゴ画面から進まない
iPhone black screen
ブラックアウト
iPhone boot loop
iPhoneブートループ
iPhone frozen
iPhoneのフリーズ
iPhone keeps restarting
iPhoneは再起動を繰り返す
fix more ios problems
その他の不具合など
ios system recovery without data loss

データを損失せずにiOSを修復

iOSの不具合を修復する方法は沢山ありますが、データが危険にさらされることも非常に多いです。しかし、「Dr.Fone」を使えば、そのような心配はありません。必要なのは、デバイスをPCに接続し、数回クリックをして先に進むことだけです。あとは「Dr.Fone」にお任せください。ほとんどの場合、データを失うことなくiOSの不具合を修正できます。

iTunesを使わずにiOSをダウングレード

iTunesを使って、iOSをダウングレードするのは想像以上に面倒な作業です。今の「Dr.Fone」は、iOSをダウングレードすることもできるようになりました。さらに重要なのは、「Dr.Fone」を使ってダウングレードしたことによって、iPhoneのデータが消えることはありません。もちろん、脱獄も不要です。

ios system recovery - downgrade ios

iOSの不具合を修正するには?

現在、Dr.Foneは不具合をより効率的に修正するために、2つのiOS修復モードを提供しています。スタンダードモードを使えば、データを損失することなく、ほとんどの不具合を修正できます。一方、アドバンスモードを使えば、スタンダードでは修復できない複雑な問題を修正できますが、デバイス上のすべてのデータが消去されます。

how to fix ios system

種類の修復モード

スタンダードモード
ios system recovery standard mode

データを失うことなく、ほとんどのiOS不具合を修正できます。

アドバンスモード
ios system recovery advanced mode

深刻なiOSの不具合を修正できますが、デバイス上のデータはすべて消去されますのでご注意ください。

3ステップでiOSシステムを修復

Dr.Fone(ドクターフォン)は、iOSの不具合を解消でき、操作がとても簡単で修復率が最も高いツールです。

ios system recovery step 1
1

ステップ1:Dr.Foneを起動し、iPhoneをPCに接続。

ios system recovery step 2
2

ステップ2:デバイスに適したファームウェアをダウンロード

ios system recovery step 3
3

ステップ3:修復ボタンをクリック、デバイスを修復。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

ios system recovery download 100%安全なダウンロード。世界中の1億5,300万人以上のユーザーから信頼されています。
download ios system recovery

動作環境

CPU

1GHz(32ビットまたは64ビット)

RAM

256 MB以上(1024 MB推奨)

ハードディスク容量

200 MB以上の空き容量

iOS

iOS14、iOS 13、iOS 12 / 12.3、iOS 11、iOS 10.3、iOS 10、iOS 9以前

コンピュータOS

Windows: Win 10/8.1/8/7/Vista/XP
Mac:10.15(macOS Catalina)、10.14(macOS Mojave)、Mac OS X 10.13(High Sierra)、10.12(macOS Sierra)、10.11(El Capitan)、10.10(Yosemite)、10.9(Mavericks)、または10.8

iOSシステム修復に関するFAQ

iPhoneユーザーであれば「リカバリーモード」と「DFUモード」について聞いたことがあるかもしれません。具体的に何を示すのか疑問に思っている方も多いかと思います。ここでは、それらの定義と違いについてご紹介します。

リカバリーモードとは、iPhoneに不具合が発生した時に、自動的に起動されるプログラムです。iPhoneの中核である「iBoot」を通じ、iPhoneを復元またはアップグレードします。この場合、データを残したままデバイスを復元できる可能性があります。

一方、DFUモードでは、iOSデバイスを任意の状態から復元できます。iTunesにデバイスを強制的に認識させ、iOSを修復しますので、リカバリーモードよりも徹底的にデバイスを復元できますが、データがすべて消えてしまいます。

突然iPhoneの電源が入らなくなったら、以下のことを試してみてください。

  1. iPhoneを充電してから電源を入れてみてください。シンプルですが、これにより、問題が解決されることがあります。
  2. iPhoneを強制的に再起動させます。電源ボタンとホームボタンを約10秒間長押し、アップルのロゴが表示されたら指を放してください。そうするとiPhoneは強制的に再起動がかかります。
  3. 「Dr.Fone」を使ってみましょう。 データを損失せずにiPhoneを復活させることができます。 iPhoneをPCに接続し、指示に従ってファームウェアをダウンロードします。その後、iPhoneの不具合は修正されます。
  4. iTunesを使用し、DFUモードでiPhoneを復元します。これは、iPhoneを修復するための最終手段です。ただしこの場合、データは全部消去されます。

画面が真っ暗になり反応しなくなったら、まず、システムに問題があるのか、それともスマホ本体に問題があるのかを判断する必要があります。もしスマホの本体に問題がなければ、原因はアップデートに失敗したことや、不安定なファームウェアが不具合を起こしたことが考えられます。通常、デバイスを強制的に再起動させることや、デバイスを復元することによって解決できます。「Dr.Fone」を使う場合、たったの数ステップでこのような不具合を修正できます。

それでも問題が解決できなければ、スマホ本体に問題がある可能性が高いと思われます。その場合、お近くのApple Storeや正規サービスプロバイダーにお問い合わせすることをおすすめします。

ご存知かと思いますが、工場出荷時設定にリセットすると、iPhoneのすべての情報と設定が消去されます。そうすることによって、デバイスの不具合が解消されることもあります。また、個人情報もすべて削除されるので、iOSデバイスを売却したい時にも役に立ててくれます。ですが、リセットする前に、データをバックアップすることを忘れないでください。

  1. [設定] > [一般]> [リセット] > [すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします。
  2. 〈Apple ID/パスワード〉を入力します。
  3. Apple IDパスワードを入力します。
  4. 確認ボタンをタップすると、リセットプロセスが開始されます。数分かかる場合があります。これでiPhoneは工場出荷状態に復元されます。

iPhoneがAppleロゴ画面でフリーズしてしまった場合は、次の手順を試してみてください。

  1. iPhoneを強制的に再起動します。これが一番シンプルな方法であり、データが失われることもありません。
  2. Dr.FoneでiPhoneの不具合を修正します。データを失うことなく、iPhoneの不具合を修正する最も速く簡単な方法です。
  3. iTunesでiPhoneを復元します。 (※バックアップをとっていない場合は、すべてのデータが消去されます)
  4. iPhoneをDFUモードで復元します。これは、すべてのiOSデバイスを修復するための最終手段となります。(※バックアップをとっていない場合は、すべてのデータが消去されます)

iPhoneのロゴから進まないという不具合を解消するより詳しい手順については、こちらをご覧ください。

その他の人気機能

Dr.Fone - iPhoneスマホ管理

連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオなどのデータをiOSデバイスとPC間で自由に転送

Dr.Fone - iPhoneデータ復元
Dr.Fone - iPhoneデータ復元

iPhoneの削除されたメッセージ、写真、メモを復元

Dr.Fone - iPhone画面ロック解除
Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

あらゆるiOSデバイスの画面ロックを簡単解除