iPhone7・7 Plusバックアップ-iPhone7・7 Plusのデータをバックアップする3つの方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhone7・7 Plusは更に魅力的なアプリが実装されており、沢山の容量のデータを保存される方も多いかと思いますが、気になるのはそのデータが消えてしまった場合の対応になります。

特に今回から実装されるiメッセージは端末に縛られずに使用できるので、もし消えてしまうと全ての端末で使用できなくなるのです。 他にも電話帳などの大事なデータ等日常生活に影響を出してしまうデータの誤削除もあるので、バックアップ対応は必要なのです。

そんなiPhone7・7 Plusでバックアップする方法ですが、現在3つの方法がありますので、詳しく紹介します。

iPhone7をiTunesでバックアップする方法

こちらの方法が一番簡単ですが、同期という時間がかかるバックアップ方法となっています。

対応方法としてはiTunesをインストールしているパソコンにiPhone7・7 Plusを接続するだけで同期が始まります。 毎日充電も含めて、iTunesをインストールしているパソコンに接続すると気軽に対応できます。

iTunes

iPhone7をiCloudでバックアップする方法

基本はiTunesと同じ仕組みとなっておりますが、クラウドというサーバーの保存するのでログインするという作業が必要になります。

サーバーに保存するのでデータの安全面が強化されますが、サーバーに保存する分手間が増えてしまいます。

どうしても安全面を強化したいと考えている方は、こちらの方法でバックアップを取得しましょう。

iCloud

dr.fone-iPhoneデータのバックアップ&保存」でiPhone7をバックアップ

ステップ1:「バックアップ」に入り、バックアップしたいiPhone7のデータを選択

iPhone7をPCに接続後、メイン画面の「バックアップ」機能をクリックします。

「バックアップ」機能をクリック

表示された画面で、真ん中の「バックアップ」ボタンをクリックします。

「バックアップ」ボタンをクリック

パソコンにバックアップしたいiPhone7のデータタイプを選択します。

データタイプを選択

ステップ2:データを分析、バックアップが開始

「バックアップ」をクリックすると、iPhone7上のデータを分析し始めます。 分析が完了後、データのバックアップが開始します。

データのバックアップが開始

ステップ3:iPhone7のバックアップしたデータをPCに保存

iPhone7データのバックアップが完了しまして、「PCへエクスポート」をクリックすると、データを全てパソコンにバックアップ保存することができます。

「PCへエクスポート」を選択

もちろんiPhone7データ復元する方法は沢山ありますが、万が一のために、バックアップを選択して後悔しない方にしましょう。

特にバックアップは後で間違えて削除してしまった場合に復元する時にお世話になるので、拘りを持って対応することで復元が楽しくなります。

また、復元する場合は単体でグループごとに対応するソフトがiTunesやiCloudになるので、復元する場合は自分のスタイルにあわせて復元したいという場合は「dr.fone-iPhoneデータのバックアップ&保存」というソフトが良いでしょう。

dr.fone-iPhoneデータのバックアップ&保存

iPhone7・7 Plusのバックアップの対応方法

  • 1-ClickでiPhone・iPad・iPod Touchの既存データをPCにバックアップ。
  • バックアップ可能なデータタイプは連絡先、写真、動画、アプリなど。
  • バックアップされたデータをiPhone・iPad・iPod Touchへ復元可能。
  • バックアップを復元中、iOSデバイスに存在しているデータの損失なし。
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone7 > iPhone7・7 Plusバックアップ-iPhone7・7 Plusのデータをバックアップする3つの方法

All TOPICS