iOS 11アップデートX
無料体験

iOS10.3ダウングレード:iOS10.3をiOS10.2/10.1へダウングレードする方法の紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneがiOS10.3/iOS10.3.1ダウングレード前の準備

3月28日AppleがiPhoneやiPadなどのiOSデバイス向けに、iOS10.3アップデートの配信を開始しました。今回のアップデートでは、iPhoneを探すでAirPodsの所在地を調べることが出来るようになった他、マップアプリで時間毎の天気の確認などが出来る機能が追加されました。さらに、2017年4月5日(水)、iOS10.3.1のアップデートが解禁されました。

iOS10.3/iOS10.3.1の対象機種はiPhoneはiPhone 5以降、iPadは第4世代以降、iPod touchは第6世代以降のモデルとなります。しかし、iOS10.3にアップグレードを行うと引き出せる性能の限界値が向上したり、搭載されていなかった新しい機能が追加されたりします。

基本的にはメリットしかないアップグレードですが、場合によってはダウングレードというものを行うこともあります。最新バージョンのiOS10.3ですが、アップグレードを純粋な性能の引き上げる一方、なかなか使い慣れない方もいらっしゃいますよね。したがって、iOS10.3からiOS10.2あるいはiOS10.1へダウングレードしたい方がいらっしゃいます。

また、iOS10.3のような最新のアップグレードが安定していない場合でも、使用上の問題を避けるといった狙いがあります。また、データのバックアップを取っておくとダウングレードを行う時も安心かつ、安全ではないでしょうか。

関連記事:iPhoneバックアップする3つの方法

iOS10.3/iOS10.3.1からダウングレードする手順

まずはiTunesが最新の状態に更新されているか確認を行いましょう。

ステップ1. ipsw.meというページに移動して、お使いのiPhoneに相応したファームウェアをダウンロードします。
ステップ2. お使いのiPhoneをパソコンに接続して、iTunesを起動します。
ステップ3. iTunes画面のデバイスマークをクリックして、概要を選択します。
ステップ4 iPhoneをDFUモードに入ることを設定します。具体的な操作方法は以下のとおりです。
最初にデバイスの電源を切ってください。USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。
ステップ5. すると、 iTunesで「iPhoneがリカバリーモードになった」ようなメッセージが表示されます。
ステップ6. ホームボタンをはずして、iTunesの「iPhoneを復元」をクリックします。
ステップ7. ダウンロードされたiOS10.2のファームウェアー「IPSWファイル」を選択します。後は提示の内容によって操作すれば、簡単にiOS10.3からiOS10.2にダウングレードすることができます。

iOS10.3/iOS10.3.1からiOS10.1にダウングレードする方法は上記と同じです。

iOS10.3からiOS10.2にダウングレード

iOS10.3/iOS10.3.1ダウングレード後のデータ復元方法

そして、最後に紹介させて頂いたdr.fone-iPhoneデータ復元を使って、iOS10.3/iOS10.3.1ダウングレードを行った後のデータ復元方法を説明させて頂きます。

ステップ1.iOS10.3/iOS10.3.1ダウングレード後のデータを復元できるソフトを起動します。

iTunesにデータのバックアップを保存してある場合は、dr.fone-iPhoneデータ復元のメイン画面のiTunesバックアップから復元をクリックすると、バックアップファイルが表示されます。

USBケーブルでパソコンとデバイスを接続

ステップ2.iOS10.3/iOS10.3.1ダウングレードした後のiPhoneのデータをスキャンします。

そうしましたら、復元したいファイルを選んで、「スキャン開始」ボタンをクリックして、iPhoneのデータをスキャン開始します。

ステップ3.iOS10.3/iOS10.3.1ダウングレードした後のiPhoneのデータを復元します。

スキャンが終わりましたら、バックアップデータの内容をプレビューすることも出来ます。最後に復元したいファイルを選び、デバイスに復元を選択します。

iCloudにデータのバックアップを作成している場合は、dr.fone-iPhoneデータ復元のメイン画面のiCloudバックアップから復元をクリックします。次にiCloudサインイン画面にアカウントの情報としてApple IDやパスワードを入力したら、右矢印のボタンをクリックします。 そうしましたら復元したいファイルのバックアップを選んで、ダウンロードボタンをクリックします。スキャンが終わりましたら最後にOKボタンをクリックして復元を開始しましょう。

iPhone本体にバックアップを保存している場合は、dr.fone-iPhoneデータ復元のメイン画面のiOSデバイスから復元を利用して、削除したデータを復元できます。

このdr.fone-iPhoneデータ復元はデータの復元だけではなく、起動障害からも修復できる多彩な機能を持っています。その為、持っていたとしても決して損にはならいPCソフトと言えるのではないでしょうか。

dr.fone-iPhoneデータ復元

iOS10.3/iOS10.3.1ダウングレード後のデータを復元

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone -  iPhoneデータ復元 (Japanese)
dr.fone - iPhone起動障害から修復 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iOS11 > iOS10.3ダウングレード:iOS10.3をiOS10.2/10.1へダウングレードする方法の紹介

All TOPICS

Top