X 春の販促活動
無料体験

iOS10.3はいつ?シアターモードを搭載するiOS10.3はいつアップデートできる?

Wondershare iPhone Data Recovery

世界初のiOS & Androidデータ復元ソフト

業界で高い復元率

ios data recoveryandroid data recovery

2017年1月に公開されるiOS10.3ベータ1では、新たに「シアターモード」機能を搭載する噂があります。正式なiOS10.3バージョンはいつアップデートできますか?対応機種は?今回は一緒に確認してみましょう。

最新iOS10.3のアップデートはいつ頃行われるのか、噂によると2017年の1月中と言われていますが、その詳細を調べてみました。現段階ではiOS10.3のベータ版7ですが、正式版は3月28日に、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 10.3」の配信を開始しました。さらに、2017年4月5日(水)、iOS10.3.1のアップデートが解禁されました。

iOS10.3主なアップデート内容は?

iOS10.3のアップデートにより、「iPhoneを探す」でワイヤレスイヤフォンの「AirPods」を探したり、Siriを使って支払いアプリの請求書を探したり、配車の予約をしたりできるようになりました。

iOS10.3に搭載されるシアターモードは?

iOS10.3は、コントロールセンターに追加されたポップコーン型のアイコンを通して「シアターモード」を選択できるとのことです。そのシアターモードは一体どんな機能でしょうか、詳しい情報はまだわかっていないですが、「機内モード」に近い機能を持ったものではないかと予測されています。

この「シアターモード」は「映画館に適した設定」にできるようになるのではないか、と述べています。つまり、起動すると音声やハプティック・フィードバックがオフに、電話やメッセージも届かず、スクリーンの明るさも暗く抑えられるようになるという、「機内モード」の一種なのではないかというわけです。

iOS10.3にダークモードを搭載可能?

今回のiOS10.3では、アップルユーザーが待望の「ダークモード」を追加する可能性が高いということも噂になっています。「ダークモード」は操作時に画面の発光が抑えられ、また着信や通知などの効果音が全てOFFにできるモードなら映画館以外(寝室など)でも使えそうです。iPhoneの機能の大きな変化にはなるでしょう。ただ、「ダークモード」は有機EL(OLED)ディスプレイと相性が良いということなので、本格的な機能が使用されるのは次期iPhoneにて、そうしたディズプレイが搭載されてからといった形になるかもしれません。しかし、正式なiOS10.3では、「ダークモード」機能がついていないですが、次回の新バージョンで期待してもよろしいかと思われます。

「シアターモード」を選択

2017年のAppleの最初の動きとしてiOS10.3には注目しています。そんな魅力的なバージョンなら、ぜひアップルユーザーは見逃すことなく、アップデートするでしょうね。

iOS10.3(iOS10.3.1)にアップデートする注意事項

今回のiOS10.3(iOS10.3.1)のアップデート対象はiPhoneはiPhone 5以降、iPadは第4世代以降、iPod touchは第6世代以降のモデルとなります。iPhone、iPad、iPod touchは新しいiOS10.3(iOS10.3.1)へアップデートすると、データのバックアップなどの操作が必要だと思います。念のためですが、iPhone、iPad、iPod touchのデータを事前にバックアップしておきましょう。

関連記事:iPhoneバックアップする3つの方法

iOS10.3(iOS10.3.1)にアップデートする方法

iOS10.3(iOS10.3.1)へアップデートする方法なら、iOSデバイスの本体でアップデートする方法やパソコンのiTunesでiOS10.3(iOS10.3.1)へアップデート2つの方法があります。今回はiPhoneでiOS10.3(iOS10.3.1)にOTAアップデートする方法を紹介します。

まずは、設定→一般をタップして、ソフトウェア・アップデートをタップします。次は、ダウンロードとインストールをタップします。表示される利用規約を同意して、あとはiOS10.3(iOS10.3.1)のダウンロード、インストールと自動で進むので、完了するまで待ちましょう。

iOS10.3にOTAアップデート

上記の方法で無事にiOS10.3(iOS10.3.1)へアップデートしたらいいですが、iOS10.3(iOS10.3.1)にアップデート途中で、避けられない不具合が起こる恐れがあります。アップデート中、リンゴループ、リカバリーモード、ブルースクリーン、真っ暗な画面など、動かないという症状です。 iOS10.3(iOS10.3.1)へのアップデート途中でリンゴループ不具合が起こる場合、iTunesを開き、「iPhoneを復元」というボタンをクリックすることで、iOS端末をリンゴループから解消して、復元できますが、データが全て消えるのは残念なことです。 iOS端末上のデータをそのまま残して、リンゴループ不具合から解消したいなら、WondershareのiOS10.3(iOS10.3.1)アップデート対策ソフトdr.fone-iPhone起動障害から修復がお役に立てます。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

これ一本で、安心にiOS10.3(iOS10.3.1)へアップデート!

  • iOS10.3(iOS10.3.1)へアップデート途中に起こる起動しない不具合を修復。
  • データ損失なしで、リンゴループ、ブルースクリーン、真っ暗な画面など不具合からiPhone・iPad・iPod touchを復元。
  • iPhone・iPad・iPod touch全機種に対応。
  • 最新のWindows 10、Mac 10.12、iOS10に対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone -  iPhoneデータ復元 (Japanese)
dr.fone - iPhone起動障害から修復 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iOS11 > iOS10.3はいつ?シアターモードを搭載するiOS10.3はいつアップデートできる?

All TOPICS

Top