Dr.Fone - スマホ管理

あなたの専属データマネージャー

  • iPhone/iPadの連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオを転送。
  • データを自由にエクスポート、追加、削除。
  • あらゆるiOSデバイスに対応。
  • iTunesを使わなくてもデータをiOSデバイスとPC間で転送可能。
無料ダウンロード
「スマホ管理」を動画で見る

パソコンからiPhoneにデータを転送する方法

パソコンからiTunesにデータを転送したい時、ほとんどの方はiTunesを使うでしょう。ですが、なかなかiTunesに慣れない方もいらっしゃるかと思いますので、今回は、iTunesでデータを転送する方法と、iTunesよりも扱いやすいソフトをご紹介します。

iTunesでパソコンからiPhoneにデータを転送する方法

  1. まず、iTunesを起動した後に、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。
  2. そうするとiPhone画面に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」と表示されるはずです。ここは「許可する」を選びましょう。
  3. iTunesの左上にあるスマホマークをクリックし、左側のメニューにある「ファイル共有」をクリックします。
  4. そうすると右側の画面が切り替わり、右下の「ファイルを追加」をクリックし、転送したいデータを選択します。
  5. 選択が終わったら、その隣にある「保存先」をクリックし、転送先となるフォルダを選択すればOKです。

Dr.Fone - iPhoneスマホ管理」でiPhoneとパソコンでデータを転送しよう

先に手持ちのパソコンからiPhoneにデータを転送する方法を説明してまいりましたが、操作が多少面倒なため、慣れない方が多いです。そういう方々のために、iTunesよりも使いやすいソフト、「Dr.Fone」(ドクターフォン)を紹介します。

「Dr.Fone」は、スマホのあらゆる需要を満たせると言われているツールです。データをデバイス間で自由に転送できるのはもちろん、不具合の修復や、紛失データの復元、さらに位置情報を偽装することまでできます。今回の話題は「データ転送」なので、「スマホ管理」という機能をメインにより詳しく説明します。

「スマホ管理」機能を使えば、iOSとiTunes間、PC間でデータを簡単に転送できます。しかも、あらゆるファイル形式に対応していますので、データをストレスなく管理することができます。

それでは、「Dr.Fone」を使ってiPhoneからパソコンにデータを転送する方法も一緒に見ていきましょう。

「Dr.Fone」をインストールし、スマホ管理機能を開きます。

「スマホ管理」機能を選択

上部に「音楽」、「ビデオ」、「写真」、「情報」、「アプリ」、「ファイル管理」がありますが、今回は音楽を転送することにしましょう。

ファイルをPCに転送

転送したい音楽を選び、「PCにエクスポート」をクリックして、「OK」をクリックすれば音楽はパソコンに転送されます。

PCに音楽を転送

まとめ

いかがでしたでしょうか。iTunesよりかはわかりやすいかと思います。

前にも述べましたが、スマホ管理だけではなく、他にも強力な性能を備えています。サービスによっては有料なものもありますが、ダウンロードは無料なので、とりあえずダウンロードして損はないでしょう。ぜひ一度その使いやすさを体験してみてください。

Dr.Fone-iPhoneデータ転送

iPhone/iPadなどのiOSデバイスとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送

  • iPhone、iPadの間に連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオなどを転送
  • エクスポート、追加、削除などの操作でiPhone、iPadのデータを管理
  • iTunesを使わずにiPhone、iPadのデータをパソコンに転送・保存
  • iOS 13に完全対応
Home > How-to > iPhoneデータ転送 > パソコンからiPhoneにデータを転送する方法

All TOPICS