パソコンからiPhoneにデータを転送する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

パソコンとiPhoneを繋いでデータをやり取りする際、iTunesを使って音楽、写真の転送というのが一番使われている方法ではないでしょうか。 他のWindows10パソコンからiPhoneにデータを送る時は、音楽や写真以外のデータも扱えれば利便性が増すというものです。 しかし、これを行うにはいくつかの方法があり、どれが一番良い方法なのかを知っていただければと思います。

パソコンからiPhoneデータを転送する一般方法の紹介

iTunesを使った方法

お手持ちのパソコンにiTunesがインストールされていれば基本的にデータのやり取りは可能です。 その方法を説明しましょう。

iTunesの準備と起動

iTunesを起動した後、USBケーブルでパソコンにつなぎます。 繋いだ時にパソコンは、「フォト」というプログラムを自動的に起動させます。 これは写真と動画をパソコンに取り込むものなので、「閉じる」ボタン→「×」の順番にクリックして終了させましょう。 同時にiPhone側画面に繋いだパソコンが信頼できるマシンかどうかを聞いてくる画面が出て来る時があります。 これは「信頼する」、または「許可する」を選んでください。 ここでiTunesの左上にスマホのマークと左側のデバイスにiPhoneの名前が表示されれば準備終了です。

パソコンからiPhoneデータ転送する方法

1.iTunesの左上にあるスマホマークをクリックすると表示がそのiPhoneの概要を説明したものに切り替わります。 左側メニュー「ファイル共有」をクリックします。

2.画面中央部分に共有するアプリデータの種類を選ぶメニューが出てきますので、ここではメニュー下方にある「ファイルマネージャ」を選択します。

3.右側の画面が切り替わり右下の「ファイルを追加」ボタンをクリックし、パソコンの中にあるファイルデータを選びます。

4.データを選択し、「開く」をクリックすると右画面にファイル名が追加されました。 右下の「終了」ボタンをクリックします。

5.最後にiPhone側の「ファイルマネージャ」を開くとコピーされたデータを確認する事ができます。 USBケーブルを抜く際はデバイスのiPhone名にマウスを置くと「三角印」が表示されますので、ここをクリックしてから抜いてください。 使いのパソコンにインストールしてお試しください。

Wondershare「dr.fone-データ転送 (iOS)」でパソコンからiPhoneにデータを転送する手順を紹介します。

先に手持ちのパソコンからiPhoneへのデータ転送を説明しましたが、少し複雑で操作を間違えやすいという欠点があります。 そこで使っていただきたいアプリがWondershare製「dr.fone」(ドクターフォン)です。

dr.fone-データ転送 (iOS)」は無料体験が可能です。まずは以下ダウンロードボタンをクリックして、お使いのパソコンにインストールしてお試しください。


「dr.fone」の仕組み

「dr.fone」はパソコンとスマホ間のデータ管理を分かりやすく操作する「橋渡し」的な機能を持ったプログラムです。 お互いのマシンにdr.foneをインストールする事によってOSの垣根を取り払い、自由で手軽なファイル管理をする事が可能です。 他の機能も沢山あるのですが、今度は「dr.fone-データ転送 (iOS)」を使ったパソコンからiPhoneへのデータ転送を説明します。

まずパソコンにはWindows版の「dr.fone」をインストールしましょう。

ステップ1. 「dr.fone」をインストール後、USBケーブルでiPhoneを繋ぐと機器認証の画面からiPhone側にphoto trance(フォトトランス)アプリのインストールを促す画面がパソコンに表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。

インストール

ステップ2. iPhone側の「設定」メニューの中に「プロファイルとデバイス管理」がありますのでタップして進みます。

ステップ3. 「エンタープライズAPP」下の「GOLD,APP」をタップすると青文字で「GOLD,APPを信頼」と出てきますのでタップします。

ステップ4. 赤文字の「信頼」をタップしたらパソコン側でiPhone中のファイルを操作する準備が終わります。

「dr.fone」のファイル操作

iPhoneの接続が成功すると、パソコン側「dr.fone」の画面に端末の名前が表示されます。 また画面上部の青い帯には、これから操作するファイルの項目を選択できるようになります。

パソコンに保存してある写真をiPhoneに転送する方法

ステップ1.「dr.fone-データ転送 (iOS)」を起動したら、メイン画面にある転送を選択して下さい。

転送機能を選択

ステップ2.青い帯に「写真」と書かれた印をクリックするとiPhoneに保存された写真が撮影した年月毎に表示されます。

バイスメディアをiTunesに転送を選択

ステップ3.「ホーム」と書かれた下に右矢印が書かれたボタンが2つ並んでいますので、左の「追加」ボタンをクリックします。 「ファイル」と「フォルダ」の文字の「ファイル」をクリックします。

ステップ4.「OK」をクリックすれば写真ファイルはiPhoneの写真に転送されます。

音楽ファイルを選択

ステップ5.iPhone側に「アクセス許可を求めています」と表示されますので「許可」をタップしましょう。

まとめ

iPhone側の「写真」をタップするとアルバム内に転送された写真が確認できます。 写真の他、ビデオ動画や音楽ファイルを転送することもできます。 体験版ですと使用制限が付いて10回までの操作しか出来ませんが、iTunesに比べ「dr.fone-データ転送 (iOS)」でファイル転送が分かりやすくなっていますので何度か試してご購入していただければと思います。

dr.fone-iPhoneデータ転送

iPhone/iPadなどのiOSデバイスとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送

  • iPhone、iPadの間に連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオなどを転送
  • エクスポート、追加、削除などの操作でiPhone、iPadのデータを管理
  • iTunesなしでiPhone、iPadのデータをパソコンに転送・保存
  • iOS 11に完全対応
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ転送 > パソコンからiPhoneにデータを転送する方法

All TOPICS