Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOS15にアップデートする時に表示されたエラーを修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。.
  • 最新のiOS 15とiPhone13をサポート。
  無料ダウンロード     無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iOS14/iOS15にアップデートする時にエラーが起きたら?解決法を紹介

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS14

iPhoneのiOSアップデートは、新機能の追加だけでなくセキュリティの強化などもされるので、リリースされたらできるだけ早く実行しておきたいものです。特に、iOS14は数々の新機能が追加される大型アップデートです。

しかし、大型アップデートの時はエラーも起こりやすいものです。今回は、iOS14にアップデートする時にエラーが起きた時の対処法を詳しく解説していきます。

追記:Appleは、2021年9月に最新のiOS15を発表します。本記事に言及したiPhoneのアップデートエラーを修復する方法はiOS14だけではなく、最新のiOSバージョンiOS15に対応済みです。

iOS14/iOS15にアップデートする前の確認事項

iOS14/iOS15は大型アップデートです。普段のアップデートよりもトラブルが発生する可能性が高いので、必ずiPhoneの空き容量を確認しておきましょう。

iPhoneのストレージを確認し、不要な写真、動画、アプリなどを削除してください。必要な容量より若干余裕を持っておくと、エラーがより起きにくくなります。

また、アップデートは必ずネット環境が安定しているところで行ってください。

通常のアップデートよりも時間がかかるので、Wi-Fi環境が整っている場所で行うのがおすすめです。

そして、案外忘れがちなのがバッテリーです。iPhoneのアップデートはバッテリーの残量が50%以上でないと実行されません。充電を十分した状態でアップデートを行いましょう。

なお、万が一に備えてデータのバックアップを取っておくとより安全です。

iOS14/iOS15にアップデートする時にエラーが起きた時の対処法

iOS14/iOS15をアップデートする際にエラーが発生した場合、以下のようなことを試してみましょう。

方法1 「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」でiOS14/iOS15にアップデートする時に表示されたエラーを修正する

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使えば、 iOSシステムのシステム障害を修復してデバイスを正常に戻すことができます。

プロファイルを削除したり再起動したりしてもエラーが出てインストールが実行されない場合は、「Dr.Fone - 起動障害から修復」を試してみてください。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能

最新版:iPhone アップデートエラーだけではなく、iPhoneの様々な不具合(iPhone・iPad画面真っ黒、リンゴループ、フリーズなど)を修復できる「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

「Dr.Fone」には、データを消去せずに修復するスタンダードモードと、データは消去されるが、より深刻なエラーを解決することができるアドバンスモードがあります。

また、Dr.Fone はアップデートの際のエラーだけでなく、ブラックアウトリカバリーモードロゴ画面でのフリーズなど、iPhoneに起こりがちな機能障害を修復することができます。

方法2 iOS14/iOS15のプロファイルを削除して再インストール

アップデートの途中でエラーが起きてインストールが実行できない場合、アップデート用のデータが壊れたままiPhone内に残ってしまい、再インストールを邪魔してしまうことがあります。

そのため、エラーがおきてアップデートが途中で止まった場合、「設定」>「一般」の順にタップし、iPhoneストレージの中にあるiOSデータを削除してください。それから再アップデートを試みると、問題が解決される可能性があります。

方法3 デバイスを強制再起動してからもう一度やり直す

上記の方法でうまくいかない場合、一度iPhoneを再起動してみましょう。iPhoneを再起動することで、アップデートを妨げていたものがリセットされてうまくいくことがあります。

方法4 どうしてもエラーが解決できない場合は故障を疑う

日本に限った話ではないかもしれませんが、スマホ修理業者に依頼するのは非常に高いです。

そのため、我々はまず自分でツールを使って修復してみることをおすすめしています。

「Dr.Fone」ような専門知識を持っていなくても簡単に扱えるツールを導入することによってほとんどの問題は解決されると考えられますが、それでも起動障害が直らない場合や、何度再起動しても不具合が起こる場合は、スマホ本体に故障がある可能性が高いので、お近くのAppleストアに連絡して修理を依頼しましょう。

iOS14/iOS15のアップデートに失敗したら「Dr.Fone - 起動障害から修復」を使おう

iOS14/iOS15にアップデートする時の注意事項や、エラーが起きた際の対処法を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

「Dr.Fone」は、スマホのあらゆる需要を満たせるツールであるといわれており、海外ではすでに一定の知名度を持っているので、安心して使えます。

機能的には申し分ないツールなので、とりあえずダウンロードして損はないでしょう。

Dr.Fone - 起動障害から修復

Dr.Fone - 起動障害から修復

iOS15にアップデートする時に出たエラーを修正!

  • iOSデバイスのあらゆる不具合を修復可能!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • 修復率は業界No.1!
  • あらゆるiOSデバイスに対応済み!
  • 最新のiOS15に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
Home > How-to > iOS14 > iOS14/iOS15にアップデートする時にエラーが起きたら?解決法を紹介

All TOPICS