Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【2021年最新・iOS15】iPhone(iOS)がアップデートできない原因とその対策

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS15

2021年秋、いよいよiOS 15が配信予定です。iOS 15ではiPhoneの標準アプリがさらに進化します。FaceTimeやApple Walletなど、よりユーザーのユーティリティに配慮したアップデートです。すでに多くの方がiOS 15へのアップデートに期待しているのではないのでしょうか。

しかし、iOS 15の配信日になってもiOSアップデートができない可能性があります。最悪の場合、iPhoneそのものが使えなくなる可能性もあるでしょう。iOSアップデートができない原因と対処方法について解説します。簡単な操作でシステムを修復できるソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」も紹介します。

 iPhone(iOS)がアップデートできない原因

iPhone 6以上のiPhoneであればiOS 15にアップデート可能です。アップデートできないということは、何かしらの原因があるはずです。まずはiPhoneがアップデートできない原因を探りましょう。

原因1.電波状態が不安定な場所でアップデートしている

電波状態が不安定だと、iOS 15をダウンロードできない可能性があります。途中で切断状態にでもなれば、ダウンロードが中断されます。

音楽や文書ファイルと違い、iOSアップデート時にダウンロードするソフトウェアは非常に大きなデータ容量です。Wi-Fi接続であったとしても完了までに10分ほどかかる場合もあります。電波状態が安定し切断されないような場所を選び、アップデートしましょう。

原因2.少ないバッテリー量でアップデートしようとしている

大きな容量のダウンロードやインストールには、バッテリーも大きく消費します。そのため、万が一途中でiPhoneの電源が落ちてしまうと、何かしらのトラブルを起こす原因となるでしょう。

もともと、iPhoneのiOSアップデート時にはバッテリー量が少ないと実行できない設定です。しかし、バッテリーの劣化やiPhoneの温度変化により、バッテリー消耗が激しくなる可能性もあります。余裕のあるバッテリー量、もしくは消費に負けない充電速度の環境を用意しましょう。

原因3.iPhoneのストレージ容量に空きがない

iOSアップデートには、iPhoneのストレージ容量にも注意しましょう。ストレージに空きがないと「空き容量不足です」と表示しアップデートできません。

 ストレージ容量によるエラーは正常なiPhone、問題のない環境が用意できていたとしても必ず起こるエラーです。単純な原因ですが、そもそも「ストレージとは?」といった方には解決が難しい問題でしょう。

 関連記事:iPhoneストレージを増やす方法の紹介

iPhone(iOS)がアップデートできない場合の対処法

前述の「iOSアップデートができない原因」をもとに、対処方法を解説します。チェックするポイントはiPhoneの内部、外部の環境とアップデート方法の3つです。

 対処法1.iPhoneの状態をチェックする

iPhoneの状態とは、バッテリー容量やストレージ容量などの内部的問題です。これらは不備があるとiPhone側からエラーメッセージがポップアップ表示します。対処するためにも、必ずチェックしましょう。

バッテリー量に関しては非常に簡単で、充電器に接続して待つだけで解決します。ストレージ容量はiPhoneに保存された写真や音楽、動画など、必要なものと不要なものを整理すると解決するでしょう。

 関連記事:【iOS14.5不具合修正】iOS14.5にアップデート後、電池の減りが異常に早くなる不具合を修正する方法

対処法2.iPhone以外の環境をチェックする

iPhone以外の環境とは、通信環境のことを指します。新規iOSの配信日には世界中のiPhoneユーザーがダウンロードしようとアクセスします。そのため、サーバーの混雑によるエラーが考えられるでしょう。諦めず接続を試みる方法もよいですが、一番簡単なのは数時間後にアクセスすることです。

接続先の通信環境だけでなく、Wi-Fiや電波などの通信環境も大切です。安定した通信環境を長時間維持できる場所を選びましょう。

 対処法3.アップデート方法を変えてみる

iOSアップデートはiTunesからでも実行できます。パソコンとの接続が必要であるため条件が限られますが、普段からiTunesを使用する方にはおすすめの方法です。

 iTunesでのアップデートは、ストレージ容量でエラーが発生する方にもおすすめです。パソコンと接続しているため、同時にファイルの整理もできます。

 最後の手段―「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」でアップデートできないiPhoneを修復

「前述の方法を試してみてもアップデートできなかった」「結局原因がわからいまま」といった方もいるでしょう。そんな方のために、iOSシステムのあらゆる問題を解決するソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を紹介します。

 「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は非常に簡単な操作と、解決までの早さに定評があるソフトです。また、簡単な修復であればiPhoneのデータが失われない優れものです。複雑な修復ではデータが削除されますが、現技術では業者であってもデータ救出は難しいでしょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の特徴は簡単な操作性です。画面の案内に従ってクリックするだけで、数分で修復します。使用方法は以下の通りです。

 手順1.iPhoneとパソコンを接続する

修復を選択

手順2.iPhoneの機種に合わせたファームウェアをダウンロードする

ファームウェアをダウンロード

手順3.修復ボタンで実行し修復する

iosデバイスを修復中

iPhoneアップデートエラーを復元できる「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

iOS 15の配信予定に向けて、iOSアップデートで発生するトラブルの原因と対処方法を解説しました。対処方法としてiPhoneの内部環境と外部環境、ダウンロード方法の3つをチェックしてみましょう。

 また、それでもiOSアップデートができない、途中でさらに問題が深刻化した方の解決方法として、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を紹介しました。簡単な操作ですぐに解決できる便利なソフトです。安全で安心なiOSアップデートで、さらにiPhoneが便利になるiOS 15を手に入れましょう。

関連記事:iOS 15の最新情報まとめ|リリースはいつ?新機能や対応機種の噂も

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iOS15 > 【2021年最新・iOS15】iPhone(iOS)がアップデートできない原因とその対策

All TOPICS