Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • 最新のiOSにアップデートした時バッテリーの減りが早い問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を解消できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
イメージ100%安全・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iOS 14にアップデートした後、iPhoneバッテリーの減りが早くなる原因と対処法

•カテゴリ: iOS14

iOS14のパブリックベータ版が公開され各所で検証が進められており、iPhone12に搭載されることが期待されています。

現在公開されている多くの追加要素から今まで以上に期待されていますが、アップデートするとバッテリーの減りが早くなったと感じる方もいるのではないでしょうか。

今回はiOS14にアップデートした後、iPhoneバッテリーの減りが早くなってしまう原因と対処法を紹介します。

追記:現時点、記事で言及した対策法はすでに最新のiOS14.6に対応済みです。

関連記事:【不具合を解消する】電池の減りが早いiPhone・iPadを修復する方法

iOS 14をダウングレード


パート1 iOS 14にアップデートした後、iPhoneバッテリーの減りが早くなる原因

iOS 14にアップデートをした後にバッテリーの減りが早いと感じる時は以下の原因が考えられます。

  • iOS 14のバグによるバッテリー異常
  • バッテリーの経年劣化によるバッテリー容量の縮小
  • バックグラウンドでダウンロード処理が行われている
  • 「最適化されたバッテリー充電」がオンになっている
  • iPhoneのモデルが古い
  • 位置情報をオンにしている
  • 使用しないWi-Fi設定をオンにしている
  • アプリの通知機能をオンにしている
  • メールのプッシュ通知をオンにしている
  • アプリの自動アップデートをオンにしている
  • Bluetoothがオンになっている


パート2 iOS 14でiPhone充電を長持ちさせる方法

それではios 14にアップデートした時にバッテリーの減りが早いと感じた時にはどうすればいいのでしょうか?

方法1 「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使ってiPhoneバッテリーの減りが早い不具合を修復する

iOS 14のバグによるバッテリー異常の場合はどれだけ設定を改善しても、根本的な解決にはならないです。

そこでオススメしたいのは「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使ってios 14のバグを解消する方法です。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし

バグの解消と聞くと難しそうに思うかもしれませんが、方法はとてもシンプルです。

ステップ 1 バッテリーの減りが早いiPhoneをPCに接続して、「起動障害から修復」機能をクリックします。

バッテリーの減りが早いiPhoneとPCを接続

ステップ 2 端末の種類やバージョンを選択して修復用のファームウェアをダウンロードします。

修復用のファームウェアをダウンロード

ステップ 3 「いますぐ修復」をクリックして、iPhone電池の減りが異常に早い不具合の修復が始まります。

iPhone電池の減りが異常に早い不具合を修復

iOS 14のバグによるバッテリー異常の場合には、この方法で問題が解決することもあります。

方法2 Wi-FiやBuluetooth、位置情報サービス、メールのプッシュ通知などをオフにする

iPhoneの「設定」→「一般」を開き、必要ではない機能を無効にすることで、バッテリーの減りを穏やかにすることができます。

オフにしても悪い影響がなく、しかもバッテリーが節約できる設定項目はWi-Fi、Buluetooth、位置情報サービス、メールのプッシュ通知、手前に傾けてスリープ解除、Appのバックグラウンド、更新視差効果を減らしてエフェクト、Hey Siriの聞き取り、AirDropなどがあります。必要としない昨日はオフにしましょう。

方法3 低電力モードをオンにしてバッテリーの消費量を抑える

低電力モードをオンにするとメールの取得やSiriの機能が利用できなくなりますが、バッテリーの消費量を大幅に抑えることができます。

その他にも視覚効果やエフェクトなどの通常では必要ない処理を無効にしてバッテリーを長持ちさせることが可能です。

方法4 バッテリー交換をする

iPhoneを数年間使用し続けている場合や一度もバッテリーパックを交換していない場合には、バッテリーパックが劣化して いる可能性があります。特にiPhoneを使用しながら充電をしていたり、負荷のかかる環境で頻繁に充電していた場合は劣化しやすいです。

バッテリーパックの劣化が考えられる場合には、Apple Store直営店または Apple 正規サービスプロバイダでバッテリー交換をすることをおすすめします。新品に交換すると充電の持ちが良くなったり、パフォーマンスが向上しやすくなります。


★バッテリーの減りが早いと感じたら、まずはソフトウェアからアプローチしましょう

iOS14にアップデートしてバッテリーの減りが早いと感じた時は、基本的にソフトウェア側の問題が多いです。

そこで、iOS14のバグを「Dr.Fone」で修復させてから、低電力モードの利用や設定の見直しましょう。それでもバッテリーの減りが早いままなのであれば、バッテリーの寿命が考えらえるのでバッテリー交換を検討してみてくださいね。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iOSをアップデートしないままでiPhoneを復元する方法

  • データを消さずに、iOSのあらゆる不具合を修正!
  • 操作は簡単で初心者でも扱いやすい!
  • 最新のiPhone/iOSに対応済み!
イメージ100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iOS14 > iOS 14にアップデートした後、iPhoneバッテリーの減りが早くなる原因と対処法

All TOPICS