iPhoneリカバリーモードから復元できない?iPhoneリカバリーモードから復元する方法の紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneが突然のリカバリーモードで復元できない!DFUモードを使ってiPhoneを復元するには?

iPhoneリカバリーモードとは、iPhoneをUSBケーブルでiTunesに繋げるよう画像で指示される画面が突然現れることがあります。この画面が表示される状態のことを、一般にリカバリーモードと呼びます。

何らかの理由でiOSが破損してしまった場合、iPhoneなどのデバイスをリカバリーモードから復元できない場合、初期化しなくてはならないことがあります。例えば、iOSの更新中にデバイスの電源を落としてしまったとか、脱獄に失敗してiOSが破損してしまったとか…。 リカバリーモードに入ってしまったiPhoneは、基本的に操作が出来ません。出来ることは、iTunesに繋げてiPhoneを復元することだけ。この復元とは、iPhoneを初期化することを指します。工場出荷時の状態まで初期化することによって、iPhoneリカバリーモードを復元しようとしています。

しかしまれに、iPhoneを初期化してもリカバリーモードが復元しない場合があります。こんなとき、ネット上ではDFUモードを試すように、とよく言われます。

Apple社はDFUモードについて正式に公表はしていません。DFUモードはリカバリーモードとは少し異なる特殊な状態。iPhoneリカバリーモードで復元したくない、エラーが出て復元できない、という場合にこのモードを使用します。。以下に、デバイスをDFUモードに移行させる方法を記載しておきますので、ぜひ参考になさって下さい。

ステップ1:リカバリーモードになったiPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。

ステップ2:ホームボタンとスリープボタンを同時に押し続けます。

ステップ3:10秒程度したら、スリープボタンだけを離します。ホームボタンはそのまま押し続けます。

ステップ4:iTunesが起動し、「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見付けました」というメッセージが表示されたらホームボタンを離してもOK。

ステップ5:あとはiTunesの指示に従って操作しましょう。

DFUモードであれば、リカバリーモードで復元できないiPhoneを元に戻すことが出来なかったデバイスを、正常に作動するように出来るかもしれません。

しかし、DFUモードにも問題があります。それは、DFUモードのiPhoneをiTunesで初期化→復元すると、iPhoneに保存されていたデータが全て消えてしまうということ。バックアップファイルを事前に作成してあるのであれば問題はありませんが、うっかりバックアップの作成を怠っていたら、iPhoneのデータが消えてしまうと困りますよね。iPhoneリカバリーモードで復元できないときには是非dr.foneの復元機能をお試し下さい!

iPhoneリカバリーモードで復元出来ない時に、「dr.fone-iPhone起動障害から修復」!

DFUモードにも弱点があります。iPhoneリカバリーモードで復元出来ない時は、Dr.Fone(Windows版)というソフトを使えば、保存されたデータを一切消すことなく、iPhoneの異常を修復してリカバリーモードから復元ことが出来ます。

ステップ1.dr.fone-iPhone起動障害から修復 をインストール

インストールが完了したらソフトを起動し、メイン画面上の『修復』ボタンをクリックします。USBケーブルでパソコンとiPhoneデバイスを接続します。

『修復』ボタンをクリック

ステップ2.「開始」をクリックします。

「開始」をクリックして、リカバリーモードで復元できないiPhoneの復元・修復が開始します。

注意:iPhoneデバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、真っ暗な画面、ブルースクリーンおよびほかの起動しない症状がある場合、この「修復」機能がお役に立てます。

『開始』をクリック

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしA

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしB

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしC

ステップ3.リカバリーモードで復元できないiPhoneのファームウェアをダウンロード

画面上に表示されるURLにアクセスし、ファームウェアをダウンロードしたら、先程ダウンロードしたファームウェアを参照して適用します。

復元できないiPhoneのファームウェアをダウンロード

そして、下の画面が出てきます。

ダウンロード中

ステップ3.リカバリーモードで復元できないiPhoneを修復

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロード完了

ダウンロードされたファームウェアを確認して、修復が開始します。iPhoneをリカバリーモードから正常に復元でき、以前と同じように使えるようになります!

復元できないiPhoneを修復

リカバリーモードで復元できないiPhoneを、dr.fone-iPhone起動障害から修復の修復機能で問題解決!

ただの数ステップで簡単にiPhoneをリカバリーモードで復元できない状態から復元できます。dr.fone-iPhone起動障害から修復の修復機能を使う方法はiTunesでiPhoneを初期化する方法より少々ややこしく手間ではありますが、データを一切消去しないという大きなメリットがあります。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneリカバリーモードから復元できない場合の対処方法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhoneリカバリーモードから復元できない?iPhoneリカバリーモードから復元する方法の紹介

All TOPICS