Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iPhone13の不具合を修復

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS15】iPhone/iPadの画面が自動回転しない・縦横にならない場合の対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS15

動画を見たい時などにiPhone/iPadが、自動回転しなくなって困っていませんか?iPhone/iPadが自動回転しないと動画を見たりする際に、快適に視聴できなかったりしますよね。

なので今回は、iPhone/iPadの画面が自動回転しない原因と対処法についてお伝えしていきます。対処法では、一般的な対処法に加えてiOSの修復ツールの「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」も紹介しますので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

100%安全・安心 | マルウェアなし

iPhone/iPadの画面が自動回転しない主な原因

以下の3つが考えられますので、順番に解説していきます。

1.画面が縦向き・横向きにロックされている

画面を縦向きまたは画面横向きのロックを有効にしているままの場合があります。ONになっていた場合、以下の手順でOFFにしてください。

・iPhoneX/iPad:

  1. 画面の右上隅を下にスワイプしてコントロールセンターを出します。
  2. 画面ロックがONになっているか確認します。
  3. ONになっていたらOFFにします。

・iPhoneSE、iPhone8以前:

  1. 画面下から上にスワイプしてコントロールセンターを出します。
  2. 画面ロックがONになっているか
  3. ONになっていたらOFFにします。

2.ズーム機能がONになっている

ズーム機能がONになっていると自動回転しない場合があります。以下で確認できますので確認してみてください。

  1. 設定アプリを開く
  2. アクセシビリティ→ズーム→ズーム機能で確認できます。ONになっている場合は、OFFにしてみてください。

3.アプリが自動回転に対応していない

アプリに限定されますが、自動回転に対応していないアプリの場合があります。
もし、Safariやメモなどのアプリが正常回転できて、あるアプリが縦画面・横画面に切り替えられない場合、そのアプリが画面回転機能に対応していない場合があります。

iPhone/iPadの画面が自動回転しなくなる時の対処法

次に自動回転しなくなる時の対処法を3つ解説します。

1.「画面縦向きのロック」を確認する

まずは、アプリによっては画面が固定されてしまうので、バックグラウンドで起動中のアプリは終了しましょう。

  1. コントロールセンターで「画面縦向きのロック」がオンになっているか確認します。
  2. 「画面縦向きのロック」がONになっている場合は、タップしてOFFにします。ロックがオンになっていないのに回転できない場合は、画面回転のオンオフを数回切り替えてみてください。

2.iPhone/iPadを再起動する

まずは、試してみて欲しい方法の1つです。手順は、以下の手順です。

  1. 電源ボタンを長押しして、スライドで電源OFFの画面を表示させます。
  2. 画面が表示されたら、バーを右にスライドさせて電源をOFFにします。
  3. 再度電源ボタンを長押しして、電源を入れます。

3.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使う

そのうちの一つは、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使う方法です。Dr.Foneは、iOSシステムのあらゆる不具合を修正し、デバイスを元に戻すことができるツールです。

操作手順は、簡単で3ステップで使用でき「スタンダードモード」を使用するとデータを損失することなく使用できます。具体的な操作手順は、以下の3ステップです。

1.Dr.Foneを起動し、「起動障害から修復」を選択します。

パソコンとiPhone/iPadを接続し、iOS修復を選択。スタンダードモードを選択してください。

2.リカバリーモードに設定後、ファームウェアをダウンロードします。

リカバリーモードに設定後、デバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

3.ダウンロード後、修復作業が始まるので終了するまで待ちます。

ファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に作業してくれます。

詳細な操作手順は、こちら>>のURLを参照してください。

まとめ:「Dr.Fone」でiPhone/iPadの画面が自動回転しないエラーを修復

この記事では、iPhone/iPadの画面が自動回転しない場合の原因と対処方法について解説してきました。主な原因は3つあり、どれもその場で確認できる方法となっていますので、まずは確認してみてください。また、自動回転しない場合の対処方法としては、3つあります。

  • 再起動する
  • ロックがONになっていないか確認する
  • 専門ツールを使用する

上記の上2つの方法で解決しない場合、専門ツールの「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用してみてください。初めての方でも簡単に操作できますので、おすすめです。

Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

Dr.Fone - iPhone画面自動回転しない

5分でiPhoneやiPadの自動回転しないエラーを修復。

  • 簡単にiPhoneやiPadのエラーを修復
  • iPhoneやiPad画面が自動回転しないエラーを修復
  • 最新のiPhone 13/Pro/Pro MaxやiOS 15に完全対応!
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iOS15 > 【iOS15】iPhone/iPadの画面が自動回転しない・縦横にならない場合の対処法

All TOPICS