MacでリカバリーモードになったiPhoneの解除方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

MacでリカバリーモードになったiPhoneを解除できる?

iPhoneリカバリーモードになってしまって困ってる方が非常に多いと思います。そんなときの回避策をご紹介したいと思います。

最初にリカバリーモードはどういうものなのかをご説明します。このモードになるとデバイスの初期化を始める段階にあります。 この状態で、iTunesに接続しても先に復元する必要がありますというメッセージが出てきます。

デバイスの初期化を始める段階

※注意この画面上で「OK」を押すと全てのデータが削除されます。この状態でOKは押さないようにしてください。

通常であれば、ホームボタンと電源ボタンを押し続けるとiPhoneが強制終了の後に起動するとリカバリーモードに入ります。つまり、何かの障害があってiPhoneが正常に動かなくなってしまったり、反応が遅くなってしまったりそんなときiPhoneを初期化するとこういった症状が改善されます。そんなときに必要な操作になります。

他にもありますが、主にこのような理由が原因でリカバリモードが働きます。

MacでiPhoneをリカバリーモードから解除する方法

dr.fone (Mac)-iPhone起動障害から修復 」にはいくつかの復元方法が存在しています。「iPhone起動障害から修復」という機能を利用して、iPhoneをリカバリーモードから解除します。iPhoneをリカバリーモードから解除したいお方は、まず以下「ダウンロード」をクリックしてお試しください。


ステップ1:MacとリカバリーモードになったiPhoneを接続

dr.fone (Mac)-iPhone起動障害から修復 を実行して、MacにリカバリーモードになったiPhoneを接続してください。プログラムがiPhoneを認識した時、メイン画面の「修復」をクリックします。

メイン画面の「修復」をクリック

ステップ2:MacでiPhoneをリカバリーモードから解除を開始

表示される画面に「開始」ボタンをクリックして、MacでiPhoneをリカバリーモードから解除することが始まります。

「開始」ボタンをクリック

リカバリーモードに入ってください。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合は、
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は、
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    ステップ3:iPhoneリカバリーモードを解除するためのファームウェアをダウンロード

    画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶだけなので簡単です。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    「ダウンロード」をクリックして、デバイスに対応したファームウェアをダウンロードします。

    ファームウェアをダウンロード

    ステップ4:iPhoneリカバリーモードの解除が完了

    ダウンロードされたファームウェアを確認して、「今すぐ修復」をクリックすると、iPhoneリカバリーモードを解除します。数分間かかりますので、終わるまでお待ちください。

    解除が完了

    リカバリーモード解除の注意事項

    1.iPhoneの強制終了

    電源ボタンを長押しすることで、強制的に電源をオフにすることができます。たまたまリカバリーモードが動いてしまった場合はこの方法で直る可能性は十分にあります。

    2.iTunes内にバックアップデータがあるか確認する

    Mac OS X 10.6 の場合
    ユーザー:$USER:ライブラリ:Application Support:MobileSync:Backup:

    このフォルダ内にバックアップデータがあれば、初期化したあとに復元することができます。

    3.iCloud内にバックアップデータがあるか確認する

    iCloudでは、iPhone内の下記のデータのバックアップが可能です。

  • 音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、本の購入履歴
  • カメラロールにある写真やビデオ
  • デバイス設定
  • Appデータ
  • ホーム画面とAppの配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、およびMMSメッセージ
  • 着信音
  • Visual Voicemail
  • ※バックアップデータがあるかどうか確認する場合は、https://www.icloud.com/で全てのデータの確認はできないのでご注意ください。

    注意:iPhoneデバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、ブラックスクリーン、青い画面およびほかのシステム症状がある場合、dr.fone (Mac)-iPhone起動障害から修復 の「iPhone起動障害から修復」がお役に立てます。

    ※MacでiPhoneリカバリーモードから解除したい場合、まずは無料体験版で試してから購入は検討したほうがいいです。

    dr.fone (Mac)-iPhone起動障害から修復

    MacでリカバリーモードになったiPhoneの解除方法

    • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
    • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhone起動しない > MacでリカバリーモードになったiPhoneの解除方法

    All TOPICS