Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS15】iPhoneのカメラが映らない・起動しない原因と対処方法

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS15

iPhoneに搭載するカメラ機能の特徴は、デジタルカメラに負けないほどの高機能、高画質なことです。その性能はインカメラでも同じことがいえます。現在ではインカメラを使用した機能に「Face ID」とよばれる顔認証機能が誕生し、撮影以外の使用目的も増加傾向です。

便利になると同時に、インカメラにトラブルが起こると非常に不便な思いをするでしょう。そんなインカメラが映らない不具合の原因と対処方法を紹介します。データ削除の心配もなく対処できるソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」も紹介するので、ぜひ試してみましょう。

iPhoneのインカメラが映らない主な原因は?

iPhoneのインカメラが映らない主な原因について解説します。特に多い原因はインカメラのパーツ破損や水没です。とはいえ、どんなに大切に扱ってもインカメラが映らない不具合は発生するでしょう。iPhoneの内部的な原因を解説します。

原因1.システムファイルやアプリで不具合が発生している

システムファイルやアプリの不具合はカメラ機能に影響します。iPhoneのインカメラを起動しても画面が真っ暗で使えない、そもそも起動せず使えないなどといったトラブルが発生するでしょう。

通常iPhoneのiOSやアプリに新バージョンがリリースすると更新します。更新方法は通知から手動で選択するほかに、iPhoneを使用しない時間に更新する自動更新機能の2種類です。

更新時の注意点として、決して電源を切ってはいけません。更新の過程で電源が切られてしまうと、システムを構成する重大なデータが破損する場合があります。よくある例として、「充電しないまま更新が始まり、途中で電源が切れた」といった原因で不具合を起こす可能性が高いでしょう。

原因2.ストレージ不足でファイルが保存できない

iPhone/iPad容量を減らす

iPhoneの全体の保存容量を表すストレージ。限界近くまでデータを保存し過ぎると、インカメラが映らないといったトラブルに陥ります。この場合、インカメラを起動させるために必要なストレージまで不足している可能性があるでしょう。

現在では連続撮影や高画質に対応した写真や動画を撮影できます。高品質な撮影を繰り返すうちに、iPhoneのストレージ容量を圧迫するでしょう。

 関連記事:iPhoneストレージを増やす方法の紹介

iPhoneのインカメラが映らないエラーを修復する方法

iPhoneのインカメラが映らない不具合の原因として、システムやストレージなどを解説しました。内部的な原因であるため、解決するためには特別な操作が必要です。iPhoneやPCの操作に不慣れな方には、あわせて紹介するソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をおすすめします。

修復方法1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」のスタンダードモードでデータを守りながら修復する

ios system recovery standard mode

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使うと、画面の図に従って操作するだけでiPhoneの機能障害を修復できます。さらにインカメラの不具合であれば、データを削除せずに修復する「スタンダードモード」で修復できる可能性が高いでしょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法は以下の通りです。

手順1.ソフトを起動し、iPhoneとPCを接続後、メイン画面から「起動障害から修復」を選択

修復を選択

手順2.メイン画面から「スタンダードモード」を選択後、画面の手順に従い、iPhoneをリカバリーモードに設定

リカバリーモードに入る

手順3.対応するファームウェアをダウンロード

ファームウェアをダウンロード

手順4.「修復」で修復実行、しばらく待つと完了

iosデバイスを修復中

修復方法2.iTunesで新規iOSを導入する

再インストールするだけで更新できるアプリと比べ、iOSのシステムファイルはアップデートが失敗した場合に特別な操作が必要です。iTunesを利用して新しいiOSを導入する。つまりiPhoneの初期化を意味します。そのため、この方法はインカメラが映らない不具合以外にも、多くの不具合に有効でしょう。

データ削除したくない場合はバックアップする必要があります。しかし、バックアップにはPCの操作に加えて、周辺機器の購入やクラウドシステムの導入など、さらに複雑な操作が求められます。

修復方法3.iPhoneのストレージを整理する

iPhoneのストレージを圧迫するデータを削除しましょう。写真や動画、音楽、アプリは大くのストレージを占めます。不要になったデータは削除やアンインストールで整理可能です。

少しずつ整理しては、インカメラを起動してみましょう。一定の空き容量ができたところで、インカメラが起動する可能性があります。また、iPhone本体のストレージは購入後に拡張できません。そのため多くのデータを保存したい方は、購入時に大容量のストレージをもった機種の購入をおすすめします。

まとめ:iPhoneのインカメラが映らないエラーを簡単に修復

iPhoneのインカメラが映らない不具合について、その原因と対処方法を紹介しました。システムファイルやストレージなど、iPhoneの内部に原因がある場合は特別な操作で対処しましょう。iPhoneやPCの操作に不慣れな方には、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」が簡単でおすすめでしょう。

iPhoneの不具合を修復する関連記事:

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし

Home > How-to > iOS15 > 【iOS15】iPhoneのカメラが映らない・起動しない原因と対処方法

All TOPICS