Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iPhone13シリーズが最新のiOS15にアップデートできない場合の対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone13

iPhone13シリーズの発売は、9月頃に予定されていて楽しみですよね。また、iOS15のリリースは発表されていますが、現在は開発者向けのバージョンのみが8月にリリースされています。そして一般ユーザー向けの正式リリースは、今年の秋を予定しています。

この記事では、iPhone13をiOS15にアップデートする方法、アップデートに失敗する原因に加えて失敗する時の対処方について解説していきます。おすすめの対処方法として、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」と呼ばれるソフトも紹介していきますので、参考にしてください。

iPhone13をiOS15にアップデートする方法

8月時点では、開発者向けのバージョンのみになっていますので、開発者向けのiOS15にアップデートする方法を紹介しています。手順は、以下の手順でおこなえます。

  1. Appleのベータ版ウェブサイト(https://beta.apple.com/sp/betaprogram/)にアクセスします。
  2. 設定プロファイルをダウンロードします。
  3. ダウンロード後、iPhone13を再起動し設定アプリを開きます。
  4. アップデートが表示されるので、アップデートをおこなえるようになります。

関連記事:iOS 15ベータ版のダウンロード方法

iPhone13がiOS15にアップデートできない・アップデート失敗する原因

考えられる原因を3つ紹介していきます。

・空き容量(ストレージ)が不足している

普段iPhoneを使用していると、画像やアプリなどのデータを保存していくため、空き容量が減っていきます。

iPhoneのアップデートには、ファイルをダウンロードするため空き容量が必要になり、不足しているとアップデートに失敗してしまいます。

関連記事:iPhoneストレージを増やす方法の紹介

・アップデートを検証できない

ソフトウェアアップデートの確認中にエラーが発生する場合やアップデートを検証できませんと表示される場合があり、ネットワーク接続が上手くいってないことが考えられます。

・電波が弱い

Appleのサーバーからファイルのダウンロードをおこない、アップデートをおこないます。

そのため電波が弱いと、ファイルのダウンロードが上手くいかずエラーが発生することがあります。

iPhone13がiOS15にアップデートできない時の対処法

3つの対処方を紹介していきます。

1、iPhoneのシステム不具合を修復する専門ツール「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使う方法

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は、データ損失を気にせず簡単操作なため初心者でも、使用できiOSの不具合を修復できます。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし

操作手順は、以下の4ステップです。

1.Dr.Foneを起動しメイン画面から「起動障害から修復」を選択します。

修復を選択

iPhoneをパソコンにつなぎ、「iOS修復」をクリックすると2つのオプションを選択できます。

※まずは、スタンダードモードを試すのがおすすめです。

修復モード

2.修復用のファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

使用しているiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定し「ダウンロード」ボタンをクリックします。

3.ファームウェアをダウンロード後、修復ボタンをクリックすれば、プログラムが自動で修復作業をおこないます。

ファームウェアを確認

※iPhoneが接続されていることを確認してください。

具体的な操作手順は、以下の公式サイトを参考にしてください。

(https://drfone.wondershare.jp/guide/ios-system-recovery.html)

2、アップデートを一度削除して再びダウンロードする

アップデートがダウンロードできない場合の対処法で再びダウンロードを試してみてください。

  1. 設定➡️一般➡️iPhoneストレージの順に選択していきます。
  2. Appのリストからアップデートデータを探します。
  3. アップデートをタップして、「アップデートを削除」を選択します。
  4. 設定➡️一般➡️ソフトウェアアップデートを選択し、iOS15のアップデートをダウンロードします。

3、iPhoneを再起動してみる

アップデートが上手くいかない場合に再起動をすることで、解決することがあります。

iPhoneを再起動して、もう一度最初からアップデートをやり直してみるのも1つの手です。

まとめ:iPhone13がアップデートできない場合、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」に任せよう

今回は、iPhone13シリーズが最新のiOS15にアップデートできない場合の原因と対処方法について解説してきました。

主に考えられる原因としては、以下の3つを解説しています。

  • 空き容量不足
  • アップデートを検証できない
  • 電波が弱い

その対処方法としては、アップデートを再度ダウンロードしたり再起動するなどが挙げられます。

しかしおすすめの方法としては、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用する方法です。iOSの不具合を初心者でも解決できるソフトになっていますので、お困りの際は使用してみてください。

100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhone13 > iPhone13シリーズが最新のiOS15にアップデートできない場合の対処法

All TOPICS