Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 14をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iOSアップデートに失敗したiPhoneを復元する方法

iOS 11最新情報をまとめ

iOS 11.4
iOS 11.3
iOS 11に関する最新情報
iOS 10.3
iPhone7について
iPhone8の最新情報
iPhone8データバックアップ&復元

iOS 12最新情報をまとめ

iOS 12

iOSのアップデートに失敗するのは、意外とよくあることです。

iOSのアップデートに失敗すると、ブラックアウト、リンゴループなどの不具合が発生し、さらに言えばデータが消えてしまう場合もあります。

今回は、iOSアップデートに失敗した時の対処法について紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

iPhoneが最新iOSのアップデートに失敗した場合の対処法

iOSのアップデートに失敗する理由はさまざまありますが、対処法は主に以下の3つです。一緒に確認しましょう。

・iPhoneを再起動する

iOSアップデートに失敗したら、まずはiPhoneを再起動してみましょう。手順は簡単で、ホームボタンと電源ボタンを長押しして電源を切り、再度ホームボタンもしくは電源ボタンを長押しして、iPhoneを起動させるだけです。

場合によっては、再起動することで直ることがありますが、ブラックアウト、リンゴループ等の不具合になってしまった場合、iPhoneの再起動をしても復旧する事はできません。

・iTunesを使ってiPhoneを初期化する

iPhoneの再起動を行なっても直らない場合、iTunesを使ってiphoneを初期化させる事で修復することができます。

  1. iTunesを起動して、iOSのアップデートに失敗したiPhoneをPCに接続します。
  2. 画面右上のデバイスのアイコンをクリックして、概要を開きます。
  3. 概要のメニューから「iPhoneを復元」をクリックします。
  4. 「復元する前に、iPhoneの設定をバックアップしますか?」と表示されるので「バックアップしない」をクリックします。
  5. 確認画面が表示されるので「復元」をクリックして、iPhoneの復元を開始します。

iPhoneを初期化せずに復元したい場合は、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使うことをおすすめします。

100%安全・安心 | マルウェアなし

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復 でiPhoneを復元する方法

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使えば、あらゆる不具合を修復できます。操作も非常に簡単なので、PCの初心者でもマスターできます。その使い方を一緒に確認していきましょう。

ステップ1:メニュー画面から『起動障害から修復』をクリックします。

「Dr.Fone」を起動し、メニュー画面から「起動障害から修復」をクリックします。

「起動障害から修復」を選択

ステップ2:「スタンダードモード」を選択して、iPhoneをPCに接続します。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。

「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。一方、「アドバンスモード」はそれ以上に多くのiOSデバイス起動障害を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。まずは、「スタンダードモード」を試しましょう。

「開始」のボタンをクリック

iPhoneをパソコンに接続します。

「開始」のボタンをクリック

ここで、もしもデバイスが検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードに設定する必要があります。

iPhone7以前のデバイスをリカバリーモードに設定する手順:

  1. iPhoneの電源を切る。
  2. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。
  3. 画面に「iTunesに接続」という表示が出るまでホームボタンを押し続けます。

iPhone7/7Plusをリカバリーモードに設定する手順:

  1. iPhoneの電源を切る。
  2. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでボリュームダウンボタンと電源ボタンを同時に押します。
  3. 画面に「iTunesに接続」という表示が出るまでボリュームダウンボタンと電源ボタンを押し続けます。

iPhone8以降のデバイスをリカバリーモードに設定する手順:

  1. iPhoneの電源を切る。
  2. ボリュームアップボタンを押してすぐに放します。
  3. ボリュームダウンボタンを押してすぐ放します。
  4. 画面に「iTunesに接続」という表示が出るまでホームボタンを押し続けます。

iPhone 8/8 Plus/X

ステップ3:お使いのiPhoneの機種、モデル、OSのバージョンを設定します。

現在お使いのiPhoneの機種、モデル、OSのバージョンをそれぞれ設定して「ダウンロード」をクリックします。

「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

すると、修復用のファームウェアのダウンロードが開始するので、終了するまで少し待ちます。

ダウンロードが開始

ステップ4:「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロードが完了したら、「いますぐ修復」をクリックします。

「いますぐ修復」をクリック

そうするとiPhoneの修復が開始されます。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

修復中

iOSのアップデートに失敗した時の対処法を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

かなり長くなりましたが、実際、「Dr.Fone - 起動障害から修復」を立ち上げ、画面の指示に従って操作すれば、誰でも簡単にiPhoneを修復できます。

「Dr.Fone」には、不具合を修復するだけではなく、データの復元や、ファイルの転送など多数の機能が搭載されているので、スマホのあらゆる需要を満せるツールを言われています。とりあえずダウンロードして損はないでしょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOSに完全対応
ダウンロード(Win版)      ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhone起動しない > iOSアップデートに失敗したiPhoneを復元する方法

All TOPICS