iOSアップデートに失敗したiPhoneを復元する方法

iOS 11最新情報をまとめ

iOS 11.4
iOS 11.3
iOS 11に関する最新情報
iOS 10.3
iPhone7について
iPhone8の最新情報
iPhone8データバックアップ&復元

iOS 12最新情報をまとめ

iOS 12
Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

突然ですが、皆さんはiOSアップデートに失敗したiPhoneを復元したいと思った事はありませんか?通常では、iOSアップデートに失敗する事はほとんどありません。しかし、アップデート中のバックグラウンドでの操作やシステムのエラー等が原因で、iOSアップデートに失敗してしまったiPhoneを復元したいと思うのではないでしょうか。

しかも、iOSアップデートに失敗してしまうと、アップデートが一切進行しなくなる事はもちろん、リカバリーモードやリンゴループと言ったiPhoneを起動できない不具合に陥ってしまいます。

また、iOSアップデートの失敗でiPhoneのデータが全て消えてしまったと言う例も報告されているので、できるだけ迅速に復元したいと思っている方は多いのではないでしょうか。今回は、iOSアップデートに失敗したiPhoneを復元する方法について紹介します。

iPhoneが最新iOSへのアップデートに失敗した場合の対処法

・iPhoneを再起動する

iOSアップデートに失敗した際に、一番に使われる対処法がiPhoneの再起動です。手順は簡単で、ホームボタンと電源ボタンを長押しして電源を切り、再度ホームボタンもしくは電源ボタンを長押しして、iPhoneを起動させるだけです。

うまくいけば、iOSアップデートに失敗したiPhoneを復旧する事ができます。しかし、リンゴループやリカバリーモード等の不具合になってしまった場合、iPhoneの再起動で復旧する事はできません。

・iTunesを使ってiPhoneを初期化する

iPhoneの再起動を行なっても復旧できない場合、iTunesを使ってiphoneを初期化させる事でiOSアップデートの失敗から簡単に復旧する事ができます。

  1. iTunesを起動して、iOSアップデートに失敗したiPhoneをPCに接続します。
  2. 画面右上のデバイスのアイコンをクリックして、概要を開きます。
  3. 概要のメニューから「iPhoneを復元」をクリックします。
  4. 「復元する前に、iPhoneの設定をバックアップしますか?」と表示されるので「バックアップしない」をクリックします。
  5. 確認画面が表示されるので「復元」をクリックして、iPhoneの復元を開始します。

iTunesを使えば、迅速にiOSアップデートに失敗したiPhoneを復旧する事が可能です。 しかし、iPhoneを工場出荷状態にして復元するので、当然iPhoneに大事なデータがある場合には、全て消去されるのでオススメできません。 iPhoneを初期化せずに、iOSアップデートに失敗したiPhoneを復元したいと言う方にオススメなのが、Wondershare社のデータ復元ソフト「dr.fone」の機能の一つである『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』です。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 は、iOSアップデートの失敗やリンゴループ等の不具合で、起動または画面操作ができなくなったiPhoneを短い手順と癖の無い操作で、起動障害から復旧させる事ができます。また、高性能復元ソフトでありながら分かりやすい丁寧な説明で、初心者の方やパソコンが得意でない方でも、苦戦する事なく安心して操作を行う事ができます。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 でiPhoneを復元する方法

ステップ1:メニュー画面から『修復』をクリックします。

PCを起動してdr.fone-iPhone起動障害から修復 を開き、メニュー画面から『修復』をクリックします。

「修復」を選択

ステップ2:表示された画面の「開始」をクリックして、iPhoneをPCに接続します。

「開始」のボタンをクリック

iPhone8をパソコンに接続します。

「開始」のボタンをクリック

ここで、もしもデバイスが検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合は

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    ステップ3:お使いのiPhoneの機種、モデル、OSのバージョンを設定します。

    現在お使いのiPhoneの機種、モデル、OSのバージョンをそれぞれ設定して「ダウンロード」をクリックします。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    すると、修復用のファームウェアのダウンロードが開始するので、終了するまで少し待ちます。

    ダウンロードが開始

    ステップ4:「いますぐ修復」をクリックします。

    ダウンロードの完了後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

    「いますぐ修復」をクリック

    続けてiOSアップデートに失敗したiPhoneの修復が開始されます。

    修復中


    いかがでしたでしょうか?紹介した方法を行えば、誰でも簡単にiOSアップデートに失敗したiPhoneを復元する事ができます。 iOSアップデートに失敗したiPhoneを完全に復元したいと言う方は、ぜひ『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』を使ってみてはいかがでしょうか。

    dr.fone-iPhone起動障害から修復

    iPhoneを不具合から復元する方法

    • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
    • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhone起動しない > iOSアップデートに失敗したiPhoneを復元する方法

    All TOPICS