Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

デバイスの画面ロックを簡単に解除しましょう!

  • iPhone&iPadのロックをたったの数回のクリックで解除。
  • 専門知識不要。誰でも簡単に扱えます。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
  • iOS11.4以前のデバイスのAppleIDを解除可能。
  無料ダウンロード   無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで解除可能
「ロック解除」を動画で見る

【2021年】必見!iPhoneは使用できませんと出た場合の対策

パスコードを11回打ち間違えて「iPhoneは使用できません」と出てきて使えなくなった。どうしたらいいか困っている…

この疑問にお答えします。

iPhoneの無双状態のセキュリティですが、これが裏目に出てしまう事があります。

パスコードの入力ミスは10回目までは時間を待てば、再度ロックパスを入力し直すことが可能です。ですが、11回目の入力ミスをすると「iPhoneは使用できません」という表示がされ、時間制限のない操作不可能な状態になります。

そこで本記事では、「iPhoneは使用できません」と表示された場合の対策を解説しています。【2021年最新版】です。本記事を読んでもらえれば、11回パスコードを打ち間違えてもデータを消さずにiPhoneの画面ロックを解除できます。

「緊急の電話をしないといけなくて、今すぐiPhoneのロック画面を解除したい」という人は、Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」 を使ってみてください。

1、「iPhoneは使用できません」が出る理由とは?

「iPhoneは使用できません」が表示される原因は以下のとおりです。

  • パスコードの入力ミス
  • ゴーストタッチ(ユーザーが触れていないのに端末が勝手に誤作動を起こす現象)
  • タッチ暴走(静電気を含みやすいホコリや湿気が溜まりがちなポケット内で起こりやすい現象)

3つの中でもパスコードの入力ミスが一番多いですね。

繰り返しですが、パスコードは11回入力ミスするとセキュリティロックがかかり、二度とパスコードを入力できなくなります。セキュリティロックがかかると、初期化するしかありません。

初期化とは「iPhoneは工場出荷時の状態」に戻るため、保存していた写真や音楽などのデータはすべて消えてしまいます。

パスコードを忘れたからと安易に入力することは、くれぐれも注意しましょう。

2、「iPhoneは使用できません」と出た場合の対策

2.1まずはデータ損失のため、iPhoneデータをバックアップする

一番メジャーであるiTunesを使ってバックアップする方法を解説します。

iTunesでデータのバックアップを取ってあれば、「iPhoneは使用できません」と表示されても焦ることはありません。

バックアップをとる手順は以下のとおりです。

  1. iPhoneとパソコンをつないでiTunesを起動する
  2. iTunesが開いたらメニューから「iPhoneを復元」を選ぶ
  3. 復元したいデータを指定する

不測の事態に備えて、定期的にバックアップを取ることをオススメしています。

2.2【iPhoneを初期化する】バックアップを取ってから「iPhoneは使用できません」を解決する

「Dr.Fone - iPhoneデータのバックアップ&保存」というソフトを使ってください。

「Dr.Fone - iPhoneデータのバックアップ&保存」は、iTunesやiCloudを使わずに簡単にデータのバックアップを取ることができます。

Dr.Fone-iPhoneデータバックアップ&復元

Dr.Fone-iPhoneデータバックアップ&復元

iPhone・iPad・iPodのデータを簡単にバックアップ&復元

  • バックアップ可能なデータは写真・連絡先・動画・SMSメッセージ・メモなど
  • バックアップされたデータをいつでもiPhone・iPad・iPodへ復元可能
  • バックアップを復元するときに、データ損失なし
  • 最新のiPhone 12/Pro/Pro MaxやiOS 14.5に完全対応!
  • Windows版とMac版両方動作可能
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけでiPhoneデータをバックアップ

バックアップを取った上で、次に「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」を使いましょう。

「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」はiOSデータ復元ソフトとして、iPhoneのから損失した連絡先、メッセージ、アプリなどのデータを復元できます。

初心者でも簡単に操作できるソフトで初期化なので、安心してください。初心者に最適と言われる所以は3ステップで完結するからですね。

3ステップの手順

  1. パソコンとiPhoneをケーブルつなぎ「ロック解除」を選択
  2. 【iPhone画面ロック対策】「開始」ボタンをクリック
  3. 「ロック解除」ボタンをクリックして、iPhoneのパスコードを解除

「Dr.Fone-iPhone画面ロック解除」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

100%安全・安心 | マルウェアなし

3、まとめ:【2021年最新】「iPhoneは使用できません」と表示されても焦らないでください

本記事のポイントをまとめます。

  • パスコードを11回打ち間違えると「iPhoneは使用できません」と表示される
  • 主な原因はパスコードの入力ミス
  • iTunesでデータのバックアップを取っていたら初期化しても安心
  • バックアップを取っていなくても「Dr.Fone -iPhone画面ロック解除」を利用すれば復元できる

Apple製品のセキュリティロックは城壁並みに強固です。

ですが、パスコードの入力ミスで「初期化」するしかないと、iPhoneを紛失したレベルでめんどくさいです。特に「iPhoneは使用できません」と出た場合が特に厄介です。既存の方法では「初期化」するしかないからですね。

ですが、「Dr.Fone -iPhone画面ロック解除」はバックアップ機能も付いてまし、スマホ操作に疎い60代のおじさんでも操作できるほど簡単にiPhone画面ロック解除できます。

「iPhoneは使用できません」と表示されても焦って、修理屋さんに直行しないてくださいね。

数万円を無駄に支払うことになります。「Dr.Fone -iPhone画面ロック解除」であればお試し頂けるお手心価格で済みます。PCタブを閉じる前に忘れず、まずは無料ダウンロードしましょう。

Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

5分でiPhoneやiPadのロック画面を解除します。

  • 簡単にiPhoneやiPadのロック画面を解除
  • iPhoneやiPadから画面ロックのパスワードを解除
  • 最新のiPhone 12/Pro/Pro MaxやiOS 14に完全対応!
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhone画面ロック解除 > 【2021年】必見!iPhoneは使用できませんと出た場合の対策

All TOPICS