iPhoneのパスコードを変更する方法の紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

スマートフォンといえばiPhoneの人気がすごいですよね。スマートフォンでは1番のシェアを持っていますので、周りにもiPhoneユーザーがたくさんいるのではないでしょうか。最近そんなiPhoneにパスコードの変更要求をされるという謎の現象が報告されています。

iPhoneのパスコード変更要求

突然画面上にパスコードを数分以内に変更してくださいという表示がされます。アップデートを要求するようなウィンドウで表示されるので、正規の要求のようですがウィルスの可能性も考えられ、困惑する人が多数です。ネット上でも乗っ取りだとか様々な説が出回っています。

この現象はアップル社でも把握しているようで、見解を出しています。アップル社によると、OSでそのような挙動をしないのでおかしいですが、パスコードは画面のロック解除をするものなので、仮に番号を盗まれても遠隔操作などはできないので端末も盗まれなければ問題はないとの事です。実際に指示に従い変更した人もいるようですが、そのまま変更できて問題なく使用できているようです。ただ不安な人は電源を落とせば表示も消えるようですので、一度電源を落としてしまえば大丈夫です。一応問題ないとは言われていますが、触らぬ神に祟り無し、余計なことはしない方が良いかもしれません。

パスコードの通常の変更方法

パスコードはiPhoneパスコード変更要求がなくても変更することができます。変更要求をされてiPhoneパスコード変更をしてしまって不安を感じている人も一応もう一度変更してもいいかもしれません。iPhoneパスコード変更方法は、まずiPhoneを操作して設定を開きます。設定のTouch IDとパスコードを選択します。そこではTouch IDやパスコードなどの変更など様々な設定ができます。あまり知られていませんが、6桁の数字だけでなく任意の桁の英数字なども設定することもできますよ。

パスコードを忘れた時の画面ロック解除方法

新しいiPhoneの機種では顔認証やTouch IDを使用してロック解除ができる機能が進化しています。一昔前ではTouch IDは遅くて精度も悪く、あまり使われていなかったのですが、最近はみんな使っていますね。普段顔認証やTouch IDを使っているとついパスコードを忘れてしまいそうになることがあります。忘れてロック解除ができなくなったら困った事態になってしましますね。もしもの時にパニックにならないよう解決方法を解説します。

方法はいくつかあり、iTunesを使った方法や、iCloudを使った方法などありますが、1番手っ取り早い方法は「dr.fone-iPhone画面ロック解除」というソフトを使った方法です。dr.foneにはスマートフォンのデータの復元や端末の復旧などができるものもありますが、今回新しくiPhoneやiPadのロックを解除するためのソフトとして登場したものがこれです。パソコンにインストールしたら、iPhoneのロック解除をすることができます。

操作方法は、最初に「dr.fone-iPhone画面ロック解除」を起動します。そしてロック解除したiPhoneとパソコンをケーブルで繋ぎ接続します。接続ができたら「dr.fone-iPhone画面ロック解除」のメニューを開きiPhoneのロック解除を選択します。すると操作方法を説明してくれるのでそれに従って操作していくだけでパスコードを11回連続で入力を間違い完全に操作不能となったiPhoneのロックも解除することができます。

「ロック解除」を選択

dr.fone - iPhone画面ロック解除

5分でiPhoneやiPadのロック画面を解除します。

  • 簡単にiPhoneやiPadのロック画面を解除
  • iPhoneやiPadから画面ロックのパスワードを解除
  • 最新のiPhone X, iPhone 8 (Plus) や iOS 11に完全対応
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone画面ロック解除 > iPhoneのパスコードを変更する方法の紹介

All TOPICS