Wondershare Dr.Fone - iOS Suite

自宅でスマホのトラブルを解決!

  • リンゴループ、リカバリーモード、ブルースクリーンなどの起動障害からiPhoneを復元
  • iPhoneやLINEのデータバックアップ&復元、iPhone画面解除データ転送・移行などの機能搭載(最新iOS14.6やiPhone12/12 Pro/12 Pro Maxに対応)
  • 削除された写真、連絡先、SMS、メモなどをiPhone・iPad・iPod Touchから復元(iTunesとiCloudバックアップからiPhoneを復元。 )
無料ダウンロード 無料ダウンロード

iOS 15ベータ版のダウンロード方法

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS15

日本時間2021年6月8日、Appleが開発者向けイベント「WWDC2021」が開催されました。その中での発表は、世界中の注目を受けることとなりました。同年秋に配信予定されていた「iOS 15」の先行発表です。

 iOS 15ベータ版のリリース日程や対応機種、ダウンロード方法などを解説します。「早くiOS 15を試してみたい」と考える方には嬉しい情報でしょう。しかし、iOSアップデートにはリスクが付きまといます。データが削除されたり、元のiOSに戻せなくなったりなどの問題を心配する方には、iPhoneのあらゆる問題を解決するソフト「Dr.Fone」も紹介します。

 iOS 15ベータ版はいつリリースされますか?

次世代OSと注目されていたiOS 15は、2021年秋の一般リリースに向けて調整中です。WWDC2021にて発表されたiOS 15ベータ版は、公表された日本時間6月8日から既に開発者用が、7月には一般ユーザー用がダウンロードできます。

 もともとWWDC2021は開発者向けイベントです。そのため、開発者がiOS 15の新機能や改善点を認識する目的で先行リリースされました。

 「開発者向け」とはいえ、iOS 15ベータ版は特殊な配布方法ではありません。実は一般のiPhoneユーザーにもダウンロード可能です。後述する対応機種やダウンロード方法、対策ソフトをチェックし、安全にアップデートしましょう。

iOS 15ベータ版の対応機種は?

正式リリースまで待てない、いち早くiOS 15を試してみたいといった知的好奇心の高い方のために、iOS 15ベータ版のダウンロード方法を紹介します。

 まずは対応機種をチェックしましょう。対応機種でない場合、残念ながらダウンロードできません。しかし近年販売されているiPhoneであれば、ほとんどの機種が対応機種です。対応機種は:iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、 iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE (第 1 世代)、iPhone SE (第 2 世代)、および iPod touch (第 7 世代)です。

 アプリの動作が不安定、再起動や強制終了などの不具合が発生する恐れがあるため、対策は必ず必要です。メインで使用しないiPhoneを持つ方は、そちらでのダウンロードをおすすめします。過去に使用していたiPhoneで試してみるのもよいでしょう。

Wondershare Dr.Fone - iOS Suite

Wondershare Dr.Fone - iOS Suite

自宅でスマホのあらゆるトラブルを解決!

  • リンゴループ、リカバリーモード、ブルースクリーンなどの起動障害からiPhoneを復元
  • iPhoneやLINEのデータバックアップ&復元、iPhone画面解除データ転送・移行などの機能搭載(最新iOS14.6やiPhone12/12 Pro/12 Pro Maxに対応)
  • 削除された写真、連絡先、SMS、メモなどをiPhone・iPad・iPod Touchから復元(iTunesとiCloudバックアップからiPhoneを復元。 )
100%安全・安心 | マルウェアなし

 iOS 15ベータ版をダウンロードする方法

本題のダウンロード方法について解説します。英語表記や個人情報入力画面などがありますが、以下の手順に従って操作すれば簡単にダウンロードできます。ダウンロード前には必ずソフトウェアとデータをバックアップしましょう。

手順1.「Apple Beta Software Program」にアクセスする

まずはダウンロードページである「Apple Beta Software Program」に、Apple IDでログインしましょう。「Apple Beta Software Program」は年額制の開発者用会員です。登録には個人情報とクレジット情報のみ記入が必要です

Apple IDでログイン後は「Operating Systems」を選択し、「iOS 15 beta」と表記するページに移行しましょう。

手順2.iOS 15ベータ版のプロファイルをダウンロードする

「このWebサイトは構成プロファイルをダウンロードしようとしています。許可しますか?」と聞かれるため「許可」で進み、「閉じる」を選択しましょう。しばらく待つと、iOS 15ベータ版のプロファイルがダウンロードされます。

手順3.iOS 15ベータ版のプロファイルをインストールする

「設定」より、「プロファイルがダウンロード済み」が表示されるので選択します。「インストール」を選択すると英文が表示しますが、続けて「インストール」で進めます。「再起動」を選択し、一度iPhoneを再起動しましょう。

手順4.iOS 15ベータ版をインストールする

再起動後、さらに「設定」「一般」「ソフトウェア・アップデート」の順に選択します。アップデート情報に「iOS 15 Developer Beta」が表示された状態で、「ダウンロードしてインストール」を選択しましょう。しばらく待つとアップデートが完了し、再び再起動します。無事に起動すると、iOS 15ベータ版の導入が完了します。

iPhoneを使う中、不具合が起きたら、スマホのお医者さんの「Dr.Fone」に任せる

iOS15ベータ版はその名の通り、「ベータ版」です。リリースされたばかりで、どのような不具合やバグが発生するかわかりません。ダウンロード前には必ずバックアップしましょう。

 バックアップし忘れてアップデートすると、ソフトウェアやデータは元に戻りません。データが消えてしまうのもショックですが、ここで重要なのはソフトウェアです。ソフトウェアが復元できないと、iPhoneそのものが使用できなく可能性があるでしょう。

 そうならないためにおすすめするソフトが、スマホのお医者さんと呼ばれる「Dr.Fone」です。「Dr.Fone」ではバックアップデータ管理、ソフトウェアの復元など、あらゆる症状に対応します。もちろん、バックアップがなくてもソフトウェアは復元できます。基本的な使用方法は非常に簡単です。iPhoneのデータやシステムについて不安のある、既に問題が発生してしまった方などにおすすめのソフトです。

iPhoneに関連する人気記事:

100%安全・安心 | マルウェアなし

Home > How-to > iOS15 > iOS 15ベータ版のダウンロード方法

All TOPICS