×

iOS 12でiPhoneのバッテリー消費が激しい時の対処法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Sep 23,2019 •カテゴリ: iOS12

ios12を搭載したiPhoneでは特に電力消費が激しく、バッテリーの持ちが悪くなるという不具合が発生しやすいです。不具合の中にはハードウェアに問題がある場合や、ソフトウェア側に問題がある場合など様々なケースがあります。今回はiPhoneのバッテリー持ちを改善する方法や、バッテリーの消費が激しい場合の対処法を紹介します。

iOS12バッテリー

低電力モードを使って消費量を低く抑える

ios12では設定アプリのバッテリーの項目で低電力モードを利用できます。低電力モードを有効にするとメールの取得や音声アシスタントの機能が利用できなくなりますが、その分電力消費を抑えることが可能充電の持ちが良くなります。その他にも視覚効果やエフェクトなどの通常の環境では必要ない処理を無効にするので、バッテリーの消費量を大幅に抑えて充電を長持ちさせることが可能です。この方法なら設定アプリから簡単な操作をするだけなので簡単に行えて、効果も大きいので電池使用時間を延ばせます。

多くのアプリでメモリを大量に消費している場合

一度に複数のアプリケーションを開いている場合には、バックグラウンドでアプリがシステムメモリを大量に消費している可能性が高いです。メモリの消費量が増えるとその分電力消費も多くなり、電力の消費が激しくなったり充電の持ちが悪くなります。このような場合には同時に開くアプリの数を減らしたり、必要のないアプリはこまめに終了しておくと、メモリの消費を減らせて充電の節約にもなり効果的です。同時に開くアプリは2つから3つ程度に減らしておくと、特に効果的で充電の持ちもよくなります。

バッテリーパックに影響がある場合

iPhoneを数年間使用し続けている場合や一度もバッテリーパックを交換していない場合には、バッテリーパックが劣化していたり不具合が発生している可能性があります。特にiPhoneを使用しながら充電をしていた場合や、負荷のかかる環境で頻繁に充電していた場合にも劣化しやすいです。バッテリーパックの劣化が考えられる場合には、一度正規店に交換を依頼して純正品の新品に交換しておく必要があります。新品に交換すると充電の持ちが良くなったり、パフォーマンスが向上しやすくなります。

ios12のバグが原因の場合

ios12のos自体にバグや不具合などが発生していて、消費電力が異常に上昇している可能性もあります。このような場合にはosをインストールしなおすという方法がありますが、その場合にはデータが消失したり被害が大きくなる可能性もあります。しかしWondershareの 「dr.fone」 にある修復機能を使用すれば、データを消失することなくosやソフトウェアの問題を修復することが可能です。「dr.fone」を使う方法なら個人情報へのアクセスがないので個人情報流出のリスクがなく、データが外部に漏れたり消去される心配もありません。


Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使ってosのバグを解消する方法

Wondershareの 「dr.fone」 をパソコンにインストールして、「dr.fone」のメニュー内にある修復をクリックします。USBケーブルで問題が発生しているiPhoneとパソコンを接続して、「dr.fone」の開始ボタンをクリックするとファームウェアの選択画面へ移動することが可能です。ファームウェアのバージョンを選択する必要があるので、端末の種類やバージョンを選択してダウンロードをクリックします。最後に今すぐ修復をクリックすればosの修復作業が完了します。ios12のバグによってバッテリーに異常がある場合には、この方法で問題が解決することもあり効果的な方法です。

さて、dr.fone-iPhone起動障害から修復 でiOS12のアップルデバイスを修復する手順を見ていきましょう。まずは、iPhoneリンゴループから復元できるソフトdr.fone-iPhone起動障害から修復 をパソコンにダウンロードしてみましょう!

Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使ってiOS12のアップルデバイスを修復する手順

Step 1. 起動障害から修復機能を選択します。

dr.foneを起動して、メイン画面から「修復」機能を選択します。

修復を選択

USBケーブルでiPhone・iPad・iPod touchをPCに接続します。この機能を使うことで、データを消すことなく、OSを修復することができます。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

修復開始

Step 2. 修復用のファームウェアをダウンロードします。

リカバリーモードのiPhoneを通常モードに修復するには、iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードする必要があります。 お使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

機種情報確認

ファームウェアをダウンロード

Step 3. 起動しないiOSデバイスを修復します。

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。

ファームウェアのダウンロード完了

iOSデバイスを通常の状態に修復中です。処理中にデバイスが正常に接続されていることを確認してください。 復旧処理は数分かかる場合があります。終了までしばらくお待ちください。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

修復中

iPhoneの異常な電力消費は、バッテリーパック自体の寿命や劣化などが原因の場合もありますが、基本的にはソフトウェア側の問題の場合が多いです。ソフトウェアの問題の場合にはios12に搭載されている低電力モードや、バックグラウンドプロセスの停止などの対処方法があります。しかしそれでも解決できない場合にはdr.foneを使って、osの問題を修復することで解決する場合が多いです。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneリンゴループから復元する方法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 13に完全対応!
Home > How-to > iOS12 > iOS 12でiPhoneのバッテリー消費が激しい時の対処法

All TOPICS