Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

     
  • iPhoneの「ページを開けません」問題を修復
  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【Safari不具合解消】Safariで「ページを開けません」となった時の6つの対処法

akira

•カテゴリ: iPhoneエラー復元

iPhoneでSafariを楽しむ最中に表示される「ページを開けません」。突然の出来事でどうすればよいかわからない方も多くいるでしょう。「ページを開けません」と表示する不具合にはいくつか原因があり、それぞれ対処法が異なります。

また一時的な表示であったとしても、根本的な原因を理解しないことには再度同じ現象に悩まされる可能性が高いでしょう。本記事では、iPhoneのSafariで「ページを開けません」と表示される原因をもとに、6つの対処法を解説します。iPhoneの取り扱いが苦手な方には、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」といったソフトを使用すると便利です。

iPhoneのsafariでページを開けません

iPhoneのSafariで「ページを開けません」「サーバーが見つかりません」となった時の6つの対処法

iPhoneのSafariで「ページを開けません」または「サーバーが見つかりません」となった時に使える対処方を紹介します。空のページが表示される不具合は一時的なものから対処しない限り修復しないものまで、原因により対処法が異なるでしょう。大切なのは原因に基づいて適切に対処することです。

対策法1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」でSafariの「ページを開けません」問題を解決

drfoneプライバシー保護 | マルウェアなし  

iPhoneの扱いが苦手な方におすすめする対処法です。他の対処法を試すうちに、誤ってiOSデータの破損や不具合を起こした場合に役立つでしょう。図解に沿った手順を進めるだけで、誰でも簡単に解決できます。
「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法は以下の手順です。

手順1.iPhoneとパソコンを接続し、「Dr.Fone」を起動してから「起動障害から修復」を選択する

修復を選択

手順2.メイン画面から「スタンダードモード」を選択し、iPhoneの機種に合わせたファームウェアをダウンロードする

ファームウェアをダウンロード

手順3.修復ボタンで実行し修復する

iosデバイスを修復中

対策法2.再起動でSafariの「ページを開けません」問題を解決

iPhoneを再起動してみましょう。Safariの「ページを開けません」や「サーバーが見つかりません」の問題だけでなく、何かしらの問題が発生した場合に有効な対処方法です。電源ボタンを長押しするだけのシンプルかつ簡単な対処方法なため、一度は試してみましょう。

対策法3.「機内モード」のオフでSafariの「ページを開けません」問題を解決

機内モードは本来、iPhoneの電波が飛行機に搭載する精密機器の電波に干渉しないよう遮断する機能です。機内モードをオンにするとiPhoneが通信できなくなり「ページを開けません」と表示されます。

機内モードは稀に誤ってオンになることもあるでしょう。Safariで「ページが開けません」と表示される場合は画面下を上にスワイプし、コントロールセンターから機内モードをオフにします。

対策法4.不安定な電波状態の解消でSafariの「ページを開けません」問題を解決

通信電波の届く場所やWi-Fi環境により「ページを開けません」「サーバーが見つかりません」と表示される可能性があります。山奥やトンネル、地下などではiPhoneの通信電波が不安定な状態でしょう。またWi-Fi環境が不安定な場合でも同じことがいえます。上手く通信できない場合には、電波が安定場所に移動するかWi-Fi環境の見直しなどの対処が必要です。

対策法5.一時的に時間を空けてSafariの「ページを開けません」問題を解決

「サーバーが見つかりません」と表示される場合は、接続先の電波やサーバー状態が不安定な可能性があります。主に多数のユーザーが集中してアクセスすると起こる現象です。

この場合、問題は接続先にあるため「落ち着くまで待つ」以外に対処法がありません。集中したアクセスがおさまるまで時間を空けましょう。

対策法6.iOSとアプリのアップデートでSafariの「ページを開けません」問題を解決

iOSやSafariアプリのバージョンが低いと、不具合を起こし「ページを開けません」を起こします。また、接続先によっては「サーバーが接続できません」と表示される可能性もあるでしょう。 

新規アップデートの通知がある場合には、設定から「一般」「ソフトウェア・アップデート」の順に操作します。「ダウンロードしてインストール」を選択すると自動で最新のバージョンにアップデート可能です。

まとめ

iPhoneのSafariで「ページを開けません」と表示される不具合について、原因をもとに6つの対処法を解説しました。iPhoneの取り扱いが苦手な方にもおすすめの方法として、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使うと便利でしょう。10分ほどの操作で簡単に解決可能です。使用の前には必ずバックアップしましょう。

推薦記事:iOS 15の最新情報まとめ|リリースはいつ?新機能や対応機種の噂も

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全プライバシー保護 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneエラー復元 > 【Safari不具合解消】Safariで「ページを開けません」となった時の6つの対処法

All TOPICS