Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiPhoneをリンゴループから復元できる

  • 操作は簡単でシンプル。さまざまなiOSシステムの問題を修正できます。
  • 誰でも数回のクリックだけでiPhoneをリンゴループから復元できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iPhoneが再起動を繰り返す原因とは?自宅でできる解決方法4選

iPhoneが再起動を繰り返して困っていませんか?今では、必需品となったiPhoneが使えなくなると困りますよね。

今回は、iPhoneが再起動を繰り返す原因と自宅で解決できる方法を紹介していきます。iOS不具合修復の専門ツール「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」も合わせて紹介しますので、iPhoneの再起動にお困りの方は参考にしてください。

iPhoneが再起動を繰り返す原因とは?

iPhoneが再起動を繰り返す原因

iPhoneが再起動を繰り返す主な原因として以下の例を挙げています。

当てはまる原因が無いか、確認してみてください。

・iOSアップデートによるシステムエラー

iOSアップデートによるシステムエラー

iOSアップデート直後などによくみられます。

特に、最新のiOSバージョンではシステムの不具合が見つかることがあります。そのため、iOSアップデートをすることで、システムエラーが発生してしまいます。

・iOSアップデート中の中断

iOSアップデート中の中断

iOSアップデート中に、充電が切れたり電源が落ちたりするとiOSアップデートが中断される場合があります。

そして、アップデートの中断のタイミング次第では重要なファイルが壊れてしまう可能性があります。

そのため、特定の動作をおこなうと再起動を繰り返してしまう原因になりえます。

・マルウェア感染

マルウェア感染

iPhoneは、Appleがアプリの管理をおこなっているためAndroidよりもマルウェア感染しにくいと言われています。

しかし、全くマルウェア感染しないわけではなくマルウェア感染してしまうとさまざまな症状が出ます。

そのうちの1つがiPhoneが再起動を繰り返してしまう症状です。

・脱獄による故障

脱獄による故障

プログラムを改変してAppleの非公式のアプリなどを使えるようにする脱獄は、さまざまなことができます。

しかし、脱獄は動作が不安定になり再起動をしてしまう原因になりかねません。

iPhoneが再起動を繰り返す時の対処法4選

iPhoneが再起動を繰り返す時の対処法4選

iPhoneが再起動を繰り返す時のおすすめの対処法を解説していきます。データを消すことなく解決したい場合におすすめの「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」も紹介しますので参考にしてください。

1.iPhoneを強制再起動する

機種ごとに再起動方法が異なりますので、自分の機種にあった方法で試してみてください。

・iPhone8以降の機種

音量を上げるボタン押してすぐに離し、音量を下げるボタンを押してすぐに離し、電源ボタンをリンゴマークが出るまで押します。その後ボタンを離します。

・iPhone7

音量を下げるボタンと電源ボタンを同時に押さえたままでリンゴマークが出るまで待ちます。その後ボタンを離します。

・iPhone 6s以前の端末

電源ボタンとホームボタンを同時に押さえたままでリンゴマークが出るまで待ちます。その後ボタンを離します。

2.バッテリーのリフレッシュをする

iPhoneを2~3年使っている場合、バッテリーが消耗している可能性があります。

簡単にバッテリーリフレッシュできますので、以下の手順でおこなってみてください。

  • 1.充電せずに電池が切れるまで使用します。
  • 2.電池が切れた状態から30分~1時間放置しておきます。
  • 3.100%まで完全に充電します。

3.iTunesのリカバリーモードで復元する

工場出荷前状態(データが全部消える)になってしまうので、バックアップを取ってからおこなうのがおすすめです。

手順1:iTunesを起動し、iPhoneをパソコンに繋ぎます。

手順2:iPhoneをリカバリーモードにします。

・iPhone8以降の端末

リカバリーモードが表示されるまで音量を上げるボタン押してすぐに離し、音量を下げるボタンを押してすぐに離し、電源ボタンを押します。

・iPhone7

リカバリーモードが表示されるまで音量を下げるボタンと電源ボタンを同時に押します。

・iPhone 6s以前の端末

リカバリーモードが表示されるまで電源ボタンとホームボタンを同時に押さえます。

手順3:iTunesで右下の復元ボタンをクリックします。

4.Dr.Fone-iPhone起動障害から修復を使う

Dr.Foneシリーズは、iOS不具合を解決できる専門ツールです。今回のようにiPhoneが再起動を繰り返す以外にもリンゴループやパスコードロックされたiPhoneも複雑な操作なしで解除できる優れたiOS不具合修復ツールです。

今回は、「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」を使います。具体的な手順は、以下の4ステップで簡単におこなえます。

1.Dr.foneを起動して、メイン画面から「起動障害から修復」機能を選択します。

修復を選択

iPhoneをパソコンに繋ぎ、iOS修復を選択します。

2.まずはスタンダードモードをクリックします。

※スタンダードモードでは、データ損失しませんがアドバンスモードではデータ損失してしまいます。そのため、まずはスタンダードモードから試すのがおすすめです。

 修復モード

 

3.修復用のファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

自分が使用している機種、iOSバージョンで合っているかを確認してください。次に下の開始ボタンをクリックします。

※違っている場合は変更できます。

4.ダウンロード後、いますぐ修復をクリックすると修復作業が始まります。

ファームウェアを確認

※解決できない場合は、アドバンスモードを試してみてください。

4.まとめ

今回は、iPhoneが再起動を繰り返す原因と自宅でできる以下の解決方法を紹介してきました。

  • ・iPhoneを強制再起動する
  • ・バッテリーリフレッシュをする
  • ・iTunesのリカバリーモードで修復する

これらの解決方法で解決できない場合は、「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」を使用するのがおすすめです。4ステップで簡単にiPhoneが再起動を繰り返す不具合を解決できます。

動画でも操作方法などを確認できますので、こちらも見てみてください。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」

iPhoneをリンゴループから復元する

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 13/Pro/Pro MaxやiOS 15に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし  wondershare3ステップだけで修復可能
Home > How-to > iPhoneエラー復元 > iPhoneが再起動を繰り返す原因とは?自宅でできる解決方法4選

All TOPICS