Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiPhoneのエラー4013を修復できる

  • 操作は簡単でシンプル。さまざまなiOSシステムの問題を修正できます。
  • 誰でも数回のクリックだけでiPhoneのエラーを修復できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iPhoneの不明なエラー4013・iTunesエラー 4013を解決する方法

•カテゴリ: iPhoneエラー復元

iTunes/iPhoneエラー4013とは

iPhoneをiTunesで復元しようとした時に「iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(4013)。」というエラーが出ることがありますが、エラー4013とはどのような症状のことなのか、少し詳しく説明したいと思います。 簡単に言うと、iPhoneの復元時に表示されるエラー4013は、iPhoneの初期化や復元を行っている際になんらかの原因でその作業が中断してしまうと、iPhone側で上手く中段の処理が出来ず、初期化または復元の状態が無限ループしてしまっている状態」のようです。

iTunes/iPhoneがエラー4013になってしまった時の対処法

iTunes/iPhoneがこのエラー4013になってしまった時の対処法をいくつかご紹介したいと思います。

まず、一番簡単なのは「iPhoneの電池が切れるまで放置」です。
どうやら上記の無限ループはiPhoneの電源が入っている間だけのようなので、どうしようもない時はひとまずiPhoneの電池が切れるまで放置してみましょう。電池が切れたら再度充電し直して電源を入れて、復元をやり直します。

また、iTunesを再インストールします。
エラー4013とエラー9とほとんど同様のエラーですが、エラー4013の場合はiTunes側がiPhoneを復元状態に出来ないことが原因であることが多いため、電源が落ちるまで放置した後に再度電源を入れても直らない場合、iTunesを再インストールすることで改善されるということも多いようです。

それでも状況が改善しない場合は、Apple社の公式サポートに書かれている方法を試してみます。
・ まず、iTunesを最新バージョンになっていない場合はアップデートします。
・ 次にiPhoneをリカバリーモードにします。リカバリーモードへの移行手順は下記で紹介しているので割合いします。
・ リカバリーモードになったiPhoneをApple社純正のUSBケーブルで再度パソコンに接続します。
・ この時、iPhoneの画面は暗いままですが、パソコンのiTunes側にはここから先の手順を進めるための表示がされているはずです。
・ iTunes側でアップデートするか復元するかの確認画面が表示されたら、復元ではなく「アップデート」を押してください。
そうするとiOSを再インストールしてiPhoneが復元されるようです。

リカバリーモード

以上がiTunesを使って「エラー4013が出てしまったiPhoneを復元させる方法」になります。しかし、そもそもiTunesだと結構エラーが出やすいという難点があるため、別の復元方法もご紹介しておきます。 それはwondershare社の「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使った復元方法です。

iPhoneのエラー4013を修復する手順

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」にはiPhoneのバックアップを取ったり、エラーを修復したりと様々な機能があり、「起動障害から修復」機能を使ってiPhoneのエラー4013を修復できます。

ステップ1: iPhoneのエラー4013を修復する準備事項

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が出てきますので、「起動障害から修復」を選択します。

iPhoneのエラー4013を修復する準備事項

ステップ2: 「スタンダードモード」でiPhoneのエラー4013を修復します。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

「開始」のボタンをクリック

ステップ3: パソコンとエラー4013が表現したiPhoneをUSBケーブルで接続します。

iPhoneをUSBケーブルで接続

ここで、もしもデバイス(今回はエラー4013になったiPhone)が検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合は、

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

iPhone7/7Plusの場合

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は、

iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

1:iPhoneの電源を切る。

2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

iPhone 8/8 Plus/X

ステップ4: エラー4013が表現したiOSに対応したファームウェアをダウンロードします。

画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶだけなので簡単です。また、「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。数時間をかかりますので、お待ちください。

「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

ステップ5: エラー4013になったiPhoneを修復します。

「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。

エラー4013になったiPhoneを復元

ダウンロードが完了すると、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」がエラー4013になったiPhoneの修復を初めてくれます。復元には数分~十分程度かかりますが、これが終了すればiPhoneを4013のエラーから復元させる手順は終了です。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iPhoneを復元するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを修復!
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から修復!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
Home > How-to > iPhoneエラー復元 > iPhoneの不明なエラー4013・iTunesエラー 4013を解決する方法

All TOPICS