iOS 11アップデートX
無料体験

iPhoneがバックアップ時に発生したエラーの対処方法を紹介

Wondershare iPhone Data Recovery

世界初のiOS & Androidデータ復元ソフト

業界で高い復元率

ios data recoveryandroid data recovery

皆さんはiPhoneのデータのバックアップを取るのにどのような方法を使っているでしょうか?多くの場合、iTunesにiPhoneのバックアップデータを保存していると思いますが、バックアップ時にエラーが出てしまった経験がおありではないでしょうか?Apple社製品は結構エラーが出てしまう、というのが個人的な感想ですが、バックアップでエラーが出てしまうのは大問題です。だってiPhone本体に万が一にもエラーが出てしまった時にバックアップを元にデータを復元したいのに、肝心のバックアップデータにエラーが出てしまったら元も子もないですよね。

今回はそんなiPhoneのバックアップ時のエラーの種類と、エラーの多いiTunesの代わりに「dr.fone for iOS」を使ったバックアップの取り方まで紹介したいと思います。

iTunesでよく表示されるエラーには

  • セッションが失敗したため
  • セッションを介しできなかったため
  • エラーが起きました
  • iPhoneがリクエストを拒否しました

というものがあります。

エラーを解決する方法

これらのエラーは多くの場合「iPhoneがiTunesで認識されていない」「iosのバージョンが最新ではない」「パソコンのセキュリティソフトがなにかしらの不具合を起こしている」といったことが原因と考えられます。この場合、

  1. パソコン及びiPhoneを再起動させる
  2. パソコンとiPhoneを繋ぐUSBケーブルを別のものに変える
  3. パソコン側のUSB差し込み口を変える
  4. iPhone及びiTunesのバージョンを最新のものにアップデートする
  5. セキュリティソフトを一時的に止める

などを行うと解決することがあります。なんの問題も無いのにバックアップデータが保存できない時は、パソコン側の容量不足という可能性もありますので、念のため確認しておきましょう。それでも解決しない場合は、諦めてApple社のサポートに電話をするか、iTunes以外の方法でiPhoneのバックアップを保存するか、といった選択をせざるを得ません。

「dr.fone for iOS」でバックアップの取り方

幸いなことに、wondershare社の「dr.fone for iOS」というソフトを使えば、iTunesに頼らずにiPhoneのバックアップを取ることができます。そこで、「dr.fone for iOS」を使っiPhone・iPad・iPodTouchのデータのバックアップを取る方法について紹介していきたいと思います。


ステップ1:パソコンにインストールしている「dr.fone for iOS」を起動させます。

ステップ2:パソコンとバックアップを取りたいデバイスをUSBケーブルで接続してから、「dr.fone for iOS」の画面に表示されるメニューの「データのバックアップ&保存」をクリックします。

/win-guide-040

ステップ3:バックアップしたいデータの種類を選択します。

データは「メッセージ&添付ファイル」、「連絡先」、「通話記録」、「メモ&添付ファイル」、「カレンダー&リマインダー」、「ブックマーク」、「WhatsApp&添付ファイル」、「Messenger&添付ファイル」、「カメラロール」、「ボイスメモ」、「留守番電話」、「App写真」、「Appビデオ」、「App文書」などから選べますし、全てのデータを選ぶこともできます。

win-guide-042

ステップ4:データの選択が終わったら、画面右下に表示される「バックアップ」を押すとデータの分析が始まり、分析が終わると自動的にバックアップが始まります。

生成されたバックアップデータはパソコンに保存することができるので、しっかりと保存しておきましょう。左メニューに生成されたバックアップデータがカテゴリ別に表示されるので、全てのカテゴリにチェックを入れ、右下の「PCへ保存」を押し、保存先を選択して完了です。

右下の「PCへ保存」を押し

これでiTunesを使わずにiPhoneのデータのバックアップを取ることができました。いきなりdr.foneの有料版を買うのはハードルが高いという時には、公式サイトで無料版をダウンロードすることができますのでぜひお試しください。iTunesでは、以前保存しておいたバックアップデータが突然破損してしまった、エラーが解決出来ずに肝心な時にバックアップから復旧することができない、といったこともなかなかの頻度で発生し得るため、いざという時のために「dr.fone-iPhoneデータバックアップ&復元」でバックアップを取っておくことをオススメいたします。

dr.fone-iPhoneデータバックアップ&復元

iPhone・iPad・iPodのデータを簡単にバックアップ復元

  • バックアップ可能なデータは写真・連絡先・動画・SMSメッセージ・メモなど
  • バックアップされたデータをいつでもiPhone・iPad・iPodへ復元可能
  • バックアップを復元するときに、データ損失なし
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
  • Windows版とMac版両方動作可能

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone - iPhone起動障害から修復 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneエラー復元 > iPhoneがバックアップ時に発生したエラーの対処方法を紹介

All TOPICS

Top