Dr.Fone - GPS変更

iPhoneのGPS位置情報を自由に変更できます。

  • 世界中のどこにでもワンクリックでテレポートできます。
  • マップでルートを作成して目的地に移動します。
  • 脱獄不要。ほとんどの位置情報ARゲーム&アプリで動作します。
  • 移動速度まで調整可能。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「GPS変更」を動画で見る

【2021年最新・動画付きの完全ガイド】GPS Joystickの使い方は?「位置情報を取得できません」が出た時の対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone GPS変更

「Fake GPS Location - GPS JoyStick」は、非常に有名な位置偽装ツールです。しかし、たまに「位置情報を取得できません」というエラーが表示され、使えない場合もありますよね。

今回は、「Fake GPS Location - GPS JoyStick」の使い方とその代替ソフト「Dr.Fone - GPS変更」をご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

1、そもそも「Fake GPS Location - GPS JoyStick」とは

「Fake GPS Location - GPS JoyStick」というのは、位置情報を偽装して今いる場所を自由に設定できるアプリです。

今自分がいる場所を人に知られたくない時や、ポケモンGO、ドラクエウォークなどのARゲームをプレイする時に役に立ちます。また、テレポート機能だけでなく、動いているように見せる機能も備えています。

2、「Fake GPS Location - GPS JoyStick」の使い方

GPS Joystickアプリを使うには、GPS Joystickアプリをインストールするのと、「開発者向けオプション」を有効にすることが必要となります。お使いのデバイスで 「設定」>「端末情報」の順にタップし、ビルド番号を7回タップしたら、「開発者向けオプション」はオンにすることができ、GPS Joystickアプリを利用できるようになります。それでは、GPS Joysickの使い方をより詳しく見ていきましょう。

  • 「システム」>「詳細情報」>「開発者向けオプション」の順にタップします。
  • 下にスクロールし、「仮の現在地情報アプリを選択」をタップします
  • すると、GPS Joystickが表示されるはずです。それをタップします。
  • GPS Joystickを起動し、「場所を設定」にチェックを入れ、「地図を開くにはここをクリック」をタップします。
  • すると地図が表示されるので、地図上に設定したい現在地をタップし、下にある「この場所を選択」をタップします。
  • 「この場所を選択しますか」と表示されますので、「選択」をタップします。
  • 初回だけ「ドロー権限が必要です」という表示が出ます。この場合、「設定に移動」をタップします。
  • 設定に移動したら、「他のアプリの上に重ねて表示できる」をオンにします。
  • GPS Joystickに戻り、「開始」をタップすれば設定が完了となります。

これでGPS偽装設定が開始されるので、マップアプリを開いて確認しましょう。

また、GPS Joystickの上から2番目のアイコンをタップすると、移動モードが表示されます。ルートを作成し、移動しているように見せることも可能です。

3、GPS Joystickで「位置情報を取得できません」が出た時の対策ー「Dr.Fone - GPS変更」を使って位置偽装しよう

「Fake GPS Location - GPS JoyStick」でうまく位置情報を変更できない時には、「位置情報を取得できません」というエラーが出てしまいます。 こういう場合は代わりの「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」を使ってみましょう。

「Dr.Fone」はもともと、データのバックアップ&復元や、スマホの不具合を修復するツールでしたが、2020年からはGPSを変更できる機能を開発しました。

非常に便利であり、機能的にも申し分ないツールなので、とりあえずダウンロードして損はないでしょう。

無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし

それでは、「Dr.Fone - GPS変更」の使い方を一緒に見ていきましょう。

ステップ1、位置偽装アプリ「GPS変更」を起動します。>

  「Dr.Fone」を起動し、iPhoneをパソコンに接続します。ホーム画面の「GPS変更」をクリックして開きます。

「ポケモンGO」や「Ingress」をもっと楽しめるGPS位置変更の方法

ステップ2、位置偽装前の使いたいモードを選択して位置情報を変更します。

左上の入力欄に目的地を入力して「移動」をクリックすれば、テレポートできます。

「ポケモンGO」や「Ingress」に適用できるGPS位置変更

ステップ3、変更したいルートや移動のスピードを設定します。

テレポート機能だけではなく、「Fake GPS Location」のように、ルートの設置や、移動しているように見せることも可能です。

「ポケモンGO」や「Ingress」をより楽に遅べるGPS位置変更の方法

GPS Joystickに代って、「Dr.Fone - GPS変更」でiPhoneのGPS情報を好きな場所に変更しよう

いかがでしたでしょうか。今後、位置情報を使うARゲームが増えていき、位置偽装ツールの需要も高くなっていくでしょう。

その中でも「Dr.Fone - GPS変更」は非常に使いやすく、欧米ではすでに一定の知名度を持っているので、安心して使えるでしょう。ぜひ一度ダウンロードして試してみましょう。

思いのままに位置変更・位置偽装ができる「Dr.Fone - GPS変更」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の移動速度を自分で設定可能
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
無料ダウンロード(Win版)    無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhone GPS変更 > 【2021年最新・動画付きの完全ガイド】GPS Joystickの使い方は?「位置情報を取得できません」が出た時の対処法

All TOPICS