Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiPhoneエラーを修復できる

  • データ損失なくiPhone「support.apple.com/iphone/restore」エラーを修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を解消できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
  無料ダウンロード    無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし 3ステップだけで修復可能
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【最新のios14対応済み】iPhone「support.apple.com/iphone/restore」エラーの直し方をご紹介

皆さんもiPhoneを使っている時にエラーが出てしまい、困ったことが何回かはあると思います。その中で、「support.apple.com/iphone/restore」というエラーが出現する頻度はかなり高いと言われています。

「support.apple.com/iphone/restore」エラーとはiPhoneを最新のiOS 14/13/12へアップデートする時、iPhoneの黒い画面に「support.apple.com/iphone/restore」或いは「「iTunesマークとLightningケーブル」」という白い文字が表示され、スムーズにiPhoneをアップデートできないということです。

今回は、iPhoneがアップデートに失敗してしまった時に表示された「support.apple.com/iphone/restore」エラーが発生した時の対処法(動画付き)を3つ紹介します。

support apple com iPhone restoreエラーを復元

1、iOSデバイスを強制的に再起動で「support.apple.com/iphone/restore」エラーを解決

まず1つ目は、iOSデバイスを強制的に再起動するという方法です。確率はそれほど高くはないが、デバイスを再起動することにより、問題が解決される場合があります。まずはこの方法で試してみてください。

iOSデバイスを強制的に再起動する方法は以下の通りです。

iPhone 6s以前、iPad、またはiPod touchの場合、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 7またはiPhone 7 Plusの場合、スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 8またはiPhone 8 Plusの場合、音量を上げるボタンを押してすぐに放し、続いて音量を下げるボタンを押してすぐに放してから、最後にスリープ/スリープ解除ボタンを10 秒以上、Appleロゴが表示されるまで押し続けます。

2、iOSを再インストールで「support.apple.com/iphone/restore」エラーを解決

「support.apple.com/iphone/restore」エラーを解決する2つ目の方法は、iOSを再インストールするという方法です。

  • Step 1 iTunesを最新バージョンにアップデートします。
  • Step 2 iOS11デバイスをUSBケーブルでPCに接続します。そうすると「iTunesにアップデートまたは、復元を必要としているiPhoneに問題があります」というメッセージが表示されるはずです。
  • Step 3 アップデートをクリック、iOSを再インストールします。

操作は多少面倒ですが、この方法を使えば「support.apple.com/iphone/restore」というエラーを解決できる確率が高いと思われます。

3、【初心者向け】3ステップで「support.apple.com/iphone/restore」エラーを解決

「support.apple.com/iphone/restore」エラーを解決する最も確実な方法は、iPhone復元ソフトの「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使う方法です。一番オススメな方法なので、最後にしました。

100%問題を解決できるわけではありませんが、Dr.Foneは、エラーを解決するために最も確実であり、操作も非常に簡単なツールです。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能

Dr.Foneは最新の復元技術を採用しているといわれており、もともとはiPhoneデータ復元に特化している復元ソフトですが、今はiPhoneがアップデートに失敗した時のリンゴループや、リカバリーモードから起動できないなどの不具合を修復できるといった優れた機能を搭載しています。

さて、Dr.Foneを使ってエラーを修復する手順を一緒に見ていきましょう。たったの3ステップです。

ステップ1 「support.apple.com/iphone/restore」というエラーの解決ためにDr.Foneをインストールします。

まずはUSBケーブルを使って、iOSデバイスをパソコンに接続し、Dr.Foneを起動します。メイン画面から「起動障害から修復」をクリックします。

「support.apple.com/iphone/restore」エラーの解決ためにDr.Foneをインストール

ステップ2 「support.apple.com / iPhone / restore」というエラーが発生したiPhoneをパソコンに接続し、「スタンダードモード」を選択します。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したデバイスをパソコンに接続

ここでもしデバイスが検出されなければ、iPhoneをリカバリーモード(DFUモード)にしておきましょう。(無事デバイスが検出された場合は、次の ステップ3 をご覧ください。)

Appleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
1 iPhoneの電源を切る。
2 パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。
3 しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したAppleデバイスをリカバリーモード(DFUモード)にして

iPhone7/7Plusの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。
1 iPhoneの電源を切る。
2 パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「ボリュームダウンボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。
3 しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「ボリュームダウンボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したiPhone7/7Plusをリカバリーモード(DFUモード)にして

iPhone 8/8 Plus/Xの場合は以下を参照してください。
1 iPhoneの電源を切る。
2 「ボリュームダウンボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。
3 白いリンゴロゴが出てきますが、押しし続けます。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したiPhone 8/8 Plus/Xをリカバリーモード(DFUモード)にして

ステップ3 「support.apple.com / iPhone / restore」というエラーが発生したiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」をクリックします。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定

ファームウェアがダウンロードされるので、しばらく待ちます。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したiPhoneのファームウェアをダウンロード

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

iPhoneの「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したiPhoneを修復

iPhoneの修復が開始されるので、あとは完了するまでしばらく待てばOKです。

「support.apple.com / iPhone / restore」エラーが発生したiPhoneの修復が開始

以上で修復作業は完了です。「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。

また、iPhone「support.apple.com/iphone/restore」エラーだけではなく、iPhoneの様々な不具合(iPhone・iPad画面真っ黒、リンゴループ、フリーズなど)を修復できる「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

こうしてたくさん書いてまいりましたが、実際、DrFoneを使えば、ほとんどのエラーはたったの3ステップで解決されます

「support.apple.com/iphone/restore」というエラーが発生した場合、iPhoneを携帯電話会社のショップに持っていっても対応してくれるところが少なく、実際にAppleプレミアムサービスプロバイダまで持っていくのが手間だと思う方には、Appleのカスタマーサポートに電話で相談するのがいいでしょう。

手間をかけず、データを失わずにiPhoneを復旧したいのであれば、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を一度利用してみてはいかがでしょうか。

実は、その他にも、データの転送、完全消去、スマホロックの解除など、さまざまな強力な機能を備えています。サービスによっては有料なものもありますが、「支払いする前に効果をプレビューできる」、「問題が解決できなければ全額返金」などの保証がついているので安心して使えます。

機能的には申し分ないので、まずは無料ダウンロードしておけば間違いないでしょう。



Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

「support.apple.com / iPhone / restore」というエラーが出たiPhoneを復元

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 12/Pro/Pro MaxやiOS 14に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
Home > How-to > iPhoneエラー復元 > 【最新のios14対応済み】iPhone「support.apple.com/iphone/restore」エラーの直し方をご紹介

All TOPICS