Dr.Fone - データ移行

ファイルを1-Clickで転送

  • iOSとAndroid間でデータを移行できます。
  • iOSデバイス間でデータを自由に転送可能。
  • 連絡先、SMSメッセージ、写真、ビデオ、音楽、などのファイルに対応。
  • Android 11および最新のiOS 14に対応。
 無料ダウンロード     無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで移行可能
「データ移行」を動画で見る

【iPhone13機種変更】機種変更時にデータを移行する簡単な方法

akira

•カテゴリ: iPhone13

ついにiPhone13の発売予定日が発表されました。発売予定日は2021年9月中旬。iPhone13が私たちの手元に届くのも間もなくでしょう。そのためすでに機種変更を検討している方も多いのではないでしょうか。

機種変更時に必ず行う作業といえば、データ移行です。現デバイスの記憶するデータを新しくもつiPhone13に引っ越します。しかし多くのデータを移行するのは時間や手間がかかり大変でしょう。今回は機種変更にあたっての注意点とデータ移行についての解説です。どんな機種でも簡単にデータ移行するソフト「Dr.Fone - データ移行」を紹介します。

 iPhone13へ機種変更前の注意点

新しく発売するiPhone13へのデータ移行について、購入を考える方に向けて機種変更前の注意点を解説します。きちんとデータ移行し、思わぬ不具合やトラブルの発生を防ぎましょう。

 1.現デバイスにあるデータの引き継ぎ

現在使用中のデバイス内にあるデータのバックアップをとりましょう。なにかトラブルがあったときの復元に役立つデータです。バックアップデータがないと復元できず、本人情報や今までのあらゆるデータが消えてしまいます。

iPhoneの一般的なバックアップツールといえば、iTunesやiCloudです。個々のツールによってバックアップ可能なデータの種類が異なります。iTunesでは写真や動画、音楽ファイルを、iCloudではユーザー情報に関わる情報や設定情報などを管理可能です。一方だけでバックアップして安心すると、一部のデータ移行ができていなといった事態に見舞われるため注意しましょう。

関連記事:AndroidからiPhoneへ動画/ビデオを移行する方法

2.各アプリのアカウントデータの引き継ぎ

各アプリには使用したユーザーのアカウント情報が保管されています。チャットアプリやゲームアプリなどが該当するでしょう。

もしも引き継ぎ処理をせずに機種変更してしまった場合はデータがすべて消えます。チャットアプリでは追加した友人や取引先の情報が、ゲームアプリでは今まで苦労して育て上げたデータが水の泡でしょう。

 アプリの引き継ぎは個別に作業が必要です。アプリを起動し「設定」や「オプション」などから引き継ぎ処理に移行できる可能性が高いため実施しましょう。

関連記事:LINEの引継ぎ:iPhone機種変更後LINEを引き継ぎ方法

3.データ容量に注意する

移行元のデータ容量が移動先のデータ容量を越えてはなりません。大きなバケツの水を小さなコップに移し替えても入り切らないのと同じ原理です。

昨今のスマホやiPhoneは大容量のモデルが増えているため可能性は低いでしょう。しかし、iPhone13の最小容量モデル「64GB」ともなると十分にあり得ます。新機種にもかわらず、不具合を起こしたりOSアップデート失敗の原因にもなるため注意しましょう。 

有効な対策方法は機種変更前のデータ整理です。不要なデータは移行せず削除しましょう。またクラウドサービスや周辺機器で容量の拡張も可能です。セキュリティ強化として、プライベートや仕事に関わるデータのある保管場所として有効でしょう。どうしても容量が不足する方はデータ削除をおすすめします。

関連記事:iPhone/iPadの容量を減らす方法の紹介

iPhone13の機種変更応援:「Dr.Fone - データ移行」を使ってスマホ間で簡単にデータを移行する方法

iPhone13の機種変更に役立つソフト「Dr.Fone - データ移行」を紹介します。

1.「Dr.Fone - データ移行」の機能を紹介

無料ダウンロード(Win版)     無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで移行可能

「Dr.Fone - データ移行」は簡単にデータ移行できるソフトです。iPhone13以外にも、移行先と移行元デバイスはスマホとiPhoneにかかわらずほぼ全機種に対応します。iPhone13へ移行できるデータは以下の通りです。

※移行先デバイスがiPhone13である場合

※()は対応する移行元デバイス

  • 連絡先(iOS/Android)
  • メッセージ(iOS/Android)
  • カレンダー(iOS/Android)
  • ブックマーク(iOS/Android)
  • 写真(iOS/Android)
  • 音楽(iOS/Android)
  • ビデオ(iOS/Android)
  • アラームレコード(iOS)
  • ボイスメモ(iOS/Android)
  • ボイスメール(iOS)
  • 着信音(iOS)
  • 壁紙(iOS)・メモ(iOS)
  • Safari履歴(iOS)

画面に表示される手順にそってデータを選ぶだけなので非常に簡単です。誰でも簡単にデータ移行できるソフト「Dr.Fone - データ移行」で安心してiPhone13へ機種変更しましょう。

関連記事:

2.「Dr.Fone - データ移行」の操作方法を解説

「Dr.Fone - データ移行」はPCとデバイスを接続するとすぐに開始できます。移行するデータを種類別に選ぶと自動で移行するため、実際の作業はデータを選ぶだけです。「Dr.Fone - データ移行」の操作手順は以下の通りです。

手順1.移行元と移行先のデバイスをPCと接続する

スマホデータ移行

手順2.表示されるデータ種別を選択する

スマホをパソコンに接続

手順3.「コピー開始」を押すと開始、スマホ間のデータ転送は数分後に完了する

phone to phone transfer

 まとめ:機種変更際のデータ引継ぎなら、「Dr.Fone - データ移行」に任せよう

今から販売が待ち遠しいiPhone13に向けて、すぐに使用するために準備しましょう。準備として最も重要なのがデータ移行です。うまくデータ移行できないと、今まで使用していたデータが削除されたり、思わぬ不具合やトラブルを起こす原因になったりします。

 1つずつデータ移行すると非常に時間と手間がかかるため、「Dr.Fone - データ移行」の使用がおすすめです。移行可能なデータの種類も豊富で、ワンクリックで自動移行できるのも嬉しいポイントでしょう。

Dr.Fone - データ移行

Dr.Fone - データ移行

1-ClickでiPhoneからiPhoneへ音楽を転送・移行

  • デバイス間でデータをすばやく転送
  • 操作は簡単でシンプル
  • 最新のiOSやAndroidに対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで移行可能
Home > How-to > iPhone13 > 【iPhone13機種変更】機種変更時にデータを移行する簡単な方法

All TOPICS