Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iPhone13のアプリが正常に利用できない-iPhone13のアプリが開かない不具合を修復する方法

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone13

2021年9月、いよいよiPhone13の発売が間近となりました。より一層、高性能なアプリが増えるでしょう。しかし、もしもアプリが正常に利用できなかったり、開かなかったりすると不便です。

 iPhone13の購入に向けてアプリに起こる不具合の原因や対処法を知り、適切に対応しましょう。原因の中でも厄介な、システム起因の不具合にも対応するソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」も紹介します。

スマホのアプリが開かなくなる原因

アプリが正常に利用できない、開かないといったトラブルには原因があります。対処するには原因を特定しましょう。多くの原因が存在するため、いくつかの原因を紹介、解説します。

1.iPhoneのシステムに不具合がある

iPhone13側での問題は大きく2種類あります。一つ目の問題はストレージです。iPhone13がもつ容量をオーバーするとアプリが上手く開きません。特にゲームアプリは非常に大きな容量をもつため注意しましょう。また不定期に発生するアップデートにより容量が増減します。ストレージを圧迫していないか、時々チェックしましょう。

二つ目は、システムによる問題です。iOSアップデートの失敗やシステムデータが破損すると、アプリを起動するシステムが働きません。そのためアプリが開かなかったり、正常に利用できなくなります。

2.アプリに不具合がある

特定のアプリでトラブルが発生するとなると、多くの場合はアプリ側の問題です。運営者側のアップデート内容ミスやシステム障害、不具合が予想されます。特定の機種や環境など、条件にあった場合に発生し、複数のユーザーに起こることが特徴です。

3.アプリが対応していない

iPhoneのiOSバージョンがアプリに対応していない場合に発生します。反対に、アプリがiOSバージョンに対応していない場合にも同じ不具合が発生するでしょう。iOSバージョンが最新であるか、iOSに対応したアプリなのか、それぞれチェックが必要です。

iPhoneのアプリが開かない・正常に利用できない時の対処法

iPhone13の購入に先駆け、アプリが開かなかったり正常に利用できなかったりする場合の対処法を知りましょう。いくつか対処法が存在します。iPhone13側とアプリ側、それぞれどちらに原因があるのかを見極め、正しく対処しましょう。

1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用する

iPhone13側で発生する問題の中でも厄介なシステム要因。根本的な原因特定が難しいため、iPhone13のシステムについて専門の知識が必要です。専門の知識や複雑な操作が必要なく、簡単に起動障害を解決するソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使いましょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法は以下の通りです。

手順1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を起動し、iPhone13とPCを接続してから、メイン画面から「スタンダードモード」を選択する

修復モード

手順2.画面に表示に従い、iPhone13をリカバリーモードにする

リカバリーモードに入る

手順3.対応するiPhone13のiOSバージョンを選択し、ダウンロードする

ファームウェアをダウンロード

手順4.ファームウェアがダウンロード後、「修復」で実行すると数分で完了

ファームウェアを確認

 そうすると、iPhoneが正常に戻り、改めてアプリを開いてみましょう。

2.iPhoneのストレージを確保する

iPhone13のストレージに問題がある場合には、容量を減らしましょう。必要のないデータやアプリを消去する方法が早くて確実です。どうしてもデータを消去したくない方にはiTunesやiCloud、USBメモリなどの活用をおすすめします。iPhone13のストレージを必要とせずにデータを保管できます。

 関連記事:iPhoneストレージを増やす方法の紹介

3.アプリの再起動

起動時にiPhone13側、またはアプリ側で一時的な障害が発生した場合があります。iPhone13で多くのアプリを起動しているためアプリが開かなくなった、アプリに多くのユーザーが通信して起こる通信障害など、多くの要因が理由です。一度アプリを完全に閉じましょう。しばらく待ち、再び起動すると上手く利用できるようになる可能性があります。

4.アプリのアップデート

アプリのバージョンが最新でないため、iPhone13のiOSに対応していない場合があります。必要に応じてアプリのバージョンを最新にしましょう。最新機種となるiPhone13のiOSは初期から比較的新しいバージョンです。非常に簡単な操作でアプリをアップデートできます。

アップデートは「App Store」から可能です。アプリを起動しアカウント設定の「利用可能なアップデート」に特定のアプリ名が表示された場合、「アップデート」から最新バージョンに更新できます。

5.iPhoneを初期化する

一般的な方法の中では最終手段と考えましょう。複数のアプリで、さらに自分のiPhone13にのみ不具合が多発する場合は、システム起因である可能性が極めて高い傾向です。根本的に原因を特定できないときには、一度すべてのデータを消去しましょう。

iPhone13のアプリやシステムだけでなく、大切な画像や動画まで消去されます。バックアップファイルの作成をおすすめします。

 関連記事:iPhoneバックアップ方法:iPhoneをバックアップする3つの方法

まとめ

2021年9月以降のiPhone13販売に伴い、便利なアプリが次々にリリースされるでしょう。しかし、もしもアプリが正常に利用できなかったり、開かなかったりすると不便です。iPhone13側やアプリ側の両方から原因を特定し、適切に対処しましょう。

また原因がシステム起因の場合は注意が必要です。根本的な原因を特定しにくく、多数のアプリに不具合を起こします。そんな時は簡単に解決できるソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」が役立つでしょう。簡単なシステム修復だけなら、データ消去の心配もありません。安心安全にアプリを利用しましょう。

Home > How-to > iPhone13 > iPhone13のアプリが正常に利用できない-iPhone13のアプリが開かない不具合を修復する方法

All TOPICS