iPhoneを下取りする前に初期化する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneは下取りや売却を行うとき、又は他人に譲るときは、必ず初期化(リセット)をしてデータ類を全て消去します。購入した時の状態に戻す訳です。そして、初期化する前にはデータをバックアップして変更後の端末に復元しましょう。初期化を実行する理由には、iPhoneの調子が悪くなり、動作がやたら重いなと感じてきた時や、iPhoneを起動させた時にリンゴマークが出てフリーズしてしまって立ち上がらない時や原因不明の不調の時にも有効な方法です。

また、お使いのiPhoneが他人に渡る前に、個人情報の漏洩を防ぐ意味でも大事な手段ですましてや下取りや売却時には絶対に行わないと業者の方でも買い取ってくれません。しかし、いくら既存の方法で初期化したとしても、今や復元ソフトなるものが沢山ありますので、安心は100%保証できるものではなくなりました。

dr.fone - iPhoneデータの消去」で下取りのiPhoneデータを完全に消去

そんな一抹の不安を抱えている方に朗報があります。iPhone・iPad・iPod Touchのデータや、一般の方法で削除したデータも永久に消去し、初期状態に戻すソフト「dr.fone - iPhoneデータの消去」があります。いくらiPhone復元ソフトを使用してもデータを復元する事はできません。よって個人情報の漏洩も皆無となり安心して、iPhoneなどを他人に渡すことができます。

iPhoneを下取りする前にデータを完全に消去する手順

ステップ1:メイン画面の「消去」機能をクリックします。

まず、メイン画面の「消去」機能をクリックします。

「消去」機能をクリック

デバイスをPCに接続します。画面に端末とPCを接続中の画面が表示されます。

「消去」機能をクリック

「データを完全消去」モードをクリックします。

「データを完全消去」モードをクリック

ステップ2:iPhoneデバイスが認識された後、「消去」ボタンをクリックします。

「消去」ボタンをクリック

ステップ3:表示された画面に「消去」という文字を入力します。

なぜ「消去」と言う文字をわざわざ入力するかと言えば、実行してしまえば完全に消去してしまう為、安全対策も考慮しています。うっかりと間違ってiphoneデータ消去してしまわないように安全策が取られているのです。

「消去」という文字を入力

ステップ4:iOSデバイスのデータを消去しています。

入力後はデータの消去がスタートします。少しの時間後すべてのiPhoneデータが消去され購入した時と同じように初期化されています。

消去中

これで下取りなどに出したとしても、復元ソフトを使用して個人情報などを復元しようとして試みたとしても不可能です。安心して他人に渡すことができます。

こちらのiPhoneデータ消去するソフト「dr.fone - iPhoneデータの消去」はWondershareのホームページからダウンロードして有料で購入することができますが、無料版も用意しています。その機能の効果を分かってもらう為にダウンロードができますので、まずは無料版を使用して素晴らしい機能と使いやすさを体験していただければと思います。きっとパソコン操作が苦手の人でも、画面の指示通りに行っていけば無事に完了できると思います。お使いのPCのOSがWindowsあるいはMacであったにせよ、いずれかのOSに対応したソフトがありますのでご心配は要りません。

dr.fone - iPhoneデータの消去

iPhoneデータを完全消去するソフト

  • お客様のiPhone・iPad・iPod touchデバイスからすべてのデータを簡単に削除します
  • 簡単な操作でiPhoneデータを消去
  • データを永久に削除
  • どんな復元ツールでも復元できない

iPhoneを一般に初期化する方法は

最新のiOS 10を搭載したiPhoneでは、初期化する前に必ずiCloudからサインアウトしておきましょう。

初期化の手順

  1. iCloudからサインアウトする方法は「設定」⇒「iCloud」をクリックします。
  2. 「iCloud」画面の下部にある「サインアウト」をクリックしたらメッセージが出ますので、再度「サインアウト」を選びます。次のメッセージで「iPhoneから削除」を選びます。最後にApple IDパスワードを入力し、「オフにする」を選択したらiCloudからサインアウトは完了です。
  3. さて、一般の初期化の方法は端末のホーム画面で「設定」⇒「一般」をクリックします。
  4. 一般の画面で下側にスクロールしていくと、リセットと書かれた文字が現れますのでクリックします。
  5. すると上から2番目の「すべてのコンテンツと設定を消去」といった文字がありますので、その文字を選択します。パスコードを事前に設定してある場合は入力画面が表示されます。6桁の数字を入力します。
  6. 次に、「iPhoneを消去」を選択します。再度確認画面が表示されますので「iPhoneを消去」を選択します。注意点としてこの先は、すべてのデータが削除になります。「iPhoneを探す」をONにしているときは、Apple IDのパスワードの入力が必要となります。
  7. Apple IDはお使いの端末のメールアドレスが基本ですが、パスワードは任意の6桁~12桁までの英数字と英字1文字は全角で設定していると思いますが、うっかり忘れてしまった場合は、パスワードの再設定を行わなければいけません。

この方法でiphoneの初期化が終了して下取り等が可能になります。しかし、今の世の中には、沢山の削除したデータを復元してしまうソフトがありますので、削除したから安心ということが100%言えなくなりました。

iCloud

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ消去 > iPhoneを下取りする前に初期化する方法

All TOPICS