iPhoneブルースクリーン(死の青い画面)の原因や対処法のまとめ

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Phone6は原因が分からずブルースクリーン(青い画面)が出て死んだ!対処法を教えてください。

次々報告されるバグの中に『iPhoneブルースクリーン』というものがあります。この『ブルースクリーン』とは本来、Windows98~Windows2000くらいまでのウィンドウズPCにおいて、画面が真っ青になるエラーのことを指しました。わたしも昔、まだWindows98を使っていた頃、ブルースクリーンにやられてしまったことがあります。あれはビックリしたなぁ…。

その恐怖のiPhoneブルースクリーンが、なんとiPhoneでも確認されているのです。ある日突然、画面が真っ青になるiPhone…。ネット上の情報によると、ブルースクリーンだけでなく、レッドスクリーンも確認されている模様。iPhoneブルースクリーンもビックリしそうですけど、レッドはもっとビックリしそうですね。

今回はブルースクリーン(青い画面)になった原因&対処法を紹介します。またブルースクリーン(死の青い画面)になったiPhoneを対処できるWondershareの「dr.fone-iPhone起動障害から修復」の使い方を紹介します。まずは以下ボタンをクリックして、本ソフトをパソコンにインストールしましょう。


Part1: iPhoneブルースクリーンになった原因

iPhoneブルースクリーンの原因ですが、iPhoneに一番最初から搭載されているアプリが一定の状態になると悪さをするようです。iPhone5sにおいては『iWork』というアプリが怪しいのではないか、と噂されていましたが、実際のところ原因は不明。iPhoneブルースクリーンを防ぐ方法として、iCloudの『iWork』アプリの自動同期機能を無効にする、という方法が有効であると言われています。

ですが、Appleから特にこれといった情報も出ていませんので、果たしてその対処法が万能であるのかどうかはわかりません。もしあなたのiPhoneがブルースクリーンになってしまったら、あなたはどうしますか?

iPhoneブルースクリーンになった

Part2: iPhoneブルースクリーンの一般対処方法

まずあなたに出来ることは、iTunesを使ってiPhoneのバックアップを作成し、その後iPhoneを復元してみること。iPhoneを復元するには、まずスリープボタンを長押ししてiPhoneの電源を切り、次にパソコンでiTunesを立ち上げます。そうしたら、iPhoneのホームボタンを長押ししながらiPhoneをパソコンをUSBケーブルで接続。するとiPhoneがリカバリーモードに入ります。

パソコンの画面には、iTunesの『iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります』というメッセージボックスが表示されているでしょうから、ここで『OK』をクリック。

iPhoneブルースクリーンの一般対処方法

これでiPhoneブルースクリーンが復元される可能性があります。しかし、iPhoneを工場出荷時の状態まで戻してしまうと、内容データが全て消えてしまいますから、必ずバックアップを取ってからこの作業をするようにしてください。

Part3: iPhoneブルースクリーンから復元する究極の対処法

iPhoneブルースクリーンから復元できるし、iPhone上のデータをそのまま残る方法はありませんか。答えは「あります」。次はiPhoneブルースクリーン復元ソフト『dr.fone-iPhone起動障害から修復』を使って、簡単にブルースクリーンになったiPhoneを対処する方法を説明します。

ステップ1.『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』をインストールします。

インストールが完了したら、『dr.fone-iPhone起動障害から修復』のアイコンをダブルクリックしてを立ち上げます。そうしたら、ブルースクリーンになったiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続させ、メイン画面の「修復」ボタンをクリックします。

『Dr.Fone』をインストールします

ステップ2.画面の「開始」ボタンをクリックしてください。

注意:iOSデバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、ブラックスクリーン、青い画面およびほかのシステム症状がある場合、この「dr.fone-iPhone起動障害から修復」がお役に立てます。

ボタンをクリック

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

リカバリーモード設定A

リカバリーモード設定B

リカバリーモード設定C

ステップ3.画面の指示通りにブルースクリーンになったiPhoneを操作していきます。

お使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

デバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定

ステップ4.ブルースクリーンになったiPhoneに対応したファームウェアをダウンロードしています。

ファームウェアをダウンロード

ステップ5.ブルースクリーンになったiPhoneの相応ファームウェアをダウンロードした後、修復作業が入ります。

ブルースクリーンになったiPhoneの相応ファームウェアを確認します。そして「いますぐ」をクリックします。

確認作業が入ります

修復作業が開始します。iPhoneブルースクリーンを修復するには、数分間かかる場合があります。終了までしばらくお待ちください。

修復作業が開始

Wondershare「dr.fone-iPhone起動障害から修復 」はiPhoneのシステムやiOSの不具合を修復してくれますから、このソフトウェアを使うことによってiPhoneブルースクリーンが復元される可能性は大いにあります。

ブルースクリーンはiPhone5s、iPhone6s/6で頻発しているバグですから、5s/6s/6ユーザーの方はこの『dr.fone-iPhone起動障害から修復』を持っておくと、いざというときに役立つかもしれません。

iPhoneブルースクリーンから復元する操作も簡単ですから、iPhoneやパソコンにあまり詳しくない方にもオススメですよ!

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneブルースクリーンから復元する究極の対処法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone - iPhone起動障害から修復 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhoneブルースクリーン(死の青い画面)の原因や対処法のまとめ

All TOPICS