iOS 14にアップデートした後、iTunesで音楽が同期できない時の対処法

•カテゴリ: iOS14

iOS 14のアップデートが近付いています。新しいOSは期待もありますが、重さやアプリ動作の不安もあります。

iOSで特に重要なアプリと言えばiTunesでしょう。これまで通り使えれば良いのですが、公式メーカーのアプリにしては意外と手こずることの多いアプリかもしれません。どういった時にiTunesで音楽が同期できないか、原因と対策を見ていきます。

iTunesで音楽が同期できない


パート1 ios 14にアップデートした後、iTunesでiPhoneに音楽を同期できない不具合の原因

iPhoneは色々なメーカーが製造している訳ではないので、他の各社が製造しているスマートフォンに比べて、原因不明のエラーというものは少なく抑えているマシーンだと言えます。

しかしやはりOSが載っている以上、使い続けることでゴミデータが蓄積し、よく分からないエラーが発生してしまうことはあるのです。

原因はいくつか考えられるので、ここでピックアップしてみましょう。

  • 物理的な接触不具合

pcとiPhoneを繋ぐケーブルが断線などしていてデータ送信に不備があった場合。

  • pcのUSB接続がおかしい

pcのユニバーサルシリアルバスコントローラーがおかしくなっており、接続が認識されていない場合。

  • アプリが最新版でない

pcのiTunesと、iPhoneのiTunesのバージョンが古い場合。

  • iPhoneのストレージがいっぱい近くになっている

HDDの容量が圧迫していた場合。

  • 他の音楽再生アプリが邪魔をしている

「iCloudミュージックライブラリ」を起動していた場合。


パート2 iOS 14にアップデートした後、iTunesでiPhoneに音楽を同期できない時の対処法

iOS 14にアップデートした後、iTunesでiPhoneに音楽を同期できない時の原因は多岐に渡りますが、それぞれの対処法を考えるよりも「Dr.Fone - iTunes修復」を使ってiTunesエラーを修復する方法が非常に効果的です。

「Dr.Fone - iTunes修復」はiTunesのあらゆるエラーと不具合を修正するアプリで、エラーが起きたときにユーザーがマニュアルを見たり、ネットで調べるより簡単にこのアプリが解決してくれるのです。

次の手順に従って、iTunesでiPhoneに音楽を同期できない不具合を簡単に修正できます。

ステップ 1 iOSデバイスに接続して、「起動障害から修復」機能を選択します。

「起動障害から修復」機能をクリック

ステップ 2 「iTunesの同期エラーを修復」を選択します。

「iTunesの同期エラーを修復」を選択

ステップ 3 「開始」ボタンをクリックして修復作業をスタートします。

iPhoneに音楽を同期できない不具合を修復

プロセスが完了すると、プログラムのウィンドウに「修復が完了しました」というメッセージが表示されます。

iPhoneに音楽を同期できない不具合の修復が完了

それに加えて、「Dr.Fone - iTunes修復」で解決できるエラーにどういったものがあるか見て行きます。

エラー1 iTunesのインストール/更新/起動エラー

ユーザーからは理由の分からない原因で、エラーが発生することがあります。

iTunesのアンインストールと再インストールを繰り返したり、その間にiOSのアップデートを挟んだりと、そういった操作でデータがおかしくなってしまった場合、もはやユーザーにはどうにもできません。

「0xc00007b」というエラーが出てiTunesがフリーズしたり、最新バージョンに更新できなかったりします。そういった時、「Dr.Fone - iTunes修復」を使えばインストール周りのエラーを修復してくれます。

エラー2 iTunes接続エラー

「iTunesエラー13010」などのエラーが出る場合、iTunesの接続モジュールに問題がある可能性があります。

こちらもユーザーとしては手が出せないため、ケーブルの抜き差しなどを試すしかありませんが、駄目だった場合お手上げになります。

「Dr.Fone - iTunes修復」の「iTunesに接続の問題を修復」機能で、高い修復率でそのエラーを解消します。

エラー3 iTunesの同期エラー

「項目がコピーされるのを待っています」や「エラー54」などが出て、同期が上手くいかなかった経験のある人は多いかもしれません。

ユーザーとしてはpcとiPhoneのデータがバッティングしているのかな、と予想するしかないですが、繰り返し試すかやり直すしか打てる手がありません。

「Dr.Fone - iTunes修復」の「iTunesの同期エラーを修復」なら、データ紛失することもなく同期エラーを修復できます。このデータを紛失しないという要素は非常に重要です。


★「Dr.Fone - iTunes修復」もその部分はしっかりと安心である旨を説明しています。

せっかく新しいiOS 14にアップデートしても、肝心のiTunesで音楽が同期できなければ台無しです。

しかしどうしてもエラーは発生してしまうものなので、発生した時に備えて「Dr.Fone - iTunes修復」というアプリがあるということを、覚えておくと良いかもしれません。

自分で直す労力をアプリに肩代わりしてもらい、新しいiOS 14で快適なiPhone環境を楽しみましょう。

Dr.Fone - iTunes修復

Dr.Fone - iTunes修復

iTunesに関するエラーを修復するソフト

  • 簡単にiTunesに関する全てのエラーを修復!
  • インストール、接続、バックアップ、復元など100以上のiTunesエラーを修復
  • データ損失なしでiTunesに関する問題を修復
  • すべてiTunesのバージョンに対応可能(最新のiOS 14対応済み)
Home > How-to > iOS14 > iOS 14にアップデートした後、iTunesで音楽が同期できない時の対処法

All TOPICS