iOS14/iOS15をアップデートする後に、iPhoneが発熱になる場合の対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS14

”iOS14/iOS15をアップデートしたら、iPhoneが熱くなってしまったけどどうすればいい!?”

今回は、こういう悩みを持っている方に、iPhoneが発熱する原因や対策を紹介していきます。

iOS 14をダウングレード


パート1 iOS14/iOS15にアップデートした後、iPhoneが発熱する主な原因

iOS14/iOS15にアップデートしたことにより、iPhone本体の発熱がひどくなったという声が目立ってきました。

iPhone本体が発熱する原因は、主に以下のいくつかが挙げられます。

  • 原因1 アップデートしたことにより、処理に負荷がかかりすぎた。
  • 原因2 ゲームなどの負荷の高いアプリを使用した後、閉じるのを忘れた。
  • 原因3 自動アップデートに設定していて、その際に十分な空き容量や充電、Wi-fiなどに接続されていないため、熱がこもり途中でエラーになってしまうパターン。
  • 原因4 スマホに不要なデータが溜まっている。


パート2 「iOS14/iOS15」iPhoneが発熱する時の一般的な解決策

  • 方法1 しばらく置いてみてから電源を切り、再起動してみる。
  • 方法2 設定→Appのバックグラウンド更新をオフにする。
  • 方法3 前のバージョンにダウングレードする。
  • 方法4 バッテリーはすでに劣化したと思ったら交換してみる。
  • 方法5 ダークモードにしてみる。


パート3 iOS14/iOS15をダウングレードする方法

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使えば、簡単にiOS14/iOS15をダウングレードできるので、やり方を簡単に紹介していきます。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用したら、リンゴループ、ブルースやブラッククリーン、iTunesに接続できないなど様々なエラーの症状からiPhoneを修復することを可能になります。もちろん、すべてのエラーのに対して100%復元可能ではありませんので、あらかじめご了承ください。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法は非常に簡単です。次の手順に従って、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」で、iOS 14をダウングレードできます。

ステップ 1 Dr.Foneを起動して、メイン画面から「起動障害から修復」機能を選択します。

「起動障害から修復」機能を選択

ステップ 2 修復用のファームウェアをダウンロードします。

復用のファームウェアをダウンロード

ステップ 3 「いますぐ修復」をクリックして、iOS 14をダウングレードします。

iOS 14をダウングレード

iOS14/iOS15にアップデートする後に、iphoneが発熱になる場合、一般的な方法が使えなったら、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をおすすめします。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iOSをアップデートしないままでiPhoneを復元する方法

  • データを消さずに、あらゆる不具合を修正!
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種!
  • 最新のiPhone/Pro/Pro MaxやiOS 15に完全対応!
Home > How-to > iOS14 > iOS14/iOS15をアップデートする後に、iPhoneが発熱になる場合の対処法

All TOPICS