Dr.Fone - iPhoneデータ復元

業界随一のスマホデータ復元ツール

  • 復元成功率は業界No.1。
  • データをiPhone、iTunes、iCloudから復元できます。
  • あらゆるファイルを取り戻せます。
  • 最新のiPhone12/iOS14.6に対応
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhoneデータ復元」を動画で見る

MacでiPhone端末の消えた写真を簡単に復元する方法

•カテゴリ: iPhoneデータ復元

iPhoneの中にある思い出の写真や、仕事で使用する写真が消えてしまうと大変です。なんとかして、消えた写真を復元したいと思うでしょう。実は、写真が消えた場合にも復元する方法が存在します。諦めてしまう前に、一度は試してみるとよいでしょう。 PCなどの別デバイスにバックアップがあれば、写真を復元できます。しかし、バックアップがなくても、専用のソフトを使用すれば簡単に復元可能です。本記事は消えた写真を復元したい方ために、消える原因や簡単な復元方法をご紹介します。

iPhone端末の写真が消えてしまった原因

iPhone端末の写真が消えてしまう原因をいくつかご紹介します。物理的な破損やデータの破損など、さまざまな原因が存在します。写真が消えてしまう原因を知り、iPhoneを危険から守りましょう。

原因1.誤操作による削除

消したい写真を選択しているとき、誤って大切な写真を選択した場合などに起こります。本来削除するつもりのなかった写真とはいえ、誤操作となると悔いが残ります。削除する場合は、消したい写真のチェックが必要です。

原因2.iPhone本体のデータ容量不足

iPhone本体のデータ容量不足も、写真が消える原因です。アプリや画像、動画データで内部容量が限界を迎えてしまい、保存容量が不足した場合に多く発生します。気づかないうちに発生してしまうので、要注意です。

原因3.水没による削除

不意な水没によって内部のデータが消えるのは、写真が消える原因のひとつでしょう。しっかりと乾燥させたあと、電源が入った場合は幸運です。まずは大事な写真が消えていないかチェックしましょう。

原因4.ハードウェアの劣化、故障による削除

水没と同様に、不意な過失で落としてしまったときや、経年劣化でも写真が消えてしまいます。内部にあるハードウェアに原因があり、これが故障すると修理が必要です。写真が残っているとわかったら、直ちにデータをバックアップしましょう。

MacでiPhone端末の消えた写真を簡単に復元する方法―「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」

消えた写真を簡単な操作で復元できるソフト「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」 をご紹介します。復元に5,580円がかかりますが、バックアップの有無にかかわらず復元できます。写真や動画、連絡先などのあらゆるデータが復元できる高性能なソフトです。

使用方法は非常に簡単で、Macにソフトをインストールして使用します。あとは復元したいiPhoneに接続し、手順に従って操作するだけです。また、最新機種、OSにも対応しており、あらゆるiOSデバイスにも高い成功率で復元可能です。Macを使用して、動画をiPhoneから復元する方法をご解説します。

100%安全・安心 | マルウェアなし

簡単にiPhoneの削除された写真を復元させる方法

※削除された写真・画像をデバイスから直接復元するのは現時点にiPhone4/3GSしか対応しておりません。

iPhone4以上のデバイスでしたら、「方法2」or「方法3」からご覧ください。

方法1:Macで消えた写真をiOSデバイスから復元

バックアップがない場合の復元方法です。また、iPhone 4 以下はこちらの復元方法です。

手順1.「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」を起動する

「復元」ボタンをクリック

手順2.「iOSデータを復元」を選択し、MacとiPhoneを接続する

「iOSデータを復元」ボタンを押す

手順3.「復元するデータのタイプを選択してください」の画面で「App写真」「カメラロール」など、復元したいデータのタイプを選び開始する(iPhone 4以下では「開始」選択後に「高級モード」を選択する)

削除してしまった写真を復元するに、「高級モード」に入ります。

手順4.データ分析終了後、復元可能なデータがプレビューされる

iPhoneの消えた写真を復旧します

手順5.復元したい写真データをMacまたはiPhoneに復元し、完了

方法2:Macで消えた写真をiTunesバックアップから復元

バックアップがiTunesにある場合の復元方法です。

手順1.「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」を起動する

手順2.「iOSデータを復元」を選択し、MacとiPhoneを接続する

手順3.「iTunesバックアップから復元」を選択する

「iTunesバックアップファイルから復元」を選択

手順4.復元したいバックアップファイルを選択し、スキャンを開始する

手順5.スキャン終了後、復元可能なデータがプレビューされる

手順6.復元したい写真データをMacまたはiPhoneに復元し、完了

方法3:Macで消えた写真をiCloudバックアップから復元

バックアップがiCloudにある場合の復元方法です。

手順1.「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」を起動する

手順2.「iOSデータを復元」を選択し、MacとiPhoneを接続する

手順3.「iCloudバックアップから復元」を選択する

手順4.iCloudサインイン画面にApple IDとパスワードを入力する

完全に削除した写真をiCloudバックアップファイルから復元

手順4.復元したいバックアップファイルのダウンロードを選択する

削除した写真をバックアップしたファイルをダウンロードー「ダウンロード」ボタンをクリック

手順5.ダウンロードしたいデータを選択し、「次へ」を選択する。

「カメラロール」と「写真」前のチェックをつけ

手順6.スキャン終了後、復元可能なデータがプレビューされる

手順7.復元したい写真データをMacまたはiPhoneに復元し、完了

まとめ

本記事では消えた写真を復元したい方のために、消える原因や簡単な復元方法をご紹介しました。原因には、物理的な破損やデータの破損が考えられます。大切なのは、完全に起動しなくなる前にバックアップをとっておくことです。

バックアップをとっていない方や、バックアップの有無がわからない方は、「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」を試してみましょう。バックアップの有無にかかわらず復元できます。誰でも簡単な操作で復元できるので、ぜひお役立てください。

Dr.Fone-iPhoneデータ復元

Dr.Fone-iPhoneデータ復元

iPhoneから削除された写真や画像復元できるソフト

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除した写真を簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でiPhoneの写真を復元!
  • 業界で復元率が高いiPhone写真復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 12/Pro/miniやiOS 14.6に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > MacでiPhone端末の消えた写真を簡単に復元する方法

All TOPICS