iPhone起動しない:起動しないiPhoneを修復する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneは非常に便利な機器ですが、何らかのトラブルがあると起動しない状態になってしまうことがあります。この中に様々な情報が入っているはずなので起動出来ないと大きな不便となってしまいます。そこでスマートフォンが起動しないときの対処法を紹介します。いざというときのために読んでいただければと考えております。

iPhoneが起動しない


iPhoneが起動しない原因は?

スマートフォンが起動しない原因には様々なことが考えられます。iPhone自体を落下させたことなどによって画面が完全に壊れてしまった場合は別ですが、内部を要因として起動出来ないという場合は対処することが出来ます。その対処法としてはその場で出来るものから、専用のソフトを使うものまで様々です。普段何気なく使っているiPhoneですが、万が一動かなくなった時のために対処法を知っておくと役立つかもしれません。誰でも出来る方法でiPhoneを起動させることが可能となっています。

その場で起動しないiPhoneを修復できる解決方法

iPhoneが起動しないときにその場で出来る対処方法としては再起動があります。iPhoneでは特定の操作を行うことにより強制的に再起動することが出来ます。iPhone8以降の場合は音量を上げるボタンを押してすぐに放し、次に音量を下げるボタンを押してすぐに放します。その後appleロゴが表示されるまで再度ボタンを押し続けると再起動します。7の場合は再度ボタンと音量を下げるボタンを同時に10秒以上押すことで再び起動させることが出来ます。端末ごとに微妙に操作方法が違うので注意が必要です。

充電切れでiPhoneが起動しない

iPhoneが充電切れの場合は強制再起動をすることは出来ません。起動できないのは充電切れによるものである可能性もあります。普通に使っていて充電が切れてしまうとすぐに分かりますが、しばらく放置しているときに画面が暗くなっているとバッテリーが原因であると気づかないかもしれません。起動できなくなった場合はまず電源に接続することをお勧めします。バッテリーが空っぽになっていると通常よりも電源を入れるまでに時間がかかります。困ったときは少し待ってみることもお勧めです。

「dr.fone」で起動しないiPhoneを修復する

スマートフォンが起動しないときには「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で修復させるのが有効です。この方法であればお店に預ける必要がなく、自分で復活させることも出来ます。幅広いiOSデバイスに対応しているので困ったときにはとにかくこのソフトを使えば簡単に解決できます。リカバリーモードとは異なり、データを初期化する必要がないのも大きなメリットとなっています。appleのリンゴマークが表示されるものの、一向に起動できないいわゆるリンゴループと呼ばれる状態になっているときもこのソフトが使えます。


「dr.fone」で起動しないiPhoneを修復する詳しい手順

ステップ1.「dr.fone」を起動してメイン画面から「修復」機能を選択します。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 を使用する際はまず起動してどのように使用していくか選択していく必要があるので、今回は新機能でもある「iPhone起動障害から復元」を使用して起動しないiPhoneを正常に再起動する事が出来ます。

まずdr.foneのメイン画面で「修復」機能をクリックします。

「修復」をクリック

そして、左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

『開始』をクリック

ステップ2.iPhone起動しない不具合から復元します。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 はリンゴループ やリカバリーモードループや真っ暗な画面やその他のiPhoneの起動しない不具合を修正する機能を持っており、このソフトを使用する事で起動しないiPhoneを完璧に修復する事が可能です。

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。手順の通りに操作すれば、入ることができます。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしA

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしB

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしC

次にお使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアパッケージのダウンロード

クリックすると、ダウンロードが開始します。数時間かかるので、お待ちください。

ダウンロード中

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロード完了

「いますぐ修復」をクリックしたら、起動できないiPhoneを修復し始めます。終わるまで、お待ちください。修復し終わると、完了です。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

iPhone起動しない不具合から復元

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使って修復を行うにはまずソフトを起動します。その後USBケーブルでiPhoneやiPadなどを接続します。表示された画面の中から「開始」ボタンをクリックすれば復元が始まります。パソコンの画面で操作を行うので、iPhoneの画面が付いていなくても使用できます。画面が完全に割れているときなど、外傷によって起動しないという場合には再起動できない可能性があります。その場合はappleの純正ショップなどで根本的に修理を行う必要があるので注意しましょう。

iPhoneが起動しないときにはつい慌ててしまいがちです。特に充電器に接続しても一向に動かなければ修理をしなければならないと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、スマートフォン内部の問題で起動しない場合はdr.foneを使うことで直せる可能性があります。お店に預けないのですぐに使うことが出来ます。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

起動しないiPhoneを救出するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhone起動しない:起動しないiPhoneを修復する方法

All TOPICS