iPhone(iPhone6/6sPlusを含む)を赤い画面という不具合から復元する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhone 6/6s Plusが出てきて、最近iPhone 6/6s Plusの赤い画面の不具合がいろいろと噂になっています。iPhone赤い画面というものはどういうものでしょうか。

iPhoneの赤い画面というのは、iPhone端末が真っ赤な画面になり、再起動を勝手に繰り返してしまうというものです。 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

きっかけはいろいろですが、iPhone 6/6 Plusの全ての設定をリセット後から急にリンゴマークが表示されてそのあとにホーム画面に通常であれば移行するのですが、移行しないで赤い画面が表示されます。 その後2秒程度でまた、画面が真っ暗になり、1秒後にはまたりんごマークが表示されてしまい、その後はそのままの状態で時間が経つと、またiPhoneは赤い画面が表示されてしまします。 こうなったら、どうしようもなくなります。

初期化をしないと復活できなくなっています。 データがなくなりますので、その前にデータのバックアップを取っていれば問題はないのですが、バックアップを取っていないと、ほんとうに購入時の初期状態になりますので、一環の終りとなります。 素人ですと、なかなか頻繁にデータのバックアップだけでなく、バックアップ自体取ることすらできない人が多数います。 バックアップに関してはいろいろとネット上に出ていますので、調べてバックアップを取る癖をつけていてください。

iphone-red-screen-recovery

しかし、Wondershare「dr.fone-iPhone起動障害から修復 」があれば、赤い画面になったiPhone 6/6 Plus(iPhone6s/6sPlusを含む)を正常の状態に戻せます。

対応機種:iPhone8/8 Plus/X/7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6 Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GS


Part1: iPhoneは赤い画面になる原因

iPhoneは赤い画面になる原因として考えられるのが、ハードウェアの問題ではないかと言われています。 特にフラッシュメモリーが原因である可能性が非常に高くなっています。

メモリーの容量が1GBというRAM不足によりこのような問題が発生している可能性が非常に高くなっています。 容量が不足してしまうことで、処理できなくなっているということです。 人間の脳でも限界があるように容量を超えると、それ以上は処理できなくなります。 その現象がiPhone 6/6 Plus赤い画面として現れています。

具体的に話しますと、フラッシュメモリー内のコントローラーICが不具合をお越している可能性が高いようです。 フラッシュメモリーの転送方式には、MLC方式とSLC方式と言うのが一般的ですが、iPhone 6/6 PlusにはTLC方式が採用されている機種があり、そのTLCのコントローラーICに問題がると言われています。

なぜこのように通常とは違うTLC方式を採用しているのでしょうか。

これは、コストカットという面で、TLCの方が他の2つより非常に安価であることが採用の要因と言われています。 ここまで問題となってきている現状では、今後アップルがどのような対応をしてくるのか楽しみと言えます。

OSのバージョンアップで対応できるのか、それともハードウェアお変更をしないといけないのか非常に興味深いところではあります。

Part2: iPhone赤い画面の一般対処方法

赤い画面と再起動のループを始めてしまうと、1つの解決策は初期化です。 初期化をする方法としては、iTunesから復元する方法があります。

iTunesからの初期化方法は以下の通りです。

ステップ1.電源ボタンとホームボタンを長押しします。電源が切れます。

ステップ2.MacPCかWindowsPCにケーブルで接続します。 接続ができたら、iTunesを起動します。

ステップ3.iTunesの起動が完了したら、iPhone 6/6 Plusの電源が入っていないことを確認してから、ホームボタンを押しながらiPhone6/6Plusにケーブルを接続します。

ステップ4.出て来る画面にiPhoneの復元をクリックして、iPhone上のデータを全て削除することができます。 また、iPhoneも再起動できます。

iPhone赤い画面の一般対処方法

Part3: 「dr.fone-iPhone起動障害から修復 」でiPhoneの赤い画面を修復する方法

上記方法はiPhone 6/6 Plusを正常の状態に戻せますが、iPhone 6/6 Plus上のデータがなくなりませんでした。バックアップを取っていない方なら、悔しいことになりますよね。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 』なら、データの損失がなしで、iPhoneの赤い画面から正常に復元します。早速操作方法を説明します。

ステップ1.まずは『dr.fone-iPhone起動障害から修復 』をダウンロード&立ち上げます。

dr.foneを立ち上げ、メイン画面の「修復」ボタンをクリックします。

「修復」ボタンをクリック

ステップ2.「開始」ボタンをクリックし、次は画面が赤になったiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続させます。

以下の画面が出てきます。「開始」ボタンをクリックします。

「開始」ボタンをクリック

赤になったiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続させます。

「修復」ボタンをクリック

注意:デバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、真っ暗な画面、ブルースクリーンおよびほかの起動しない症状がある場合、この「iPhone起動障害から復元」がお役に立てます。

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

リカバリーモード設定A

リカバリーモード設定B

リカバリーモード設定C

ステップ3.プログラムは画面が赤になったiPhone 6/6 Plusを認識後、「開始」をクリックして、ファームウェアパッケージのダウンロード手順に入ります。

ファームウェアパッケージのダウンロード手順

ただいまダウンロード中で、数時間かかるので、お待ちください。

ダウンロード中

ステップ4.赤い画面になったiPhoneに相応したファームウェアパッケージをダウンロードしたら、ソフトが自動的に確認します。適合だと判断されましたら、修復操作が入ります。

ソフトが自動的に確認

ステップ5.『処理中にデバイスが正常に接続されていることを確認してください、プログラムが赤い画面になったiPhoneを修復しています。

復旧処理は数分かかる場合があります。「只今、修復中です」と表示されたら、iPhoneが修復されるのを待ちます。

プログラムが赤い画面になったiPhoneを修復

上記簡単の4つのステップでWondershare「dr.fone-iPhone起動障害から修復 」で赤い画面になってしまったiPhone 6/6 Plusを救出しました。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを赤い画面という不具合から復元する方法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone - iPhone起動障害から修復 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhone(iPhone6/6sPlusを含む)を赤い画面という不具合から復元する方法

All TOPICS