iPhoneが再起動を繰り返す時に、正常にiPhoneを再起動する方法は?

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhone 6が再起動を繰り返します。 購入から3ヶ月弱ですが、 リンゴとブルースクリーンの無限の再起動ループです。 対処法として、iTunesに繋いでリカバリすると ネットではよく見かけますが、繰り返しのペースが 早すぎてリカバリーの準備中にブルースクリーンに なるのでそこで終了してしまいます。

無限の再起動

iPhoneユーザーのあなたにも上記同じような遭遇がありましたか。iPhoneが再起動を繰り返す時に、落ち着いてください。 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

Wondershareの「dr.fone-iPhone起動障害から修復」があれば、再起動を繰り返すiPhoneを正常に再起動させます。

対応機種:iPhone8/8 Plus/X/7/7 Plus/SE/6 Plus/6/6s/5S/5C/5/4S/4/3GS

お使いのiPhoneが再起動を繰り返す不具合が出てくる場合、ぜひこのソフトをダウンロードしてお試しください。


Part1: iPhone再起動ループを繰り返す不具合について

iPhoneの再起動を繰り返す不具合としては、繰り返す途中で再起動ループに切り替わることと合わせて説明しないと、わからないと思います。

たくさんの人がこの再起動の繰り返しで悩まされていて、ある程度の症状とその解決策はわかってきていますが、これがほんとうに解決出来る問題かどうかは定かではありません。この症状が発災する要因として一番考えられるのが、アプリを大量にダウンロードして容量が非常に大きくなっている場合によく起こるようです。

もう1つが、古いiPhoneデバイスのバックアップを復元した場合に起こるということも、アップルのサポートセンターには届いているようです。

実際に、新規にiPhone6sを購入して、今までに使っていたiPhone5のデータを移行するとこの現象が発生して、どうもできないというユーザーが日本でも多数出てきています。 このiPhone 5で問題なく動作していたものが、iPhone 6に移行することで動作しなくなったというのは、アップルの発売までのテスト不足といっても過言ではありません。

Part2. iPhone再起動繰り返す不具合への一般対処

普通は再起動繰りす不具合が出てくるiPhoneを初期化・復元・iOSを最新の状態にアップデートする方法で解決できるということです。

iPhoneが再起動繰り返すことを、ユーザーが解決するには、基本的にアプリの数を減らすことである程度、このような現象が起こることがなくなります。 どのくらいのアプリの数にすればいいかは、まだはっきりとはわかっていませんが、例として参考までに成功事例を挙げておきます。

iPhone 5で利用していた人が、iPhone 6/6s Plusに切り替えたことで、iPhone 5のデータを移行するとレッドスクリーンと再起動を繰り返す現象をしてしまうというのも、もともとの原因としては、iPhone 5の時のアプリのダウンロード数によるものが大きいと思われます。

ユーザーとして対処する事ができるのは、iPhone 6/6 Plusに機種変更をして場合は、iPhone 5のデータをそのまま移行しないで必要なアプリ以外のデータを移行して、アプリは一からやり直して行くのが最善策ではないかと思われます。 どうしてもアプリを移行したいというのでありましたら、現状ではiPhone 5のようにiPhone 6/6 Plusでは、アプリをダウンロードできないと思っていたほうが、間違いないでしょう。

その場合、iPhone 5からの移行前にダウンロードしているアプリの数を減らす必要があります。 どこまで減らせばいいのかという問題もありますが、現状では、アプリの本数を600程度まで減らせば間違いなく問題なく動作することを確認しております。 ただ、これは、iPhone 6/6 Plusで動作をさせるための応急措置であり、根本的な解決策にはなっていません。

最終的には、開発元のアップルに対応してもらわないと、iPhone 6/6 PlusになってiPhone 5より機能落ちしていることになります。 あってはならない状況となります。

ユーザー側でどれだけ対処したとしても、どんな容量をもったiPhone 6/6 Plusの場合でも、ハードウェアの問題なのかOSの問題なのか、どうしようもない未解決の問題であることは言うまでもありません。

再起動繰り返す不具合

Part 3.「dr.fone-iPhone起動障害から修復 」でiPhone再起動を繰り返す不具合を修復する

上記方法はiPhone 6/6 Plusを正常の状態に戻せるかもしれないですが、iPhone 6/6 Plus上のデータを削除しなければなりません。

しかし、dr.fone-iPhone起動障害から修復があれば、iPhoneのデータ損失などを一切影響しません。携帯電話を正常の状態に戻せます。再起動ループを繰り返す不具合からiPhoneを復元する操作方法も非常に簡単です。

ステップ1.まずは『dr.fone-iPhone起動障害から修復』をお使いのパソコンにダウンロード&インストールします。インストール完了後、ソフトを立ち上げ、「修復」機能をクリックします。

「修復」をクリック

ステップ2.『dr.fone-iPhone起動障害から修復』が出て来る画面上の『開始』をクリックします。

注意:iPhoneはリンゴループ、リカバリーモードループ、ブルークリーン、真っ暗な画面およびほかの起動しない症状がある場合、この「iPhone起動障害から復元」がお役に立てます。

『開始』をクリック

iPhone6をUSBケーブルでパソコンに接続させます。

パソコンに接続

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしA

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしB

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしC

ステップ3.iPhone6sに相応したファームウェアパッケージのダウンロード手順に入ります。

お使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアパッケージのダウンロード

そして、ダウンロードが開始します。数時間かかるので、お待ちください。

ダウンロード中

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロード完了

ステップ4.再起動を繰り返すiPhoneを修復中、時間が少しかかりますが、終わるまでお待ちください。修復中再起動できないiPhoneの接続を解除しないでください。

修復中

再起動を繰り返すiPhoneを修復する操作方法は以上説明したように、簡単でWondershare「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使って、再起動ループを繰り返しになってしまったiPhone 6・iPhone 6s Plusを救出しました。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhone再起動繰り返す不具合を修復する

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhoneが再起動を繰り返す時に、正常にiPhoneを再起動する方法は?

All TOPICS