×

iPhoneの画面がブラックアウトする原因および対処法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Sep 23,2019 •カテゴリ: iPhone起動しない

iPhoneの画面が突然真っ暗、いわゆるブラックアウトになることがあります。音やバイブなどはするけど、画面が暗いのでどうしたら良いのか不安になってしまうものです。普通に使えていたのに急に画面が真っ暗になるとかなり困ります。ブラックアウトになってしまう原因にはいくつかあり、それぞれ対処法があげられます。

iPhoneブラックアウト


iPhoneの画面が突然ブラックアウトになる

ブラックアウトとはiPhoneなどの画面が真っ暗になってしまうことで、いくつか原因があります。例えばソフトウェアが原因で画面が真っ暗になることがあり、そのような場合の効果的な対処法として強制再起動やリカバリーモードなど使って初期化を行うと良いでしょう。リカバリーを利用し初期化すると、データはすべてきれいになりますがきちんとバックアップしているかが重要です。ディスプレイケーブルなどが外れていて画面が暗くなっているケースもあります。デバイスを何かにぶつけたり落下させると、このような問題が起こることがあるので注意が必要です。対処法としてデバイス本体を開け、ディスプレイケーブルを繋ぎ直すことをおすすめします。ディスプレイケーブルなどの調整はApple正規店に依頼すると良いでしょう。

iPhoneブラックアウトする原因:ケーブルが断線しているかもしれません

ディスプレイケーブルなどが断線し、iPhone画面が真っ暗になる場合があります。ケーブルの断線で起こることは少なく、一般的に画面の破損などとセットになっているでしょう。Apple正規店のスタッフがデバイスの中を確認し、破損や損傷などがなくケーブルの断線が原因でブラックアウトが起こっていたなら、コールセンターが対応することが可能です。正規店において即修理したり即交換することが出来ないことがあるので注意が必要です。バックライトが切れていて画面が暗くなっていることもあり、ケーブルなどの破損がないとバックライトが原因かもしれません。効果的な対処法として画面を修理したり、AppleCare+加入者の場合は本体を交換することが可能です。

iPhoneブラックアウトを修復する方法1:本体を交換することになります

デバイスの落下によって画面が暗くなることがあり、この場合は有料で本体を交換することが可能です。AppleCare+加入者の場合は特別価格で交換することができるので便利です。水濡れなどから暗くなることもあり、画面割れと同じく有料で本体交換になるでしょう。この場合もAppleCare+加入者は特別価格で対応することが可能です。湾曲したことによって画面が明るくならないこともあり、交換することになります。基本的に初期化したりディスプレイ調整などで改善できない場合、修理したり本体交換になるでしょう。

iPhoneブラックアウトを修復する方法2:Apple正規店に持っていこう

iPhoneの画面が突然真っ暗になってしまった場合、強制再起動を行うと50%ぐらいデバイスを改善することができます。強制再起動でも通常の状態に戻らないなら、ディスプレイケーブルが疑わしいです。ケーブルを調整すると30%の確率で改善することが可能です。リカバリーしても改善されないことが多く、残り20%は修理したり本体の交換が必要になるでしょう。もし強制再起動でうまく改善できないなら、Apple正規店に予約し依頼することをおすすめします。修理に持っていったり修理完了まで待つのが面倒に感じるなら、新しいiPhoneを購入し機種変更する方法もあるでしょう。

iPhoneブラックアウトを修復する方法3:dr.foneを利用するとブラックアウトを解決できます

Wondershareのdr.fone-iPhone起動障害から修復 を利用するとiPhoneのブラックアウトを解決することが可能です。まずdr.foneを起動しメイン画面から修復機能を選択しましょう。3つのオプションが表示されるのでiTunesのエラーを修復するを選択します。iTunesの内容の読み取りが開始され、iTunesのインストールが終わるとOKをクリックし、エラーメッセージがあるなら高度な修復をクリックしましょう。完了するまでしばらく待つことになります。iTunesに接続問題があるなら元の状態に戻すことが可能です。まずiOSデバイスに接続します。iTunesに接続の問題を修復をクリックすると、通常状態に戻すことが可能です。ダウンロードが終わると開始をクリックし、機能がスタートします。


「dr.fone」で画面がブラックアウトになったiPhoneを修復する詳しい手順

ステップ1.「dr.fone」を起動してメイン画面から「修復」機能を選択します。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 を使用する際はまず起動してどのように使用していくか選択していく必要があるので、今回は新機能でもある「iPhone起動障害から復元」を使用して起動しないiPhoneを正常に再起動する事が出来ます。

まずdr.foneのメイン画面で「修復」機能をクリックします。

「修復」をクリック

そして、左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。

『開始』をクリック

ステップ2.iPhoneブラックアウトで起動しない不具合から復元します。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 はリンゴループ やリカバリーモードループや真っ暗な画面やその他のiPhoneの起動しない不具合を修正する機能を持っており、このソフトを使用する事で起動しないiPhoneを完璧に修復する事が可能です。

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。手順の通りに操作すれば、入ることができます。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしA

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしB

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしC

次にお使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアパッケージのダウンロード

クリックすると、ダウンロードが開始します。数時間かかるので、お待ちください。

ダウンロード中

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロード完了

「いますぐ修復」をクリックしたら、起動できないiPhoneを修復し始めます。終わるまで、お待ちください。修復し終わると、完了です(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)。

iPhone起動しない不具合から復元

iPhoneの画面が真っ暗になるブラックアウトがありますが、いろいろな原因が考えられます。強制再起動したりディスプレイケーブルを調整すると元の状態に戻ることがありますが、dr.foneを利用すると簡単に解決することができるケースがあるので便利です。どうしても直らない場合はApple正規店に持っていきましょう。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

ブラックアウト・起動しないiPhoneを救出するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 13に完全対応!
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhoneの画面がブラックアウトする原因および対処法

All TOPICS