iphone 再起動できない:再起動できないiPhoneを修復する方法とは

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iphoneがフリーズしたり動作が遅くなってしまった場合には、再起動して復旧させる方法が一般的です。稀に、iphoneのトラブルが発生して再起動をしようとしても起動に失敗することがあります。何度試しても再起動できない場合には修理を依頼するか工場出荷時の状態に初期化する必要がありますが、いずれの場合もデバイスに保存しておいたデータが全て消去されてしまいます。

iPhone再起動できない


iphoneが再起動できない原因と対処方法とは

iphoneの再起動に失敗する原因としてデバイス本体が物理的に故障しているか、iOSのシステムファイルが壊れていることが考えられます。システムファイルが壊れているだけであれば、iOSのデータを書き換えれば復旧する可能性があります。システムファイルが壊れている場合の一般的な復旧方法は、初期化して工場出荷時の状態に戻すことです。iphoneを購入したお店に持ち込んだ場合でも、初期化が実施されます。

iTunesを利用してPCにバックアップデータを保存していた場合は、バックアップ保存時の状態に復元させる方法もあります。いずれの方法も、トラブルが発生する直前にデバイスに保存したデータが消去されるので注意が必要です。 ただし物理的に故障している場合には、交換修理をする必要があります。

初期化せずに再起動できないiphoneを復旧させる方法

iphoneのシステムファイルが壊れて再起動できない場合には、iOSのデータ部分だけを修復すれば復旧させることができる可能性があります。Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用すればデバイスのシステムファイルだけ書き替えて修復することが出来るので、保存した大切なデータを失うことなく復旧作業ができます。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」はMacまたはWindowsパソコン用のソフトで、USBケーブルで接続されたデバイスのデータを書き換えて修復作業を行います。


再起動できないiphoneのシステムファイルを修復する手順の紹介

ステップ1.「dr.fone」を起動してメイン画面から「修復」機能を選択します。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 を使用する際はまず起動してどのように使用していくか選択していく必要があるので、今回は新機能でもある「iPhone起動障害から復元」を使用して起動しないiPhoneを正常に再起動する事が出来ます。

まずdr.foneのメイン画面で「修復」機能をクリックします。

「修復」をクリック

次に以下の画面が出てきて、「開始」ボタンをクリックします。

『開始』をクリック

ステップ2.iPhone起動しない不具合から復元します。

dr.fone-iPhone起動障害から修復 はリンゴループ やリカバリーモードループや真っ暗な画面やその他のiPhoneの起動しない不具合を修正する機能を持っており、このソフトを使用する事で起動しないiPhoneを完璧に修復する事が可能です。

「開始」ボタンをクリックすると、以下の画面が入ります。リカバリーモードに入ることが必要で、手順の通りに操作すれば、入ることができます。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしA

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしB

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしC

次にお使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアパッケージのダウンロード

クリックすると、ダウンロードが開始します。数時間かかるので、お待ちください。

ダウンロード中

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロード完了

「いますぐ修復」をクリックしたら、起動できないiPhoneを修復し始めます。終わるまで、お待ちください。修復し終わると、完了です。

iPhone起動しない不具合から復元

「dr.fone」で再起動できないiPhoneのシステムを修復するメリットとは

「dr.fone」の修復機能を利用すれば、壊れたシステムファイルだけを書き換えることができるというメリットがあります。修復作業の際にユーザーが保存したファイルは消去されないので、バックアップを保存していなかった場合でも電話帳や履歴などの大切なデータを失わずに済みます。脱獄アプリが原因で故障した場合は携帯ショップで修理に応じてもらえませんが、「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で修復をすれば脱獄前の正常な状態に戻すことができます。「dr.fone」の修復機能を利用してデバイスの初期化をせずにiOSを旧バージョンに戻すことができるので、システム更新が原因で起動障害が発生した場合でも対処することが可能です。 「dr.fone」は操作方法が非常にシンプルなので、トラブルが起こった時にすぐに対処することができるというメリットもあります。

システム更新や多くのアプリをインストールすると、突然iphoneの再起動ができなくなるトラブルが起こる場合があります。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」とPCがあれば初期化をせずに短時間で修復して復旧させることができ、大切なデータを失わずに済みます。スマホを利用している方は、万一の場合に備えて「dr.fone」をパソコンにインストールしておくと良いでしょう。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

起動しないiPhoneを救出するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iphone 再起動できない:再起動できないiPhoneを修復する方法とは

All TOPICS