(iTunesエラー3014)iPhoneがエラー3014で復元できない?

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iTunesでiPhoneを復元しようとした時に「不明なエラーが発生しました(3014)。」という復元エラーが出た場合の対処方法について紹介したいと思います。

「エラー3014」はiPhoneを復元&最新版のiOSにアップデートしようとすると出ることがあるエラーです。このエラーが出た場合、hostsファイルに原因があると考えられます。では、hostsファイルの確認と対処方法について説明いたします。

iTunesエラー3014の一般の解決方法

まずhostsファイルがどこにあるのかというところから解説しますが、ここからはwindowsの場合の手順になりますのでご了承ください。

  1. メモ帳を右クリック
  2. 「管理者として実行」を選択(このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?と聞かれますので、「はい」を押します。)
  3. メモ帳の「ファイル」→「開く」→文書の種類を「すべてのファイル」に変更。
  4. 今開いているファイルが書かれている枠内に「%SystemRoot%\System32\drivers\etc\hosts」を貼り付けます。
  5. 開かれたファイルの「gs.apple.com」と書かれている箇所を探し、その行を削除します。(複数行書かれている場合もあります。)。
  6. 全ての「gs.apple.com」の行を削除したら、上書き保存。

上記の手順が完了したら、パソコンを再起動し再度iTunesでiPhoneを復元してみます。きっと「エラー3014」が改善されていることだと思います。

ここまでiTunesでiPhoneを復元する際の「エラー3014」についての対処方法について紹介いたしましたが、そもそもiTunesがエラーが頻発しやすいということを鑑みると、他のソフトを使った方が安全かつ簡単かもしれません。そこで今回紹介したいのがwondershare社の「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使った復元方法です。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」でエラー3014を解決する方法

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」にはiPhoneのバックアップを取ったり、エラーを修復したりと様々な機能がありますが、今回は「dr.fone」のメニューの中にある「修復」機能の使い方をご説明いたします。

ステップ1:メイン画面の「修復」機能をクリックします。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が出てきますので、「修復」を選択します。

「修復」を選択

ステップ2:画面に「開始」のボタンが出るのでこれを押します。

「開始」のボタンをクリック

ステップ3:パソコンとお持ちのiPhoneをUSBケーブルで接続します。

iPhoneをUSBケーブルで接続

ここで、もしもデバイスが検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合は、
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は、
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    ステップ4:お使いのiOSに対応したファームウェアをダウンロードします。

    画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶだけなので簡単です。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    ステップ5:「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

    ダウンロードが開始します。数時間をかかりますので、お待ちください。

    ダウンロードが開始

    ステップ6:ダウンロードが完了すると、エラー53になったiPhoneの修復を初めてくれます。

    iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

    プログラムが自動的に確認

    復元には数分~十分程度かかりますが、これが終了すればiPhoneをエラーから復元させる手順は終了です。 これでエラー53からiPhoneを復元することができますので、ぜひお試しください。

    修復中

    dr.fone-iPhone起動障害から修復

    素直にエラーを修復します

    • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
    • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhoneエラー復元 > (iTunesエラー3014)iPhoneがエラー3014で復元できない?

    All TOPICS