iPhone のタッチパネルが反応しない場合の対処法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneを使用する際に、動作が遅くなったりタッチパネルが反応しなくなってしまうというトラブルが発生することがあります。落下や水没などが原因で物理的にタッチパネルが故障する場合もありますが、普通に使用していてもこのようなトラブルが起こるケースがあります。このような場合に、自分で出来る対処法をご紹介します。

iPhoneタッチパネル反応しない


iPhoneのタッチパネルが反応しなくなる原因とは

iPhoneを落下させて本体に強い衝撃を与えたり、水没やガラスの破損などでタッチパネルが故障することがあります。このほかにも劣化したバッテリーが膨張してタッチパネルが正常に機能しなくなるケースも考えられます。 物理的に故障していなくても、ソフトウェアの問題でタッチパネルが反応しない場合があります。長期間にわたり再起動せずに使用し続けていたり、大量のキャッシュやファイルでストレージの空き容量が少なくなることで、ソフトウェアの問題が起こることがあります。落下や水没などの心当たりがないのにiPhoneのタッチパネルが反応しない場合には、ソフトウェアの不具合が疑われます。ストレージ空き容量以外にも、システムファイルが壊れていることも考えられます。

iPhoneのタッチパネルが反応しない時の対処方法

タッチパネルが反応しなくなってしまった場合は、まず最初にソフトウェアの問題を疑ってみましょう。この場合の対処法は、強制終了して再起動してみることです。再起動に成功したら、不要なデータやアプリを削除してストレージの空き容量を確保します。この方法で問題が解決ができる場合がほとんどです。

強制終了して再起動しても回復しない場合には、OSのシステムファイルが破損していることが考えられます。システムファイルが破損している場合は初期化を行い、工場出荷時の状態に戻す必要があります。もしも修理店に持ち込んだ場合でも、初期化されて戻って来ます。初期化をすればシステムファイルは元通りに回復しますが、デバイスに保存してあったデータは全て消去されてしまいます。

保存データを失わずにシステムを修復する方法の紹介

Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」というパソコン用のソフトを活用すれば、iPhone本体に保存してあったデータを消去せずにシステムファイルのみを修復することができます。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」はWindowsまたはMacパソコンにインストールすることができ、USBケーブルでデバイスと接続して修復作業を行うためのソフトです。Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」があればコンピュータについての専門的な知識がない方でも、簡単な操作で修復作業ができます。脱獄によりシステムファイルが破損してしまった場合でも、元の状態に戻すことが可能です。


Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」でシステムファイルを修復する方法

Wondershare 「dr.fone」を起動するとメインウインドウが表示されるので、「修復」を選択します。USBケーブルでデバイスを接続して、ソフトが認識するのを待ちましょう。認識できない場合には、画面の指示にしたがって操作をして、DFUモードで起動します。

デバイスが認識されたら、正常なシステムファイルをダウンロードします。デバイスの型式やiOSのバージョンを指定して「ダウンロード」をクリックしましょう。ファームウェアのダウンロードができたら、「いますぐ修復」ボタンをクリックして修復作業を開始します。作業が完了したらメッセージが表示されるので、ケーブルを取り外して再起動してみます。以上の説明を見ても操作がわからないならどうでしょうかね。心配しないで、下記には詳細手順がありますので、一緒に見てみましょう。

タッチパネルが反応しないiPhoneを復元する手順

ステップ1:「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が出てきますので、「修復」を選択します。

「修復」を選択

ステップ2:パソコンとタッチパネル反応しないiPhoneをUSBケーブルで接続します。

ステップ3:画面に「開始」のボタンが出るのでこれを押します。

リカバリーモードにしなくてはなりません

ここで、もしもデバイス(今回はiPhone)が検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

全てのiPhoneをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。

その他のappleデバイスの場合は、

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

その他のappleデバイスの場合

iPhone7/7Plusの場合は、

iPhone7/7Plusの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

iPhone7/7Plusの場合

iPhone8/8Plus/Xの場合は、

iPhone8/8Plus/Xの場合は若干手順も違いますので注意も必要です。

1:iPhoneの電源を切り、コンピュータに接続してください。

2:「音量上ボタン」を押して、すぐに指を離します。「音量下ボタン」を押して、すぐに指を離します。

3:最後に、復元モードの画面が表示されるまでオン/オフボタンを押し続けてください。

iPhone8/8Plus/Xの場合

ステップ4:お使いのiOSに対応したファームウェアをダウンロードします。

画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶだけなので簡単です。選んだあと「ダウンロード」ボタンをクリックします。

「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選択

ステップ5:「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

ダウンロードを開始

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアは完了

ステップ6:ダウンロードが完了すると、突然死のiPhoneの修復を初めてくれます。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用すると、復元には数分~十分程度かかりますが、これが終了すればiPhoneを復元させる手順は終了です。 これでiOSが復元されているため、iPhoneが突然死することも無くなることでしょう。ぜひお試しください。

修復中

Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で修復作業を行うメリットとは

Wondershare 「dr.fone」のメリットは、システムファイルが破損している場合でも初期化することなくデバイスを修復することができることです。修復作業後も、デバイスに保存してあった大切なデータやアプリが失われる心配がありません。デバイスの初期化すると電話帳などのデータの他に、電子マネー・2段階認証アプリ・保存してあった各種サイトのログインIDとパスワードなどが全て消去されてしまいます。「dr.fone」は操作方法がシンプルで、初めての方でもすぐに修復作業ができます。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」にはガラスが破損して操作ができなくなったデバイスからデータをパソコンに転送する機能も備えているので、物理的に故障してタッチパネルが反応しない場合でも対処することができます。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを復元するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhone のタッチパネルが反応しない場合の対処法

All TOPICS